menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. ファッション   /  
  4. 特集

2017年春夏は“ブルー”に注目!パリ・ミラノのメンズブランドで見るシャツやアウターの着こなし

2017年春夏メンズのパリコレクション・ミラノコレクションで、今シーズンの主役となったカラーとは……?

春夏の風を届けるキーカラーは、深海を想わせるネイビーや爽快感あるブルー系の色だ。どのブランドを見ても必ずと言っていいほど登場し、バリエーション豊富にアイテムが出そろった。

個性的アウター勢ぞろい

2017年春夏は“ブルー”に注目!パリ・ミラノのメンズブランドで見るシャツやアウターの着こなし|写真1
左から) ルイ・ヴィトン、タカヒロミヤシタザソロイスト.、ドルチェ&ガッバーナ

長いシーズン着られる薄手のアウターはマストハブなアイテムのひとつ。個性的なフォルムや素材でオーセンティックなカラーを奇抜に仕上げたデザインが登場している。

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)では、メゾンのクリエーションをふんだんに感じられるネイビーのクロコジャケット、ドルチェ&ガッバーナ(DOLCE&GABBANA)では、キャッチーなワッペン付きのブルゾンが展開された。対して、オリエンタルなムードを漂わせるのはタカヒロミヤシタザソロイスト.(TAKAHIROMIYASHITATheSoloist.)。ネイビーの洗練された面持ちをそのままに、個性的なアウターでそれぞれにブランドらしさを引き出している。

今年の顔となるブルーレザー

2017年春夏は“ブルー”に注目!パリ・ミラノのメンズブランドで見るシャツやアウターの着こなし|写真2
左から) ロエベ、アクネ ストゥディオズ、ポール・スミス

ブルーレザーは、今年ならではのアイテム。ブラックレザーよりも柔らかな印象を与えるため、より気軽に取り入れることが出来るだろう。デニムとの好相性を見せたロエベ(LOEWE)のダブルジャケット、オーバーサイズのレトロなシルエットで提案したアクネ ストゥディオズ(Acne Studios)のフライトジャケット、そして鮮やかなスエードレザーで上品に仕上げたポール・スミス(Paul Smith)のコンパクトブルゾンなど、形も様々だ。

コーディネートの主役はブルーの柄で

2017年春夏は“ブルー”に注目!パリ・ミラノのメンズブランドで見るシャツやアウターの着こなし|写真3
左から) イッセイ ミヤケ メン、エルメス、ルイ・ヴィトン、ホワイトマウンテニアリング

コーディネートの主役を飾る柄もピックアップ。エルメス(HERMÈS)をはじめとするメゾンでは、日本の藍染を思わせるネイビーが採用されている。これらを絶妙に調合することで、エレガントの中に優しい雰囲気を纏わせた。また、ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)やイッセイ ミヤケ メン(ISSEY MIYAKE MEN)に見るマーブル模様も、今季のランウェイで目立ったプリントのひとつだ。

青シャツは必須アイテム

2017年春夏は“ブルー”に注目!パリ・ミラノのメンズブランドで見るシャツやアウターの着こなし|写真4
左から) ヴェトモン、ヨウジヤマモト、ポール・スミス

ブルーのシャツというと、フォーマルな印象を浮かべる人が多いのではないだろうか。コンサバティブになってしまいがちなこのアイテムを、今季は個性を引き出すアイテムとして取り入れた。ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)では個性あふれるワンルックにブルーシャツを採用することで洗練された印象を。それとは逆に、ヴェトモン(Vetements)では、端正なシャツパターンをデフォルメして、崩しを利かせている。

また、ストライプやチェックなども豊作の今シーズン。トラッドに着こなすのはもちろん、カジュアルダウンして着こなすこともおすすめしたい。

カジュアルに取り入れるならデニム

2017年春夏は“ブルー”に注目!パリ・ミラノのメンズブランドで見るシャツやアウターの着こなし|写真5
左から) ルメール、ヴァレンティノ、ドリス ヴァン ノッテン

ブルーをどう合わせていいか迷う人には、まずデニムから始めてみてはどうだろう。デニムパンツやジャケットは、定番アイテムと言っていい。今シーズンはヴァレンティノ(VALENTINO)をはじめ、セットアップも多々見受けられた。

また、ドリス ヴァン ノッテン (DRIES VAN NOTEN)のように、ワンポイントで用いるのも今季らしい。デニムはカジュアルという一辺倒な考えを覆す、洗練されたアイテムが出揃う。

小物で遊ぶ青

2017年春夏は“ブルー”に注目!パリ・ミラノのメンズブランドで見るシャツやアウターの着こなし|写真6
左から) フェンディ、エチュード スタジオ、ハイダー アッカーマン

ポップなブルーはスポーティなムードを押し上げ、濃厚なネイビーは洗練されたムードを加えた今シーズン。エチュード スタジオ(Études Studio)やハイダー アッカーマン(HAIDER ACKERMANN)では、小物をアクセントにしてアクティブウェアの印象をもたらした。また、フェンディ(FENDI)のサマータイムには、モダンな幾何学柄を。それと合わせたショルダーバッグは、シックなネイビーを採用した。

個性を引き立てるオールブルー

2017年春夏は“ブルー”に注目!パリ・ミラノのメンズブランドで見るシャツやアウターの着こなし|写真7
左から) ディオール オム、マルニ、ヴェルサーチ

メンズの装いで見逃せないのはジャケットにスラックスを合わせたクラシカルなスタイル。ネイビーはその筆頭ともいえるカラーである。しかしながら、今シーズンはディオール オム(DIOR HOMME)やヴェルサーチ(VERSACE)をはじめとするどのブランドも、ネイビーの先入観を覆すような個性を見せた。特に、ボトムスはタックの入った少しワイドなサイズ感で。

2017年春夏は“ブルー”に注目!パリ・ミラノのメンズブランドで見るシャツやアウターの着こなし|写真8
左から) エチュード スタジオ、サルヴァトーレ フェラガモ、ヴァレンティノ

カジュアルなシャツやジャケットに、パンツのスタイルでもブルーで合わせるのも今季ならでは。例えば、サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)では、鮮やかなブルーをシンプルなシャツとスラックスに採用することで、上品さの中にカジュアルなエッセンスをプラスしている。

Photos(9枚)

2017年春夏は“ブルー”に注目!パリ・ミラノのメンズブランドで見るシャツやアウターの着こなし|写真1 2017年春夏は“ブルー”に注目!パリ・ミラノのメンズブランドで見るシャツやアウターの着こなし|写真2 2017年春夏は“ブルー”に注目!パリ・ミラノのメンズブランドで見るシャツやアウターの着こなし|写真3 2017年春夏は“ブルー”に注目!パリ・ミラノのメンズブランドで見るシャツやアウターの着こなし|写真4 2017年春夏は“ブルー”に注目!パリ・ミラノのメンズブランドで見るシャツやアウターの着こなし|写真5 2017年春夏は“ブルー”に注目!パリ・ミラノのメンズブランドで見るシャツやアウターの着こなし|写真6 2017年春夏は“ブルー”に注目!パリ・ミラノのメンズブランドで見るシャツやアウターの着こなし|写真7 2017年春夏は“ブルー”に注目!パリ・ミラノのメンズブランドで見るシャツやアウターの着こなし|写真8 2017年春夏は“ブルー”に注目!パリ・ミラノのメンズブランドで見るシャツやアウターの着こなし|写真9

Photos(9枚)

キーワードから探す

ブランドプロフィール

関連用語