ホーム > ニュース > 映画 > 映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』シリーズ最新作、猿vs人間の戦争へ

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』シリーズ最新作、猿vs人間の戦争へ

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』が、2017年10月13日(金)に公開される。

新生『猿の惑星』シリーズ最新作

これまで公開されてきた『創世記(ジェネシス)』『新世紀(ライジング)』に続くシリーズ最新作(第3作目)となる『聖戦記(グレート・ウォー)』。これまで通り、地球支配をかけた2つの種の戦いを描きながら、スケール感やドラマ性において過去2作から大きな飛躍を遂げている。一足早く公開された他国では、アメリカ、イギリス、ロシア、スペインをはじめとする28か国でオープニング1位を記録。特にアメリカでは週末3日間で5,626万ドル(約63億円)を記録した。

主人公であり、高度な知能を有する猿のリーダー・シーザーの心の葛藤や人類との共存というテーマはもちろん、戦いは猿だけでなく、人類にとっても信じる者のために絶対に負ける事のできない心の戦いが描かれる。

キャスト&監督

主役のシーザーには前2作品に続き、モーションキャプチャーを使った演技の第一人者として知られているアンディ・サーキス。彼はこれまで『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのゴラムや『キング・コング』のコングも演じてきた。そのほか『ジュラシック・ワールド』のジュディ・グリアや『ハンガー・ゲーム』シリーズのウディ・ハレルソンらが出演する。

『猿の惑星:新世紀』に引き継ぎメガホンを取るマット・リーヴズは、『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』について「スケールは、シリーズのどの映画よりも大きいが、一方で中心となる核はそのまま維持している。つまり、シーザーと猿たちに関係する感動のストーリーということだ」とコメントしている。

謎の少女・ノバ

“そして、猿の惑星になる。”という衝撃的なキャッチコピーが記されたポスターにシーザーと共に写っているのは、新たに登場する謎の少女ノバ。猿のシーザーと人間のノバは対峙しているのではなく、ノバがシーザーの背中に隠れているようにも見て取れる。『猿の惑星』旧シリーズにも同名のキャラクターが登場するが、本作でも物語の鍵を握る存在となりそうだ。

作品情報

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)
公開日:2017年10月13日(金)
監督:マット・リーヴス
出演:アンディ・サーキス、ジュディ・グリア、ウディ・ハレルソン、スティーヴ・ザーン、アミア・ミラー、カリン・コノヴァル
原題:WAR FOR THE PLANET OF THE APES
(C)2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』シリーズ最新作、猿vs人間の戦争へ 画像1
映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』シリーズ最新作、猿vs人間の戦争へ 画像2
映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』シリーズ最新作、猿vs人間の戦争へ 画像3

ニュースデータ

日時:2017-08-05 13:45