RICHARD ANDERSON

リチャード・アンダーソン

ブランドのはじまり

2001年、ロンドンにて創業。

リチャード・アンダーソンについて

リチャード・アンダーソン(Richard Anderson)は、2001年に創業したロンドン、サヴィル・ロウのビスポークテーラー。

17歳からハンツマンでキャリアを積み、30歳にしてヘッド・カッターに就任した。同ブランドで出会ったブライアン・リシャク(Brian Lishak)にクリーヴ・ギルケス(Clive Gilkes)が加わり独立。自身の名を冠したテーラー、リチャード・アンダーソンを設立するに至る。

リチャード・アンダーソンの設立から間もなく、1780年創業のサヴィル・ロウのテーラーで北米に多くの顧客を抱える「ストリックランド・アンド・サンズ(Strickland and Sons)」を買収。

ハンツマンで習得した伝統的な技術を継承しているが、リチャード・アンダーソンの特徴は、スリムなカットにある。ウエストはシェイプされ、アームホールもタイト。リチャード・アンダーソンはこれを伝統と革新的なクリエーションの融合と表現する。

メンズのビスポーク以外にもレディーズのビスポーク、既製服(レディ・トゥ・ウェア)などのウェア、カフス、ネクタイ、ベルトなどのアクセサリーも展開している。

オズワルド ボーテングリチャード ジェームズなどと共にサヴィル・ロウの新進テーラーと呼ばれる。

顧客はイギリスのみならず、日本、北米など幅広い。日本には年に2回出張し、新宿伊勢丹にてオーダー会が開催されている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.richardandersonltd.com/

ブランド・デザイナー紹介