Henry Poole

ヘンリー プール

ブランドのはじまり

1806年にロンドンにて創業。

ヘンリー プールについて

ヘンリー プール(Henry Poole)はイギリス・ロンドンのサヴィルロー15番地に本店を構える紳士服テイラー。1806年、ロンドンのブランズウィック・スクエア(Brunswick Square)でジェームズ・プールが創業した。「サヴィル・ロウで最も古いのテイラー」と言われている。

創業当時は、麻(リンネル)の生地を販売していた。その後、ナポレオン(フランス)とイギリスの戦いで有名なワーテルローの戦い(1815年)の時期にはチュニックや軍服の仕立を専門にしていた。

ジェームズ・プールの息子、ヘンリー プールが1846年にサヴィルローに店舗を移す。この時には店舗を拡大し、ショールームの設置した。イギリスでの地位を確固たるものにし、他国ベルリン、パリなどに店舗を構えた。19世紀の終わりには、ヘンリー プールの名声はヨーロッパ中に広がっていた。

1960年代、移転により、サヴィル・ロウから離れるが、80年代に再度、サヴィル・ロウに戻る。

高品質の素材を使用し、完成までのあらゆるパートが独自の工程で行われる。型紙の作成から個々で作成、手作業による生地のカットなどにより作られるヘンリー プールのスーツは最高レベルのフィット感と着心地。

カッティングとテーラースキルを高いレベルでキープするため、職人の長期的な育成にも力をいれている。

日本に初めて進出したサヴィル・ロウのテーラーとしても有名。現在は既製服とビスポークともに展開している。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.henrypoole.com/

Data - ヘンリー プールの関連データ

用語: チュニック 既製服 サヴィル・ロウ テーラー ビスポーク

ブランド・デザイナー紹介