menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   リンメル

RIMMELリンメル

ブランドのはじまり

1834年、ロンドン発のコスメブランドとして「リンメル(RIMMEL)」が誕生。

リンメルについて

「リンメル(RIMMEL)」は、イギリス・ロンドン発のコスメブランド。現在、世界75カ国で展開している。

1834年、創始者のユージン・リンメルが当時14歳でイギリス・アルバマール通りに初の店舗を構える。

創始者のユージン・リンメルは、調香師の父ヒヤシンス・マーズ・リンメルと共に、女帝ジョセフィーヌのお抱え調香師であったピエール・フランシス・ルビンの下で経験を積む。1860年には、ビクトリア女王の心も捉え、イギリス王室御用達の調香師となった人物だ。

1830年代、化粧品に自分の名前をスタンプし、商品のアイコンとしてロンドンと記載するなど、化粧品をブランド化するという斬新なアイデアのもと“マーケティングの天才”として活躍する。ここで現在のロゴでもある「RIMMEL LONDON」のアイコンが生まれた。

1850年には、メールオーダーのカタログや観劇をする人のための香りつきの扇子、香りつきのバレンタインカードなどを発明。1851年にロンドンのハイドパークで行われた博覧会では、貴婦人のハンカチにオーデコロンを噴射する「香りつきの噴水」を発表した。

1880年、世界で初めて無毒のマスカラとして「リンメルウォーター コスメティクス」を開発。当時は、画期的なコスメとして注目を集める。

1887年、創始者のユージン・リンメルが死去。ユージン・リンメルの2人の息子が会社を継ぐ。

1990年代、第二次世界大戦に突入すると化粧品の需要が高まった。その頃、リンメルはロバート・カプリンとローズ・カプリンに買収され、広告担当の幹部であったロバート・カプリンとローズ・カプリンのもと、"低価格で品質の良い商品”という今なお受け継がれるリンメルの評判を確立する。また同時に、セルフの化粧品カウンターを初めて導入。王冠やユニオンジャックといったイギリスのシンボルをパッケージにあしらったリンメルのコスメは、ロンドンコスメの代表格的存在となる。

2001年、リンメルロンドンのグローバルモデルとしてケイト・モスを起用。

2011年、ケイト・モス監修の「ラスティング フィニッシュ リップスティックBYケイト・モス」を発売。この好評を受け、2013年春にはケイトのサイン入りネイル「サロンプロ ウィズ ライクラ ネイルポリッシュ BYケイト・モス」を展開する。

2014年、アーティストのリタ・オラとコラボレーションし限定コレクションを発売。

2016年、モデル・女優 として活躍するカーラ・デルヴィーニュをリンメルブランドのイメージキャラクターに迎える。これまで、リンメルのモデルとして起用したケイト・モス、リタ・オラ、カーラ・デルヴィーニュは全員イギリス出身の女性だ。

日本では“プチプラコスメ”の代表格として、人気を集めるリンメル。ほんのり甘いショコラの香りがついたアイシャドウ「リンメル ショコラスウィート アイズ ソフトマット」や、異なる4つの質感を提案する単色アイシャドウ「リンメル プリズム パウダーアイカラー」などのアイメイク製品が人気。

また、ティーンエイジャー、20代の若い女性を中心に、凹凸のない毛穴レスな肌が作れると、部分用毛穴カバー化粧下地「リンメル マジカル ポア ミニマイザー」も高い人気を誇る。

公式サイト

https://www.rimmellondon.jp/

News - リンメルのニュース

スケジュール

生タピオカドリンク専門店「モッチャム」浅草に東京2号店 - 抹茶&あんみつ2種の限定メニュー
9月22日(日)オープン
生タピオカドリンク専門店「モッチャム」浅草に東京2号店 - 抹茶&あんみつ2種の限定メニュー
アレキサンダー ワン×ブルガリ「セルペンティ」スネークヘッドを配したベルトバッグなど
9月23日(月)発売
アレキサンダー ワン×ブルガリ「セルペンティ」スネークヘッドを配したベルトバッグなど
リーボック クラシック、ハローキティ&ぐでたまコラボの「インスタポンプフューリー」発売
9月23日(月)発売
リーボック クラシック、ハローキティ&ぐでたまコラボの「インスタポンプフューリー」発売
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る