ORIZA L LEGRAND

オリザ ルイ ルグラン

ブランドのはじまり

1720年にファージョン(Fargeon)家が創設。

オリザ ルイ ルグランについて

オリザ ルイ ルグラン(ORIZA L LEGRAND)は、フランスの香水ブランド。1720年頃のルイ15世の時代から続く王室御用達パフューマリーメゾン。創業以来、フランスをはじめ、イタリア、イギリス、ロシアなどの宮廷で、また、ナポレオン3世のトイレタリーとフレグランスの御用達として、ワラントを取得した老舗。

ファージョン一族はマリーアントワネット調香師としても寵愛されていた。ファージョンによって作られたクリームやパウダーは、高級売春婦であり作家でもあったニノン・ド・ランクロの永遠の美の秘訣と言われ当時の人気を博していた。

オリザ・ルイ・ルグラン社のビジネスは成功し、国際的な展示会にも参加。パリ万国博覧会では、 1867年に銅メダル、1889年に金賞、1900年にはグランプリに輝き、いくつもの賞を受賞した。

現在でも、オリザ・ルイ・ルグランは、中小企業とタッグを組み、フランスで香水を作っており、原材料は最高品質のものを使用し、アポセカリーのクラフトマンシップを継承している。

ブランド名の「Oriza(オリザ)」という名前は、メイクパウダーやクリームの原料のひとつであった“米”のラテン語に由来している。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.orizaparfums.com/

Data - オリザ ルイ ルグランの関連データ

用語: フレグランス メゾン

ブランド・デザイナー紹介