menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   ルコック スポルティフ

le coq sportifルコック スポルティフ

ブランドのはじまり

1882年、エミール・カミュゼがロミリーシェルセーヌでメリヤス衣料製造業を始める。

ルコック スポルティフについて

1882年、エミール・カミュゼによりフランスで最も古いスポーツ用品メーカーが誕生。当時商品に使われていたラベルは「ロミリースポーティニットウェア」と表記されていた。

1920年、エミール・カミュゼは初めてスポーツ競技用ウェアを製造。

1948年、創業開始から66年、ルコック スポルティフ誕生。初めて、ルコック スポルティフと雄鶏を組み合わせたラベルを使用。

1950年、三角形のロゴが登場。当時は朝日の上に鶏が右向きに配置されている。

1951年、世界最高峰の自転車レース、ツール・ド・フランスで初めてルコック スポルティフが採用される。12チームにウェアを提供し、ルコック スポルティフのラベルはウェアのサイズ表記と共に襟の内側に縫い付けられた。

1955年、サッカーのフランスチームがモスクワで行われたソ連戦でルコック スポルティフの青色のユニフォームを着用。

1965年、サッカー、ラグビー、バスケットボールなどの多くのフランスチャンピオンチームがルコック スポルティフのウェアを着用。

1966年、ツール・ド・フランスでルコック スポルティフのロゴマークをウェアに付けることが認められる。

1969年、シンプルになったルコックロゴが登録される。また同年、輸出商品の為に新しい抽象的なデザインのロゴが開発される。

1971年、ヨーロッパ著名クラブの一つ、アヤックス・アムステルダムはルコックウェアを着用し、伝説のプレオヤー、ヨハン・クライフに率いられたチームはヨーロッパクラブチャンピオンに輝いた。

1974年、エディ・メルクスがルコックを着てツールド・フランスを制覇。

1975年、現在のロゴマークが登場。

1982年、ワールドカップでイタリア代表チームがルコック スポルティフを着用し優勝。

1983年、フランスのプロテニスプレイヤー、ヤニック・ノアが全仏オープンを制する。

1986年、ディエゴ・マラドーナ率いるアルゼンチン代表チームがルコック スポルティフを着用しワールドカップ優勝。

1991年、テニスのデビスカップでヤニック・ノア率いるフランス代表が優勝。

このように、ルコック スポルティフの歴史は常にスポーツの歴史と共にあり、多くの優秀な結果を残してきたチーム、選手に愛用されるブランドである。世界的に最も有名なスポーツブランドの一つである。

公式サイト

http://www.lecoqsportif-jp.com/

News - ルコック スポルティフのニュース

Shop - ルコック スポルティフの取り扱いショップ・店舗

北海道

関東

北陸甲信越

東海

近畿

中国

九州

Shop Search - ルコック スポルティフの取り扱いショップ・店舗検索

ルコック スポルティフ取り扱い店舗

関連用語

関連ブランド

スケジュール

京阪電車・中之島駅のホーム&電車内が居酒屋に「中之島駅ホーム酒場2018」
6月21日(木)~6月23日(土)オープン
京阪電車・中之島駅のホーム&電車内が居酒屋に「中之島駅ホーム酒場2018」
「台湾フェスティバル」上野公園で開催 - 台湾式ビアガーデン出現、ライチ種飛ばし大会も
6月21日(木)~6月24日(日)開催
「台湾フェスティバル」上野公園で開催 - 台湾式ビアガーデン出現、ライチ種飛ばし大会も
チームラボ×森ビルによる“巨大デジタルアートミュージアム”、お台場パレットタウンにオープン
6月21日(木)オープン
チームラボ×森ビルによる“巨大デジタルアートミュージアム”、お台場パレットタウンにオープン
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る