Miki Fukai

ミキ フカイ

ブランドのはじまり

デザイナーである深井みきが2003年に設立。

ミキ フカイについて

深井は1967年東京生まれ。

文化服装学院スタイリスト科在学中からスタイリストアシスタントを経て、フリーのスタイリストとして活躍。人気スタイリストとして、雑誌、広告、ミュージシャン等のスタイリングや衣装制作を行っていた。篠原ともえのスタイリングを手掛けたことでも知られている。

1993年に都営し、ロンドン・カレッジ・オブ・ファッションにて舞台衣装を学び帰国。再度スタイリスト及びコスチュームデザイナーとして活動を始めた。

1998年に再び渡英し、ファッションデザイナー、ジャスティン・オーのアシスタントデザイナーを経験後、2000年にセントマーチンズのMAファッションコース(修士過程)に入学。就学中、雑誌「装苑」にてファッションコラムを1年間連載していた。

2002年に同校を主席で卒業し、2003年2月のロンドンファッションウィークのオフスケジュールでデビューコレクションを発表した。子ども服やジーンズを解体して再構築した作品が話題となり、リバティやブラウンズ等著名なセレクトショップで取り扱われていた。2003年9月には新人デザイナーの登竜門であるニュージェネレーション・スポンサーシップを獲得し、ロンドンファッションウィークの公式スケジュールに初参加した。

得意とするのはニットウェアやパッチワーク、ひねりのテクニックなどを使用した複雑なデザイン。アメリカの人気ドラマ「Sex and the City」の主演サラ・ジェシカ・パーカーの衣装として使われたこともある。

[ 続きを読む ]

Data - ミキ フカイの関連データ

用語: スタイリスト パッチワーク

ブランド・デザイナー紹介