renoma

レノマ

ブランドのはじまり

デザイナーであるモーリス・レノマが設立。

レノマについて

モーリス・レノマは1963年、兄のミッシェルとともにパリ16区Rue de la POMPEに最初のブティックを開いた。白い外壁を持つブティックは「WHITE HOUSE」というニックネームで呼ばれ、自分のための服を仕立て、それを来て遊びに行くと言ういわゆるリアルクローズの発想が一躍人気となる。

「プチ・ブルジョア的なしゃれた服が揃う店」という、本格的メンズ・プレタポルテは当時新しい概念で、高い評価を得て、パリの学生からファッション界のスターに至るまで一気に人気を博した

。大人たちが決めたルールにはない新しさ、独自性があるモーリスのデザインは、その時代のトレンドセッターの話題の的となった。特に、自らの表現に敏感なミュージシャン、映画監督など多くのアーティストが虜になり、こぞってrenomaの洋服を身に付けた。
顧客には、オマー・シャリフ、セルジュ・ゲンズブール、イブ・サンローラン、ジェームズ・ブラウンなどがおり、当時のファッションシーンに新しい注目をもたらした。

[ 続きを読む ]

Data - レノマの関連データ

用語: リアルクローズ

ブランド・デザイナー紹介