1.  > 
  2.  > 
  3. ソニア リキエル

Sonia Rykiel

ソニア リキエル

ブランドのはじまり

1966年ソニア リキエルが自身の名を冠したブランド「ソニア リキエル」を設立。

ソニア リキエルについて

ソニア リキエル(Sonia Rykiel)はフランスのファッションブランド。サンジェルマン・デ・プレをイメージさせるパリジャンスタイルが特徴。

創設者ソニア・リキエル(Sonia Rykiel)は、1930年、フランス・パリ生まれ。62年、妊娠中にブティック「ローラ」のためにセーターとマタニティドレスを作り、彼女の初コレクションとなる。1966年「ソニア リキエル」を設立。66年、パリのサンジェルマン・デュ・プレに自身のブティックをオープン。普段着に使用されていたジャージー素材をモードにもたらし、ニットをファッショナブルに変貌させた。その貢献からしばしば「ニットの女王」と呼ばれる。

88年にはメンズコレクションに進出。リキエルは初めてのメンズは自身の夫の着る服をイメージしたという。その後、「ソニア リキエル」は子供服、フレグランス、コスメやアクセサリーにも進出した。

ソニア・リキエルは、フランス文化省から勲章を3度受勲。ファッション以外の活動にも積極的に参加し、子供向けのお伽話、小説「赤い唇」、ファッション哲学を語った「裸で生きたい」、「ソニア リキエルのパリ散歩」、その他自伝の執筆など作家としても成功する。94年にはロバート・アルトマンの映画「プレタポルテ」に出演、マルコム・マクラーレンと彼のアルバム「パリ」でデュエットもした。

2007年、ランバンブルマリンマルティーヌ シットボンでキャリアを積み、ソニア リキエルでチーフアシスタントをしていたガブリエレ・グライス(Gabrielle Greiss)がクリエイティブ・ディレクターに就任。2009年、ガブリエレ・グライスが辞任。

その後、ソニアと娘ナタリー・リキエルがブランドを率いていたが、2011年、新クリエイティブディレクターに、エイプリル・クライトンを任命。

2012年、ファースト・ヘリテージ・ブランズ社と提携し、ダイナミックかつ全面的な組織再編を実施。

2014年、アーティスティック・ディレクターにジュリー・ドゥ・リブラン(Julie de Libran)を起用した。就任前、ジュリーは、マーク ジェイコブスの右腕として、ルイ・ヴィトンのウィメンズウェア、プレタポルテのクリエイティブ・ディレクターを担当していた。

ジュリー・ドゥ・リブランは、ソニア リキエルのウィメンズウェア、アクセサリー、ディフュージョン ラインのソニア バイ ソニア リキエル(Sonia by Sonia Rykiel)、チルドレンズウェア、ホームコレクションを含む全てのラインを監督する。

2016年8月、メゾンの創始者であるソニア・リキエルが死去。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.soniarykiel.com/

ブランド・デザイナー紹介