1.  > 
  2.  > 
  3. ニナ リッチ

NINA RICCI

ニナ リッチ

ブランドのはじまり

1932年、ニナ リッチが自身の名を冠したブランド「ニナ リッチ」を創設。パリのオート・クチュールメゾンをスタート。

ニナ リッチについて

ニナ リッチ(NINA RICCI)はフランスのラグジュアリーブランド。ウィメンズウェア、アクセサリー、香水を中心としたアイテムを展開している。

創業者はニナ リッチ(NINA RICCI 本名マリー、旧姓ニエリ。)。1883年、イタリアのトリノ生まれ。幼時より服に興味を示し、人形の服作りに熱中。13歳の時、家族とともにパリに出て、お針子からスタート。18歳にアトリエのプルミエールを務めた後、宝石商ルイ・リッチと結婚。渡仏以来、、縫製や裁断の技術を磨き修行を重ね、「ラファン」店と共同で、アメリカのバイヤー向けに自作品の原型(プロトタイプ)を発売する。

1932年、自身の名を冠したメゾン「ニナ リッチ」をパリにオープン。ニナ リッチの服作りは独特で、デッサンを行なわずに、服地を直接に顧客の身体の上にかけながら、ドレープを寄せ、カットを施した。その手法から彼女は「彫刻家」と呼ばれていた。

彼女のスタイルの特徴はエレガントで優雅なドレス、優秀な技能によって作られた作品は、女性らしい丸みを帯びたライン、動きのあるデザインに加え、完璧な縫製と手頃な値段で上流階級層たちに支持を得る。

45年に経営を息子のロベールに任せてからは、ニナ自身はデザインに専念するようになる。ロベールの経営手腕や香水部門の成功などと相まって、「ニナ リッチ」は世界的なグランド・メゾンへと展開した。香水では、艶消しガラスの瓶に鳥をあしらった栓をした、48年の「レール・デュ・タン(時代の空気)」がスパイシーかつ清楚で優しげな香りが幅広い層に受け入れられ、今でも世界中でロングヒットを続けている。日本でもお見合いや合コンの定番香水としてヒット。

59年、ニナ リッチは老齢のため、創作活動から引退。後任にはジュール・フランソワ・クラエを起用。クラエがランバンに移ると、64年には、プレタ・ポルテ界で活躍していたジェラール・ピパールがチーフ・デザイナーに就任。

70年、ニナ リッチ死去。

ジェラール・ピパールは就任後、「マドモアゼル・リッチ」のブランドでプレタ・ポルテの分野を開拓。ピパールの功績もありブランドの躍進は続き、76年には、パリのジョルジュ・サンク通りに大きなショップを開店。さらに、79年には、パリのモンテーニュ通りに、新しいビルを建て、クチュール部門を移転させた。ピパールは、87年にデ・ドール賞を受賞。また、香水部門でも、「クール・ジョア」の発売以来、「レール・デュ・タン」など多くの人気商品を生みだし、高い評価を得た。

1999A/Wシーズンより、チーフ・デザイナーにカナダ出身のナタリー・ジェルヴェが就任。2001年S/Sからマッシモ・ジュサーニがチーフ・デザイナーに就任した。2003年にスウェーデン人デザイナーのラーズ ニルソンがアーティスティクディレクターに就任。2007A/Wからは、オリヴィエ ティスケンスがクリエイティブ・デザイナーを務める。

2008年、ニナ リッチの最も有名な香水「レールデュタン(L’Air du Temps)」の60周年記念ボトル「クチュール・エディション」が発表される。ティスケンスが60周年を記念してドレスを作り、そのドレスを基に、ボトルがデザインされた。

2009年、アイスバーグソニア リキエルルイ・ヴィトンなどでキャリアを積んだピーター・コッピング(Peter Copping)がアーティスティック・ディレクターに就任にして2015年春夏コレクションまで担当。

2014年、カルヴェンを成功に導いたギョーム・アンリがクリエイティブ・ディレクターに就任した。ギョーム・アンリは2000年にエコール・デュペレ、その後パリのモード大学院IFMを卒業。ジバンシィポール カで経験を積んだのち、2009年から2014年までカルヴェンのアーティスティック・ディレクターとして活躍した。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:https://www.ninaricci.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ニナ リッチ取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介