1.  > 
  2.  > 
  3. ルイ・ヴィトン

LOUIS VUITTON

ルイ・ヴィトン

ブランドのはじまり

1854年、荷作り用木箱製造兼荷作職人であったルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)が世界最初の旅行鞄のアトリエ「ルイ・ヴィトン」を設立。

ルイ・ヴィトンについて

ルイ・ヴィトン(LOUIS VUITTON)はフランスのラグジュアリーブランド。

創業者のルイ・ヴィトンは1821年、スイスとの国境に近いジュラ山脈アンシェイ村で生まれる。家業は粉屋。1835年に養母と折り合わず家出。働きながら旅を続ける。パリまでくるとルイは荷造り用木箱製造兼荷造り職人の見習いとなる。

輸送機関の発展、成長に注目し、従来の蓋の丸いトランクから、積み上げることが簡単な平らな蓋を持つトランクを考案。革より軽い防水加工を施したグレーの無地コットン素材「グリ・トリアノン・キャンバス」を使用して作ったトランクは評判となり、ナポレオン3世の皇妃ユージェニーが、旅行用衣装ケースとして発注し、名声を得る。

1896年、コピー商品対策として、世界で最初にモノグラム柄をアイテムに取り入れる。この2代目のジョルジョ・ヴィトンが考案したモノグラムは、「L」を「V」と花と星を組み合わせたもので、当時流行していたジャポニズムの影響下にあったヨーロッパで、ジョルジュが日本の家紋などからインスピレーションを受けて生まれたといわれている。

1987年、ヘネシー社と合併。LVMH(モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン)グループの誕生。その後、クリスチャンディオールを率いるベルナール・アルノーがLVMHの株を取得し、議長(チェアマン)に就任。こうしてアルノーは世界的なラグジュアリーファッショングループを築き上げる。

1997年、ニューヨークのデザイナーであるマーク ジェイコブズを起用し、アパレル分野に進出。「機能的」かつ「実用的」なウェアは初コレクションから大好評を博す。コレクションではモデルが新作のバッグを披露する形式をとった。当時を振り返り、マーク ジェイコブス本人は、実情として、プレタポルテタを開始して数年は、これまでモード(ファッション)になかったルイ・ヴィトンのイメージを作り上げるのに非常に苦悩したと語っている。

マーク・ジェイコブズの戦略のもと、バッグの分野も伝統を重視しつつ、次々に改革をはじめ、1998年、ダミエ・ラインが定番商品として復活した。その他にも、村上隆とのコラボレーションなど、さまざまな挑戦を続けている。

2008年9月、コム デ ギャルソンとの期間限定ショップ「ルイ・ヴィトン・アット・コム・デ・ギャルソン」を東京・青山にオープン。2010年、アーティストのダミエン・ハーストコラボで手術用機器を運ぶ2つのトランクを作成。

2011年、ダンヒルにてクリエイティブ・ディレクターを勤めていたキム ジョーンズがルイ・ヴィトンのメンズ スタイル・ディレクターに就任。

2013年、2014S/Sコレクション終了後にマーク ジェイコブスが退任。元バレンシアガニコラ・ジェスキエールがアーティスティック・ディレクターに就任した。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.louisvuitton.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ルイ・ヴィトン取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介