ホーム > ファッションブランド > ジャンポール・ゴルチエ

JEAN PAUL GAULTIER

ジャンポール・ゴルチエ

ブランドのはじまり

1976年、自身の名を冠した「ジャンポール・ゴルチエ」のブランドでプレタポルテコレクションでデビュー。

ジャンポール・ゴルチエについて



ジャンポール・ゴルチエ(ジャン・ポール・ゴルティエ,JEAN PAUL GAULTIER)は1952年フランスのパリ郊外に生まれる。両親は会計士。

独学でファッションを学ぶ。多くのデザイナーにデザインのスケッチ画を送り続け、それがきっかけで、70年にピエール カルダンのメゾンに入り。その後ジャック・エステル、ジャン パトゥで働き、クチュールの経験を積む。

76年、初めてアクセサリーコレクションを発表するとともに、ジャン・ポール・ゴルチエの名でプレタポルテコレクションでデビュー。1978年には、ジャンポール・ゴルチエ社を設立し独立。このときに出資したのがカシヤマフランスで、これはオンワード樫山のフランス法人に当たる。(オンワード樫山50%、ジャンポール・ゴルチエ社50%の出資比率)

87年、第2回「オスカー・ドゥ・ラ・モード」受賞。88年「ジュニアゴルチエ:Junior Gaultier」をスタート。1992年「ゴルチエジーンズ:Gaultier Jeans」、1993年には香水「ジャンポール・ゴルチエ パルファム」をスタート。

80年代、ゴルチエはアバンギャルドでパンクの精神を持ち合わせ、その他、ボンデージ・ファッションなどを発表し、話題を集め、一躍トップデザイナーへと上り詰めた。

1997S/Sからオートクチュール・コレクションを発表。これはファッションをスタートした原点に返るもので自分自身へのご褒美とのこと。98年、初めて東京でコレクションを発表。03年には「浴衣」「リョーカ」「水着」を発表。

またこれまで「コックと泥棒、その妻と愛人」「キカ」ジャン・ピエール・ジュネの 「ロスト・チルドレン」、リュック・ベッソンのフィフス・エレメント等、映画の衣装も手がけ、映画界でも活躍。マドンナのワールドツアー、マリリン・マンソンのステージ衣装なども手がけた。

ジャンポール・ゴルチエはフランスのファッションブランド。

オートクチュールの成功もありエルメスから45%の資本参加を受け、またエルメスのデザイナーにも抜擢される。2004-2005A/Wから、マルタン マルジェラから引き継いでエルメスのレディースプレタポルテのデザインを2010-2011A/Wまで担当した。(ゴルチエの後は、クリストフ ルメールが就任)

2007年、レペット(repetto)の創立60周年を記念し、同ブランドとコラボレートしたアイテムを発表。

2010年、Targetの「デザイナー・コラボレーション」第3弾として限定コレクションを発表。
同年、2011年春夏コレクションを最後に、エルメスのレディースプレタポルテのアーティスティック・ディレクターを退任。
2010年秋冬コレクションより、メンズウェアのコレクションライン「Jean Paul GAULTIER monsieur」を発表。

2014年、2015年春夏コレクションを最後にプレタポルテから撤退し、香水とオートクチュール部門のみにフォーカスすることが決定。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL: http://www.jeanpaulgaultier.com

Shop - 取り扱いショップ・店舗

ジャンポール・ゴルチエ取扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介