ホーム > ファッションブランド > マーク ジェイコブス

MARC JACOBS

マーク ジェイコブス

ブランドのはじまり

1986年、マーク ジェイコブスは自身の名を冠したブランドでコレクションデビュー。

マーク ジェイコブスについて

マーク ジェイコブス(MARC JACOBS)は1963年、アメリカのニューヨークに生まれる。81年、パーソンズ入学。在学中からペリーエリス賞などさまざまな賞を受賞し、また自身で作ったハンドニットのセーターをブティックに売るなど活躍する。

84年、ロバート・ダフィとパートナーシップを組む。二人はジェイコブス・ダフィ・デザイン社を設立、この関係は現在でも続く。(現在はロバート・ダフィが社長を務める。)

1986年「マークジェイコブス」のブランドで初のコレクションを開催。87年CFDAの新人デザイナー賞を最年少で受賞。その後、CFDAのウィメンズ・デザイナー・オブ・ジ・イヤーを2度受賞。88年にパーソンズを卒業。

88年からダフィとともにペリー エリスに入り、レディーススポーツウェア(カジュアルウェア)のデザインを監修する。若くしてニュヨークを代表するデザイナー「ペリー エリス」の後継者となる。(同時期にトム フォードがペリーエリスにいた。)

徐々に普及していたグランジファッションがもつダウン・ビートに影響を受け、素材を生かしたレイヤードデザイン、「グランジ・コレクション」をペリー エリスのコレクションで発表し、好評を博す。しかし保守的なエリスの顧客にはマーク ジェイコブスのデザインは受け入れられず、コレクションラインを終了、契約中に解雇されることになる。

96年、セカンドライン「マーク ジェイコブス・ルック」をスタート。97年、プレタポルテに参入することを計画していたルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクターに抜擢される。レディース・メンズウェア、アクセサリー全般を監修する。1998A/Wよりパリ・プレタポルテ・コレクションでルイ・ヴィトンのレディースコレクションラインがデビュー。最高に贅沢な素材を使用、上品で精妙、シンプルなデザインを発表。

ルイヴィトンが老舗のバックブランドから一流の「ファッションブランド」にまで成長することに大きく貢献。ルイヴィトンの売上も大幅に増加し、ブランドとしての絶対的な地位を築く。メンズラインは2000年よりスタート。

2001S/Sより、「マーク BY マーク ジェイコブス」をスタート。ルイ・ヴィトンの親会社のLVMHが資本参加したことで「マーク ジェイコブス」のブランドは世界的に拡大。アクセサリー・コレクションの発表、02年、メンズ・レディースのフレグランスも展開している。

2007年、マーク BY マーク ジェイコブス原宿店をオープン。2011年、マーク ジェイコブス 青山 をオープン。

2013年、2014S/Sコレクション終了後にルイ・ヴィトンのアーティスティック・ディレクターを退任。後任としてニコラ・ジェスキエールがバトンを引き継いだ。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL: http://ja-jp.marcjacobs.com/#/ja-jp/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

マーク ジェイコブス取扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介