ホーム > ファッションブランド > イザベル マラン

イザベル マラン:ISABEL MARANT

ブランドの始まり

イザベル マランが自身の名を冠したブランド「イザベル マラン」を設立。

イザベル マランについて

イザベル マラン(ISABEL MARANT)はフランスのファッションブランド。オリエンタル、エスニックな要素をところどころに散りばめたリアルクローズが特徴で、ワンピース、カーディガンなどが人気の商品。

デザイナーのイザベル マラン(Isabel Marant)は1967年、パリ生まれ。85年スタジオベルソー入学。卒業後、インド、アフリカなど各国を放浪し、後のファッションへのインスピレーションを受けている。現在は一児の母でもあり、デザイン活動と子育てを両立している。

87年、ミッシェル クランのもとで経験を積む。その後、マルティーヌ シットボンの夫でもあるマーク・アルコーリ(Marc Ascoli)のアシスタントとして、クロエヨウジヤマモトなどのアートディレクション活動に関わる。

アクセサリーとベルトのデザインを開始し、フリーの活動ではヨーク&コール、クロード モンタナミッシェル ペリーなどにアクセサリーとジュエリーのデザインを提供した。

88年、イザベル マランは独立して、ニットとジュエリーのコレクションライン「TWEN」をスタート。 「TWEN」の名前を改名して、94年に自身の名を冠したブランド、イザベル マラン(ISABEL MARANT)を設立した。小さなジュエリーとアクセサリーのコレクションからスタートし、1995春夏コレクションでショーデビューを果たす。

2000年には、セカンドラインの「エトワール イザベル マラン(ÉTOILE ISABEL MARANT)」、2004年には子供服のラインをスタート。

2012年8月、東京・表参道に日本第1号店をオープン。日本進出にあたり、株式会社TOMORROWLANDとフランチャイズパートナーシップ締結した。

海外展開では、2010年のニューヨークとマドリッドの路面店で成功を皮切りに、2011年度にはベイルートと北京に路面店をオープンさせた。2012年には4店目となるパリの路面店、ソウル、香港、LAの路面店が新たに加わる。2012年6月現在、計8店の路面店を展開するとともに、世界で670店の取扱店を持っている。

コメントおよび補足

エトワール イザベル マラン(ÉTOILE ISABEL MARANT):セカンドライン

[ 続きを読む ]

イザベル マランの関連ニュース

フォション「エクレアウィーク」、表参道に人気メニューが集まる限定カフェ

フォション「エクレアウィーク」、表参道に人気メニューが集まる限定カフェ

フォション(FAUCHON)が、パリで行っているエクレアウィークを記念し、「フォション エクレア ウィーク カフェ(FAUCHON ECLAIR WEE…(続きを読む)

イザベル マランより古着調のスウェット登場 − 表参道と阪急うめだにて限定発売

イザベル マランより古着調のスウェット登場 − 表参道と阪急うめだにて限定発売

イザベル マラン(ISABEL MARANT)は、古着調のスペシャルスウェットを表参道の路面店と阪急うめだ本店の2店舗にて限定発売。表参道では既に同アイ…(続きを読む)

夏の新ビーチスポーツ”マコット” - イザベル マランのコラボアイテム登場

夏の新ビーチスポーツ”マコット” - イザベル マランのコラボアイテム登場

夏といえばビーチ。ビーチフラッグやビーチバレーなどで盛り上がるのがビーチの楽しみの醍醐味。そんな砂浜でみんながアツくなれる遊び、マコット(Matkot)…(続きを読む)

公式サイト

URL: http://www.isabelmarant.tm.fr/

取り扱いショップ・店舗

イザベル マラン取扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介