ランバン:LANVIN

ブランドの始まり

1889年、ジャンヌ・ランバンがフランスのフォーブル・サントノーレに帽子店を開業。

ランバンについて

ジャンヌ・ランバンは1867年フランス生まれ。13歳のときからパリの婦人帽子店で働く。1988年、フォーブル・サントノーレに帽子デザイナーとして店を開業。その後、娘のマリーブランジェのために作っていたドレスをきっかけに子供服の仕立を手がけるようになる。1890年親子服の専門店へと店を変える。その後若い女性用のイブニングドレスなども手がけるようになり、本格的にレディースウェアに参入する。

東洋的なシルエットや民族的なディテールをいち早く取り入れ、古い美術や絵画からインスピレーションを受けたエレガントなスタイルを確立した。スパンコールやビーズを使った巧みな刺繍技術、刺繍技術を用いた花や木の葉、リボンなどをモチーフにした装飾を施したドレスが好評を博す。刺繍の「ピクチャードレス」が賞賛を受ける。

また、布地を染色する事によりランバン・ブルーやアーモンド・グリーン、琥珀色など、絶妙な色彩を作り出し、人々を魅了した。特に透明感のある深いブルー、ランバン・ブルーを好んで、多くの作品で使用した。

20年代、ランバンはにはよりシンプルで活動的な女性のめたのスタイル、ギャルソンヌ・ルックを取り入れ、シャネルなどと主に活躍した。

1925年香水部門、26年紳士服部門を設立、27年、香水「アルページュ」を発表しこれが大ヒット。事業を徐々に拡大させていった。女性としてはじめてレジヨン・ドヌール勲章を受勲する。

37年、パリ・オートクチュール協会の会長を務め、ファッション界へ大きく貢献。

ジャンヌ・ランバンの引退後もメゾンは継続され、アントニオ・カスティーヨ、ジェールフランソワ・クラエ、メリル・ランバン、クロード モンタナ、エリック・ベルジェール、クリスティーナ オルティスなど時代を代表するデザイナーが就任し、デザインを続けてきた。現在は、2001年に就任したアルベール エルバスがデザイナーを務める。メンズウェアはエルバスのディレクションのもとヘッドデザイナーとしてルカ オッセンドライバー(Lucas Ossendrijver)がデザインを手がけている。

ランバンはメンズウェア、毛皮、ランジェリーなど、取扱いアイテムの幅を広げ、服飾以外にもインテリアなどにも進出し、ライフ・スタイルそのものをサポートするグローバル・ブランドへと拡大した。

エルバスのデザインは、コレクションのハイライトとして取り上げられ、トレンドセッターとしての地位を確立している。美しいドレープのドレスをはじめ、エレガントかつフェミニンなデザインが特徴。その他、グログランリボン、フリル、フェザー飾り、フリンジなどを取り入れたディテールテクニックも繊細でフェミニンな要素を作り出している。

ランバンは、オッセンドライバーの活躍もあり、メンズコレクションの分野でも話題を集めている。ユニークなシルエットを提案し、特にラックスシルエットなどは、他のブランドのコレクションに大きな影響を与えた。

2008年、アクネとのコラボレーションでデニムのコレクションを発表。デニムラインは、デニム素材を活かした、パンツの他、ドレス、ジャケットやコートもトレンチやタキシードタイプのものまで、幅広く取り揃える。2009年、ロンドンに旗艦店をオープン。

[ 続きを読む ]

ランバンの関連ニュース

バラ専門店融合のセレクトショップ「NEMIKA」が広尾に、空間デザインは名和晃平のSANDWICH

バラ専門店融合のセレクトショップ「NEMIKA」が広尾に、空間デザインは名和晃平のSANDWICH

ストアイメージ(約180㎡) ファッションアイテムとお花のセレクトショップ「ネミカ(NEMIKA)」が、2014年10月17日(金)に東京・広尾にオー…(続きを読む)

ランバン限定フレグランスシリーズに、新作「アーティー」登場

ランバン限定フレグランスシリーズに、新作「アーティー」登場

ランバン(LANVIN)の「エクラ・ドゥ・アルページュ」シリーズに、限定フレグランス「アーティー」が新しく仲間入り。2014年10月1日(水)より限定発売される…(続きを読む)

公式サイト

URL: http://www.lanvin.com/

取り扱いショップ・店舗

ランバン取扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介