menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「ジブリパークとジブリ展」熊本県立美術館で、ジブリパーク制作秘話&ネコバスや湯婆婆の執務室を展示

「ジブリパークとジブリ展」が、2023年1月20日(金)から3月26日(日)まで熊本県立美術館にて開催される。長野県立美術館でも開催された巡回展で、愛知県美術館、神戸市立博物館、山口県立美術館を巡回する。

「ジブリパーク」誕生の舞台裏を紹介する展覧会

サツキとメイの家 1/5スケール模型
サツキとメイの家 1/5スケール模型
© Studio Ghibli

「ジブリパーク」は愛知県の愛・地球博記念公園内にスタジオジブリ作品の世界を表現した公園施設。2022年11月1日(火)に第1期として「ジブリの大倉庫」、「青春の丘」、「どんどこ森」の3エリアが開園した。2023年度には第2期として「もののけの里」、「魔女の谷」の2エリアが開園する予定。

「ジブリパーク」の制作現場を指揮するのはスタジオジブリの宮崎吾朗監督。建築物では「三鷹の森ジブリ美術館」や「サツキとメイの家」を手掛け、アニメーション作品では『ゲド戦記』『コクリコ坂から』『アーヤと魔女』などを生み出した。

「ジブリパークとジブリ展」は宮崎監督のこれまでを振り返るとともに、初公開となる制作資料や試作品で第1期開園したばかりの「ジブリパーク」の裏側を明らかにする。

『となりのトトロ』のネコバスがお出迎え、湯婆婆の執務室も

ネコバス
ネコバス
© Studio Ghibli

会場では、スタジオジブリ作品の世界を表現した「ジブリパーク」の制作資料や試作品を初公開する。展覧会冒頭では、映画『となりのトトロ』でお馴染みのネコバスがお出迎え。子どもから大人まで、実際に乗って楽しむことができる。

にせの館長室
にせの館長室
© Studio Ghibli

「ジブリの大倉庫」を紹介するコーナーでは、「にせの館長室」を再現。『千と千尋の神隠し』の湯婆婆が、執務室で仕事に没頭する姿を見ることができる。

『耳をすませば』バロンの模型や“ハウルの城”模型も

ハウルの城 右前脚部の
原寸大模型
ハウルの城 右前脚部の
原寸大模型
© Studio Ghibli

さらに、「青春の丘」で出会える映画『耳をすませば』に登場するバロンの制作過程で使用された素材や模型、2024年3月開園予定の「魔女の谷」に建てられる映画『ハウルの動く城』の「ハウルの城」の模型なども登場。実際に「ハウルの城」を建てる際に使用された右前脚部の原寸大模型やCGパースを見ることができる。

1/5サイズのサツキとメイの家

サツキとメイの家 実際に使用されたパーゴラ
サツキとメイの家 実際に使用されたパーゴラ

映画『となりのトトロ』の「サツキとメイの家」を1/5サイズで表した模型にも注目。実際に書斎のテラスに設置されていた格子状の日除け棚「パーゴラ」も登場する。

この他、「ジブリの大倉庫」にて展開されている3種類の企画展示の一つ「ジブリのなりきり名場面展」の中から、映画『千と千尋の神隠し』主人公の千尋になった気分を味わえるコーナーや、三鷹の森ジブリ美術館で2021年6月から2022年5月にかけて開催された企画展示「アーヤと魔女展」の再現展示も登場。加えて、映画『ゲド戦記』や『コクリコ坂から』など、宮崎吾朗監督のこれまでの仕事を貴重な資料と共に紹介する。

「アーヤと魔女展」の再現展示
「アーヤと魔女展」の再現展示

なお、展覧会特設ショップにて、オリジナルグッズをはじめ、ジブリパーク、スタジオジブリ作品に関するグッズを豊富に展開する。熊本会場限定のピンズや手ぬぐいにも注目だ。

【詳細】
KKT熊本県民テレビ開局40周年記念 ジブリパークとジブリ展
会期:2023年1月20日(金)~3月26日(日)
会場:熊本県立美術館 本館
住所:熊本県熊本市中央区二の丸2
開館時間:9:30~17:15(入館は16:45まで)
休館日:毎週月曜日
観覧料:一般・大学生・専門学校生 1,500円、中学生・高校生 1,000円、4歳~小学生 600円

■チケット発売日
・2023年1月20日(金)~2月28日(火)分:2022年12月17日(土)12:00~
・2023年3月1日(水)~3月26日(日)分:2023年2月4日(土)12:00~
※3歳以下の子どもおよび障がい者手帳所持者は無料。
※中学生・高校生は生徒手帳、3歳以下の子どもについては生年月日を確認できる証明書(保険証など)を用意。
※混雑緩和のため事前予約制。入場希望者はあらかじめ入場日時指定チケットを購入。
※退室時間の設定はないが、混雑状況によってはスムーズな観覧に協力をお願いする場合あり。
※障がい者手帳所持者は事前予約不要。介護者・同伴者はあらかじめ入場日時指定チケットの購入が必要。

【問い合わせ先】
ハローダイヤル
TEL:050-5542-8600(9:00~20:00)

Photos(11枚)

「ジブリパークとジブリ展」熊本県立美術館で、ジブリパーク制作秘話&ネコバスや湯婆婆の執務室を展示|写真1 「ジブリパークとジブリ展」熊本県立美術館で、ジブリパーク制作秘話&ネコバスや湯婆婆の執務室を展示|写真2 「ジブリパークとジブリ展」熊本県立美術館で、ジブリパーク制作秘話&ネコバスや湯婆婆の執務室を展示|写真3 「ジブリパークとジブリ展」熊本県立美術館で、ジブリパーク制作秘話&ネコバスや湯婆婆の執務室を展示|写真4 「ジブリパークとジブリ展」熊本県立美術館で、ジブリパーク制作秘話&ネコバスや湯婆婆の執務室を展示|写真5 「ジブリパークとジブリ展」熊本県立美術館で、ジブリパーク制作秘話&ネコバスや湯婆婆の執務室を展示|写真6 「ジブリパークとジブリ展」熊本県立美術館で、ジブリパーク制作秘話&ネコバスや湯婆婆の執務室を展示|写真7 「ジブリパークとジブリ展」熊本県立美術館で、ジブリパーク制作秘話&ネコバスや湯婆婆の執務室を展示|写真8 「ジブリパークとジブリ展」熊本県立美術館で、ジブリパーク制作秘話&ネコバスや湯婆婆の執務室を展示|写真9 「ジブリパークとジブリ展」熊本県立美術館で、ジブリパーク制作秘話&ネコバスや湯婆婆の執務室を展示|写真10 「ジブリパークとジブリ展」熊本県立美術館で、ジブリパーク制作秘話&ネコバスや湯婆婆の執務室を展示|写真11

Photos(11枚)

キーワードから探す

関連ショップ・スポット