menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『正欲』稲垣吾郎×新垣結衣、朝井リョウの小説を実写化“当たり前”ではない人生を生きる

朝井リョウの小説『正欲』が、2023年に実写映画化。稲垣吾郎、新垣結衣が出演する。

朝井リョウによる衝撃作『正欲』が実写映画化

『正欲』場面カット|写真4

朝井リョウの小説『正欲』は、2021年3月に発売され、第34回柴田錬三郎賞を受賞した作品。2009年に『桐島、部活やめるってよ』で第22回小説すばる新人賞を、2013年『何者』で直木賞を受賞した朝井が、作家生活10周年の節目に書き上げた。「人が生きていくための推進力になるのは何なのか」というテーマを炙りだす衝撃的なストーリーが波紋を呼び、“共感を呼ぶ傑作”か、“目を背けたくなる問題作”かと、今もなお話題を集めている。

岸善幸×港岳彦で原作を再構築

映画化にあたっては、『あゝ、荒野』『前科者』の監督・岸善幸と、脚本家・港岳彦がタッグ。原作を大胆に再構築しながら、生きていくための原動力が“当たり前”とは違う形である人たちの人生を、ある種のラブストーリーとして描き出す。

稲垣吾郎&新垣結衣が出演

映画『正欲』には、稲垣吾郎と新垣結衣が出演。息子が世間から断絶されることを恐れる寺井啓喜を稲垣吾郎が、自ら世間との断絶を望む桐生夏月を新垣結衣が演じる。寺井と桐生の物語が、いつ、どこで、どのように交わっていくのかに注目だ。

『正欲』場面カット|写真2

■寺井啓喜(てらい・ひろき)...稲垣吾郎

横浜検察庁に務める検察官。自分の力でマイホームを持ち、妻と子を養う。小学校不登校の息子が、世間から断絶されてしまう可能性を恐れている。『半世界』『ばるぼら』『窓辺にて』など、近年、映画作品に精力的に出演する稲垣吾郎が出演。

<稲垣吾郎 コメント>
脚本を読み終えた時、この作品に関われる事を嬉しく思いました。難しい題材にチャレンジする、監督、スタッフの皆様と共に丁寧に演じていきたいと思います。

『正欲』場面カット|写真3

■桐生夏月(きりゅう・なつき)...新垣結衣

広島のショッピングモールで契約社員として働く。特殊性癖を持つことを隠して生きており、自ら世間との断絶を望む。ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」や、映画『劇場版コード・ブルー-ドクター・ヘリ緊急救命-』、『GHOST BOOK おばけずかん』に出演する新垣結衣が担当。

<新垣結衣 コメント>
原作を読んで、何かを問われたような気持ちになりました。それは、「何が正しいか」とかそういう単純なものではないような、でも実はとてもシンプルなことのような気もしました。考え続ける事、想像し続ける事をいつも以上に大切にしながら、制作に臨めたらと思っています。岸監督とは初めてご一緒しますが、初顔合わせから親身に役についての相談などを聞いてくださり、とても心強く、感謝しています。撮影では、自分なりに、夏月達が生きる世界を必死に生きたいと思います。

【詳細】
映画『正欲』
公開時期:2023年、全国ロードショー
原作:朝井リョウ『正欲』(新潮社刊)
監督:岸善幸
脚本:港岳彦
出演:稲垣吾郎、新垣結衣

Photos(4枚)

『正欲』場面カット|写真1 『正欲』場面カット|写真2 『正欲』場面カット|写真3 『正欲』場面カット|写真4

Photos(4枚)

『正欲』場面カット|写真1 『正欲』場面カット|写真2 『正欲』場面カット|写真3 『正欲』場面カット|写真4

キーワードから探す