menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. ライフスタイル・カルチャー   /  
  4. トピック

「アイマショウ」東京・有楽町に“全席SS席”の新劇場誕生、クリエイティブディレクターに箭内道彦

東京・有楽町マリオン別館7Fに、新劇場「アイマショウ(I'M A SHOW)」が誕生。2022年12月1日(木)にオープンする。

“全席SS席”の新劇場「アイマショウ」東京・有楽町に

「アイマショウ」東京・有楽町に“全席SS席”の新劇場誕生、クリエイティブディレクターに箭内道彦|写真1

明治期に「有楽座」や「帝国劇場」が開業して以来、日本の“エンタメの聖地”として知られている有楽町。今回、そんな有楽町の街に、音楽から演劇まで幅広いライブエンターテインメントを楽しめる新劇場「アイマショウ」が誕生する。

392席の客席は最後列でも出演者の息遣いが間近に感じられるように設計されており、まさに全てが“特等席”。音楽も演劇も、没入感たっぷりに楽しめるという。

クリエイティブディレクターに箭内道彦

「アイマショウ」東京・有楽町に“全席SS席”の新劇場誕生、クリエイティブディレクターに箭内道彦|写真2

「アイマショウ」のクリエイティブディレクターを務めるのは、タワーレコード「NO MUSIC, NO LIFE.」、リクルート「ゼクシィ」など、話題の広告を数多く手掛ける箭内道彦。劇場の命名や広告のクリエイティブなど、さまざまな角度から「アイマショウ」に新たな命を吹き込む。

<箭内道彦 コメント>
コロナ禍において不要不急とも言われたエンタテインメント。僕はそうは思いません。ほとんどの人には、泣くこと、笑うこと、歌うこと、それができる場所が、どうしても必要です。ショーも、人も、生きています。有楽町にできる新しい劇場。ずっと逢いたかった、ずっと逢えなかった、あなたに逢うために。そんな思いを名に込めました。どうぞフランクで永いお付き合いを。

【詳細】
新劇場「アイマショウ」オープン
オープン日:2022年12月1日(木)
住所:東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン別館7階
座席数:392席(車いすスペース2台)

Photos(3枚)

「アイマショウ」東京・有楽町に“全席SS席”の新劇場誕生、クリエイティブディレクターに箭内道彦|写真1 「アイマショウ」東京・有楽町に“全席SS席”の新劇場誕生、クリエイティブディレクターに箭内道彦|写真2 「アイマショウ」東京・有楽町に“全席SS席”の新劇場誕生、クリエイティブディレクターに箭内道彦|写真3

Photos(3枚)

「アイマショウ」東京・有楽町に“全席SS席”の新劇場誕生、クリエイティブディレクターに箭内道彦|写真1 「アイマショウ」東京・有楽町に“全席SS席”の新劇場誕生、クリエイティブディレクターに箭内道彦|写真2 「アイマショウ」東京・有楽町に“全席SS席”の新劇場誕生、クリエイティブディレクターに箭内道彦|写真3

キーワードから探す