menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. ライフスタイル・カルチャー   /  
  4. イベント

旧芝離宮恩賜庭園、幻想的な“光の桜”が照らすライトアップイベント「旧芝離宮夜会」

「旧芝離宮恩賜庭園」のライトアップイベント「旧芝離宮夜会 by ワントゥーテン 〜ひかりさくら〜」が、 2022年5月25日(水)から5月28日(土) までの期間で開催される。

「旧芝離宮恩賜庭園」の期間限定ライトアップイベント

旧芝離宮恩賜庭園、幻想的な“光の桜”が照らすライトアップイベント「旧芝離宮夜会」|写真2

複数の大型開発が進められ、今後の更なる活性化が期待されている浜松町周辺エリア。「旧芝離宮夜会」は、同エリアの中でも特に重要な資源の一つであり、文化財保護法により国の「名勝」として指定されている、「旧芝離宮恩賜庭園」を舞台にしたライトアップイベントだ。

幻想的な“光の桜”が満開に

旧芝離宮恩賜庭園、幻想的な“光の桜”が照らすライトアップイベント「旧芝離宮夜会」|写真4

今年も、最先端のAI技術によるプロジェクションマッピングやXR(クロスリアリティ)を駆使する近未来クリエイティブカンパニー「ワントゥーテン」が演出を担当。桜が咲いていた3月〜4月の竹芝エリア海上の気象情報をもとに、木々を照らす光の動きや色の変化などをプログラミング。桜色のライトアップやプロジェクションマッピングなどを組み合わせたデジタル演出で、幻想的な“光の桜”を満開に咲かせる。

旧芝離宮恩賜庭園、幻想的な“光の桜”が照らすライトアップイベント「旧芝離宮夜会」|写真5

また、会場にはフードブース「YAKAI DINING Supported by 日光江戸村」も出店。串焼きや桜を感じさせる華やかなドリンク、和スイーツなど、夜会気分を盛り上げてくれるメニューが用意されている。

「旧芝離宮恩賜庭園」について

「旧芝離宮恩賜庭園」は、東京に残る最も古い大名庭園のひとつ。1678年、老中・大久保忠朝が徳川家綱より拝領した土地に作った「楽壽園」呼ばれる庭が起源。園内の池は当時、海水が流れ込む潮入りの池であったため、淡水の池となった今も砂浜があるなど、当時の名残がある。

開催概要

「旧芝離宮夜会 by ワントゥーテン 〜ひかりさくら〜」
開催期間: 2022年5月25日(水)〜5月28日(土)
時間:18:00〜21:30(最終入場20:45)
開催場所:旧芝離宮恩賜庭園 一部 東京都港区海岸一丁目
入園料:2,000円(飲食チケット1,000円分付き)未就学児は無料
※荒天または雨天の場合は、主催者判断により中止や実施内容を変更する場合あり。
※中止および実施内容を変更する場合は、旧芝離宮恩賜庭園ツイッター(@Kyushibarikyu)で告知。詳しくは旧芝離宮恩賜庭園サービスセンター(03-3434-4029)まで。
※チケット購入は公式WEBサイト(https://yakai.1-10.com/shibarikyu/)からの前売り販売のみ。

Photos(5枚)

旧芝離宮恩賜庭園、幻想的な“光の桜”が照らすライトアップイベント「旧芝離宮夜会」|写真1 旧芝離宮恩賜庭園、幻想的な“光の桜”が照らすライトアップイベント「旧芝離宮夜会」|写真2 旧芝離宮恩賜庭園、幻想的な“光の桜”が照らすライトアップイベント「旧芝離宮夜会」|写真3 旧芝離宮恩賜庭園、幻想的な“光の桜”が照らすライトアップイベント「旧芝離宮夜会」|写真4 旧芝離宮恩賜庭園、幻想的な“光の桜”が照らすライトアップイベント「旧芝離宮夜会」|写真5

Photos(5枚)

旧芝離宮恩賜庭園、幻想的な“光の桜”が照らすライトアップイベント「旧芝離宮夜会」|写真1 旧芝離宮恩賜庭園、幻想的な“光の桜”が照らすライトアップイベント「旧芝離宮夜会」|写真2 旧芝離宮恩賜庭園、幻想的な“光の桜”が照らすライトアップイベント「旧芝離宮夜会」|写真3 旧芝離宮恩賜庭園、幻想的な“光の桜”が照らすライトアップイベント「旧芝離宮夜会」|写真4 旧芝離宮恩賜庭園、幻想的な“光の桜”が照らすライトアップイベント「旧芝離宮夜会」|写真5

キーワードから探す

関連ショップ・スポット