menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. ライフスタイル・カルチャー   /  
  4. トピック

仙台うみの杜水族館"ケープペンギン"の生活を見られる新施設、南アフリカの生息地を再現

仙台うみの杜水族館は、ケープペンギンに特化した新施設「うみの杜ビーチ -PENGUIN LIFE-」を2022年7月15日(金)にオープンする。

"ケープペンギン"を楽しめる新施設が誕生

仙台うみの杜水族館"ケープペンギン"の生活を見られる新施設、南アフリカの生息地を再現|写真1

仙台うみの杜水族館は、1階の「うみの杜ビーチ」を改装して、ケープペンギンにフィーチャーした新施設をオープン。海や生きものとの「つながり」をテーマにした新エリアは、ケープペンギンが多く生息する南アフリカの“ボルダーズビーチ”をモデルに、ペンギンたちが暮らしやすい環境を追求。生息地を訪れたかのような臨場感を味わえるのが特徴だ。

ペンギンの生活が見られる3つのエリア

仙台うみの杜水族館"ケープペンギン"の生活を見られる新施設、南アフリカの生息地を再現|写真2

展示は主に3つのエリアで構成。「海コーナー」は、“ボルダーズビーチ”の美しく広々とした海をイメージし、ペンギンたちが活発に泳げる環境に。持ち手を動かすだけで簡単にプールに波を作ることができる造波装置を設置することで、これまでは見ることのできなかった、波に揺られて遊ぶペンギンたちの姿を観察できるよう設計した。

「砂場コーナー」では、砂を掘って遊ぶ様子など、ペンギンたちの行動の新たな一面を見ることができるのが魅力。

また、擬岩の位置や日当たりなど、隅々までこだわった「営巣コーナー」では、ペンギンたちの巣作りや子育ての様子を間近で観察することが可能。ひながだんだん大きくなっていく成長の過程や、ペンギン同士の関係の変化など、ペンギンたちの家族の一員になったような気持ちで見守ることができる。

“餌やり”ができる体験プログラムも

さらに、展示場内やバックヤードに入って飼育員の解説を聞くことができる「ペンギンライフツアー」と、アクリル越しにペンギンたちにごはんをあげられる「ペンギンフィーディングタイム」の2種類の体験プログラムも用意する。

フードコートからもペンギンを観察

仙台うみの杜水族館"ケープペンギン"の生活を見られる新施設、南アフリカの生息地を再現|写真3

施設の隣には、可愛らしいペンギンの姿を眺めながら食事を楽しめるフードコートも。休憩がてら、宮城ならではの“ずんだ”を使用したメニューや三陸の海の幸、ペンギンモチーフのデザートなどを堪能してみてはいかがだろうか。

【詳細】
ケープペンギンの新施設「うみの杜ビーチ -PENGUIN LIFE-」
オープン日:2022年7月15日(金)
場所: 仙台うみの杜水族館
住所:宮城県仙台市宮城野区中野4-6
営業時間:
・通常期 9:00~17:30(最終入館17:00)
・7月16日(土)~7月21日(木) 9:00~18:30(最終入館18:00)
・7月22日(金)~8月10日(水)、8月15日(月)~8月28日(日) 9:00~18:00(最終入館17:30)
・8月11日(木)~8月14日(日) 8:00~18:00(最終入館17:30)
・11月4日(金)~3月17日(金) 10:00~17:00(最終入館16:30)
料金:大人(18歳以上) 2,400円、中・高校生(12~18才) 1,700円、小学生(6~12才) 1,200円、幼児(4~未就学児) 700円、シニア(65才以上) 1,800円
※7月15日(金)以降の価格。

【問い合わせ先】
仙台うみの杜水族館
TEL:022-355-2222

Photos(3枚)

仙台うみの杜水族館"ケープペンギン"の生活を見られる新施設、南アフリカの生息地を再現|写真1 仙台うみの杜水族館"ケープペンギン"の生活を見られる新施設、南アフリカの生息地を再現|写真2 仙台うみの杜水族館"ケープペンギン"の生活を見られる新施設、南アフリカの生息地を再現|写真3

Photos(3枚)

仙台うみの杜水族館"ケープペンギン"の生活を見られる新施設、南アフリカの生息地を再現|写真1 仙台うみの杜水族館"ケープペンギン"の生活を見られる新施設、南アフリカの生息地を再現|写真2 仙台うみの杜水族館"ケープペンギン"の生活を見られる新施設、南アフリカの生息地を再現|写真3

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語