menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『破戒』間宮祥太朗主演、島崎藤村の名作小説を60年ぶりに映画化

島崎藤村の小説を原作とする映画『破戒』が、2022年7⽉8⽇(⾦)より公開される。主演は間宮祥太朗。

島崎藤村の名作『破戒』60年ぶりに映画化

『破戒』場面カット|写真2

『破戒』は、1948年に⽊下恵介監督、1962年に市川崑監督と、名だたる巨匠が映画化してきた島崎藤村による不朽の名作小説。60年ぶりに映画化を果たす『破戒』は、東映京都撮影所が制作を担当しており、明治後期の時代を違和感なく⾼い次元で映像化している。

主演は間宮祥太朗

『破戒』場面カット|写真3

■主人公・瀬川丑松...間宮祥太朗

⽣徒に慕われる⼩学校教師。亡くなった⽗からの強い戒めを受け、⾃分が被差別部落出⾝ということを隠して生きる。⾃らの出⾃に苦悩しつつも、最後にはある決断をする。主演を務めるのは、映画『東京リベンジャーズ』やTVドラマ「ファイトソング」などで活躍する間宮祥太朗。過去の映画化では、池部良、市川雷蔵といった名優が演じた難役に挑む。

<間宮祥太朗 コメント>
映画『破戒』で瀬川丑松役を演じます。島崎藤村⽒の⼩説はこの話を頂いてから読みました。戒めを破ると書いて破戒、シンプルで確固とした主張を抱いた題名。情景や⾵景、その場のあらゆることが繊細な描写で表現されていて、肌で知ることのできない時代の物語が⽬の前に表れるようでした。そして作品の中枢の部分にぶっとく流れる強い激情。今このコメントを書いている最中も何と⾔葉にしていいかわからずにいます。しかし⼀⽅で⾔葉を探す作業こそ重要なのだとも思っています。他⼈に⾒えず⾃分の中だけにある感情を探す事に繋がっている気がします。この映画も、⾔葉で語りづらいものになっていれば、そして観客の皆さん⼀⼈⼀⼈が⾃分の⾔葉や感情を探してくれればと願っています。真夏の京都での撮影は静かに着々と進みました。映画『破戒』宜しくお願い致します。

『破戒』場面カット|写真19

■志保...⽯井杏奈
丑松の下宿先で暮らす⼠族出⾝の⼥性。控えめな性格ながら、芯が強く負けん気を見せる部分も。丑松に恋⼼を寄せつつも、なかなか思いを告げられない。

『破戒』場面カット|写真6

■銀之助...⽮本悠⾺
悩める丑松を⽀える友⼈の同僚教師。

『破戒』場面カット|写真10

■猪⼦蓮太郎...眞島秀和
被差別部落出⾝の思想家。演説会の後、政敵の放った凶刃により命を落とす。

『破戒』場面カット|写真12

■丑松の父役...田中要次

『破戒』場面カット|写真8

■寺の住職役...竹中直人

『破戒』場面カット|写真7

■寺の尼役...小林綾子

Photos(21枚)

『破戒』場面カット|写真2 『破戒』場面カット|写真3 『破戒』場面カット|写真4 『破戒』場面カット|写真5 『破戒』場面カット|写真6 『破戒』場面カット|写真7 『破戒』場面カット|写真8 『破戒』場面カット|写真9 『破戒』場面カット|写真10 『破戒』場面カット|写真11 『破戒』場面カット|写真12 『破戒』場面カット|写真13 『破戒』場面カット|写真14 『破戒』場面カット|写真15 『破戒』場面カット|写真16 『破戒』場面カット|写真17 『破戒』場面カット|写真18 『破戒』場面カット|写真19 『破戒』場面カット|写真20 『破戒』場面カット|写真21 『破戒』場面カット|写真22

キーワードから探す