menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた優品を一挙公開

特別展「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」が、東京藝術大学大学美術館にて、2022年8月6日(土)から9月25日(日)まで開催される。

宮内庁三の丸尚蔵館の名品、優品約90件を展示

「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた優品を一挙公開|写真2

特別展「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」は、皇室に伝えられた品々を収蔵する宮内庁三の丸尚蔵館の名品、優品約90件を通して、日本美術をわかりやすく紹介する展覧会だ。

「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた優品を一挙公開|写真1

歴史的に日本の文化の中心に位置して美術を保護、奨励してきた皇室は、日本美術の歴史を語るうえで重要な作品の数々を伝えてきた。一方、日本の美術史が初めて体系化されたのは、1890年、岡倉天心が東京美術学校(現・東京藝術大学)で行った日本美術史の講義においてだとされる。両者のコラボレーションにより開催される本展では、鑑賞者が最初に見る“作品の形やモチーフ”に着目し、美術への理解を深められる展示を行う。

「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた優品を一挙公開|写真3

また、会場では、2021年に宮内庁三の丸尚蔵館の収蔵品として初めて国宝に指定された、5件の作品を公開。平安時代三跡のひとり・小野道風の《屏風土代》、鎌倉時代の名品で、やまと絵の集大成として知られる絵巻《春日権現験記絵》と元寇の様子を描いた絵巻《蒙古襲来絵詞》、狩野永徳筆《唐獅子図屏風》、そして伊藤若冲の代表作《動植綵絵》のうち10幅をまとめて楽しむことができる。

展覧会概要

特別展「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」
会期:2022年8月6日(土)〜9月25日(日) ※会期中に作品の展示替え・巻替えあり
会場:東京藝術大学大学美術館
住所:東京都台東区上野公園12-8
開館時間:10:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(9月19日(月・祝)は開館)
※詳細は2022年4月以降に告知

【問い合わせ先】
TEL:050-5541-8600 (ハローダイヤル)

Photos(3枚)

「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた優品を一挙公開|写真1 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた優品を一挙公開|写真2 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた優品を一挙公開|写真3

Photos(3枚)

「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた優品を一挙公開|写真1 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた優品を一挙公開|写真2 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた優品を一挙公開|写真3

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語