menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開

特別展「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」が、東京藝術大学大学美術館にて、2022年8月6日(土)から9月25日(日)まで開催される。

宮内庁三の丸尚蔵館の名品・優品が一堂に

「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真1

皇室は、歴史的に日本の文化の中心に位置して美術を保護、奨励し、日本美術の歴史を語るうえで重要な作品の数々を伝えてきた。特別展「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」では、宮内庁三の丸尚蔵館が収蔵する皇室の名品・優品に、東京藝術大学コレクションを加えた82件の作品を通して、日本美術の豊かな世界を紹介する。

宮内庁三の丸尚蔵館の国宝5件を公開

「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真4

本展では、2021年に宮内庁三の丸尚蔵館の収蔵品として初めて国宝に指定された5作品を公開。伊藤若冲の傑作《動植綵絵》を筆頭に、平安時代三跡のひとり小野道風の書《屏風土代》、やまと絵の集大成として知られる絵巻《春日権現験記絵》、元寇の様子を描いた絵巻《蒙古襲来絵詞》、そして桃山時代を代表する狩野永徳筆《唐獅子図屏風》が展示される。

「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真3

なかでも、さまざまな生き物や植物を緻密に描いた《動植綵絵》は、若冲が約10年の歳月をかけて制作した大作。動植物の構図を熟慮し、絵具の使い方や描き方を駆使して独特の世界を展開している。会場では、全30幅より構成される《動植綵絵》のうち、雄鶏を色鮮やかに描いた《向日葵雄鶏図》など10幅を公開する。

日本美術の魅力を紹介

「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真4

また、本展では「文字からはじまる日本の美」「人と物語の共演」「生き物わくわく」「風景に心を寄せる」という4つのテーマを設定し、日本美術の世界をわかりやすく紹介。「文字からはじまる日本の美」では、平安時代に生まれ、物語や和歌ばかりでなく美術意匠にも影響を与えた優美な仮名に着目し、平安時代の古筆のなかでも屈指の名品とされる伝藤原行成筆《粘葉本和漢朗詠集》などを展示する。

「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真5

一方で「人と物語の共演」では、人びとの日常生活、信仰、回想や幻想などから生まれた多様な物語に焦点を合わせ、『源氏物語』の世界を重厚で華麗な描写であらわした伝狩野永徳筆《源氏物語図屏風》、国宝の絵巻《春日権現験記絵》や《蒙古襲来絵詞》などを紹介。日本画や洋画、書、工芸と多岐にわたる、日本美術の魅力を存分に楽しみたい。

展覧会概要

特別展「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」
会期:2022年8月6日(土)〜9月25日(日)
※会期中に一部作品の展示替え・巻替えあり
・前期 (1) 8月6日(土)~8月28日(日) (2) 8月6日(土)~9月4日(日)
・後期 (1) 8月30日(火)~9月25日(日) (2) 9月6日(火)~9月25日(日)
会場:東京藝術大学大学美術館
住所:東京都台東区上野公園12-8
開館時間:10:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(9月19日(月・祝)は開館)
観覧料:一般 2,000円(1,800円)、高・大学生 1,200円(1,000円)
※中学生以下、障がい者手帳の所持者その介助者1名は無料
※( )は前売料金(詳細はチケットページを参照)

※国宝《春日権現験記絵》は巻四、五の出品のみ(展示期間は、巻四は8月6日(土)〜9月4日(日)、巻五は9月6日(火)~9月25日(日))

【問い合わせ先】
TEL:050-5541-8600 (ハローダイヤル)

Photos(13枚)

「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真1 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真2 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真3 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真4 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真5 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真6 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真7 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真8 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真9 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真10 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真11 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真12 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真13

Photos(13枚)

「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真1 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真2 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真3 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真4 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真5 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真6 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真7 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真8 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真9 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真10 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真11 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真12 「日本美術をひも解く─皇室、美の玉手箱」東京藝術大学大学美術館で、皇室に伝えられてきた名品・優品を公開|写真13

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語