menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. トピック

静嘉堂文庫美術館が丸の内に移転オープン - 国宝《曜変天目》をはじめ、東洋美術の収蔵品を紹介

静嘉堂文庫美術館が、2022年10月1日(土)、東京・丸の内の明治生命館1階に移転・オープンする。

静嘉堂文庫美術館の展示ギャラリー、丸の内に移転

静嘉堂文庫美術館 展示ギャラリー(ホワイエ)完成予想図 資料提供:竹中工務店
静嘉堂文庫美術館 展示ギャラリー(ホワイエ)完成予想図 資料提供:竹中工務店

三菱第二代社長・岩﨑彌之助と、その息子で三菱第四代社長でもあった岩﨑小彌太によるコレクションを収蔵・紹介する、静嘉堂文庫美術館。《曜変天目(稲葉天目)》をはじめとする国宝7件、重要文化財84件を含む、20万冊の古典籍と約6,500件の東洋古美術品から名品を選りすぐり、展覧会で公開してきた。

重要文化財・明治生命館 1934年(昭和9)竣工
重要文化財・明治生命館 1934年(昭和9)竣工

1992年、世田谷に開館した静嘉堂文庫美術館の展示ギャラリーは、2022年10月、丸の内に移転。1934年に竣工し、1997年には昭和期の建造物としては初めて重要文化財に指定された「明治生命館」の1階に、「静嘉堂@丸の内」の新たな愛称とともにオープンする。展示面積は世田谷の約1.5倍となり、展示ケースと照明設備を一新し、新たな装いのもとで所蔵作品を紹介してゆく。

当初の建築部分を活かして造られた展示ギャラリーは、室内全体が壮麗な大理石造りであり、高い天井からはガラスを通して自然光が差し込み、日々異なる表情を見せる。中央部の広い「ホワイエ」を取り囲むように設られた4つの展示室では、静嘉堂が誇る国内屈指の名品を紹介する。

開館記念展I「響きあう名宝─曜変・琳派のかがやき─」開催

国宝《曜変天目(稲葉天目)》南宋時代・12〜13世紀 静嘉堂文庫美術館蔵
国宝《曜変天目(稲葉天目)》南宋時代・12〜13世紀 静嘉堂文庫美術館蔵

静嘉堂文庫美術館の移転・オープンに合わせて、開館記念展I「響きあう名宝─曜変・琳派のかがやき─」を開催。国宝《曜変天目(稲葉天目)》を筆頭に、所蔵する国宝7件を前期・後期に分けてすべて公開するほか、茶道具、琳派、刀剣、中国書画、そして工芸など、静嘉堂を代表する作品を展示する。

詳細

静嘉堂文庫美術館
開館予定日:2022年10月1日(土)
住所:東京都千代田区丸の内2-1-1 明治生命館 1階
TEL:050- 5541-8600 (ハローダイヤル)

■展覧会情報
静嘉堂創設130周年・新美術館開館記念展I「響きあう名宝─曜変・琳派のかがやき─」
会期:2022年10月1日(土)〜12月18日(日) 会期中に展示替えあり

Photos(2枚)

静嘉堂文庫美術館が丸の内に移転オープン - 国宝《曜変天目》をはじめ、東洋美術の収蔵品を紹介|写真1 静嘉堂文庫美術館が丸の内に移転オープン - 国宝《曜変天目》をはじめ、東洋美術の収蔵品を紹介|写真2

Photos(2枚)

静嘉堂文庫美術館が丸の内に移転オープン - 国宝《曜変天目》をはじめ、東洋美術の収蔵品を紹介|写真1 静嘉堂文庫美術館が丸の内に移転オープン - 国宝《曜変天目》をはじめ、東洋美術の収蔵品を紹介|写真2

キーワードから探す

関連ショップ・スポット