menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. ライフスタイル・カルチャー   /  
  4. イベント

渋谷・コクーン歌舞伎『天日坊』宮藤官九郎×串田和美の人気作、中村勘九郎・中村七之助・中村獅童で再演

渋谷・コクーン歌舞伎 第十八弾『天日坊(てんにちぼう)』が、2022年2月に東京・渋谷のBunkamura シアターコクーンにて上演される。チケットの発売は2021年12月を予定している。

宮藤官九郎×串田和美の『天日坊』再び

『天日坊』(2012年6月Bunkamuraシアターコクーン)©松竹
『天日坊』(2012年6月Bunkamuraシアターコクーン)©松竹

演出家・串田和美と十八世中村勘三郎がタッグを組み1994年に誕生した“渋谷・コクーン歌舞伎”。古典歌舞伎を一から読み直し、現代に重ね合わせて新しい角度から演出する斬新な手法で、『東海道四谷怪談』や『夏祭浪花鑑』など次々と話題作を生んできた。

中でも、2012年に宮藤官九郎の脚本、串田和美の演出・美術により初演から145年の時を超えて上演された『天日坊』は、自らの運命を探し求めて邁進する主人公・天日坊の姿が観客の胸を打ち、大きな反響を呼んだ。そんな人気作品『天日坊』が10年ぶりに再演され、大河ドラマ『いだてん』の脚本も記憶に新しい宮藤官九郎と演出家・串田和美が再びタッグを組むことに。

中村勘九郎、中村七之助、中村獅童が続投

キャストには、前回に続き中村勘九郎、中村七之助、中村獅童が名を連ね、疾走感溢れる作品を舞台上から観客に届ける。

『天日坊』あらすじ

ふとしたきっかけから将軍頼朝の落胤になりすまし鎌倉を目指す法策(後の天日坊)。旅の途中で盗賊・地雷太郎とその妻お六と出会い、思いもよらぬ自分の運命を知る・・・

「俺は誰だあっ!」

狙うは天下!若者たちは壮大な野望と純粋な希いを胸に疾駆する。彼らの人生を賭けた大勝負がはじまるー。

公演概要

渋谷・コクーン歌舞伎 第十八弾『天日坊』
上演時期:2022年2月
チケット発売:2021年12月予定
会場:Bunkamura シアターコクーン
住所:東京都渋谷区道玄坂2-24-1
原作:河竹黙阿弥「五十三次天日坊」
演出・美術:串田和美
脚本:宮藤官九郎
出演:中村勘九郎、中村七之助、中村獅童、ほか

Photos(2枚)

渋谷・コクーン歌舞伎『天日坊』宮藤官九郎×串田和美の人気作、中村勘九郎・中村七之助・中村獅童で再演|写真1 渋谷・コクーン歌舞伎『天日坊』宮藤官九郎×串田和美の人気作、中村勘九郎・中村七之助・中村獅童で再演|写真2

Photos(2枚)

渋谷・コクーン歌舞伎『天日坊』宮藤官九郎×串田和美の人気作、中村勘九郎・中村七之助・中村獅童で再演|写真1 渋谷・コクーン歌舞伎『天日坊』宮藤官九郎×串田和美の人気作、中村勘九郎・中村七之助・中村獅童で再演|写真2

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

商業施設・エリア

関連用語