menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点

岩手県立美術館では、企画展「開館20周年記念 菅木志雄展 〈もの〉の存在と〈場〉の永遠」を、2021年12月18日(土)から2022年2月20日(日)まで開催する。

菅木志雄の半世紀以上にわたる活動を展観

菅木志雄《周集系》1998年 作家蔵 撮影:髙橋健治
菅木志雄《周集系》1998年 作家蔵 撮影:髙橋健治
©Kishio Suga, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

菅木志雄(すが きしお)は、1960年代末から70年代の日本に起きた美術動向「もの派」の作家として知られる現代美術家だ。もの派の活動が終息したのちにも、さまざまな手法による作品を手がけており、今日に至るまで日本の現在美術を牽引してきた。

菅木志雄《事位》1980年 作家蔵 撮影:菅木志雄
菅木志雄《事位》1980年 作家蔵 撮影:菅木志雄
©Kishio Suga

菅の作品は、石や木、金属といった日常的な素材を用いて、それらを並べる、曲げるといったシンプルな操作を加えつつ空間に配置したり組み合わせることで構成される。素材同士や空間、さらには鑑賞者との関係性に着目したその作品は、「もの」と「場」の本質を掘り下げることで、従来の美術の考え方を根本から問い直すものであった。そして、こうした制作姿勢は、もの派の時代以来変わることなく菅の根底にある。

菅木志雄《識況》1970/2006年 作家蔵
菅木志雄《識況》1970/2006年 作家蔵
©Kishio Suga, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

企画展「開館20周年記念 菅木志雄展 〈もの〉の存在と〈場〉の永遠」では、展示室内に加えて、グランド・ギャラリーや屋外展示スペースなど全館を会場に、《識況》(1970/2006年)や《事位》(1980年)、《周集系》(1998年)、《大地の育成》(2000年)、《揺化律》(2018年)など、半世紀以上にわたる菅の制作活動を紹介。

菅木志雄《揺化律》2018年 作家蔵 撮影:髙橋健治
菅木志雄《揺化律》2018年 作家蔵 撮影:髙橋健治
©Kishio Suga, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

過去に岩手で発表された作品や本展のための最新作も交え、インスタレーション、レリーフ、ドローイング、写真、そして作家によるパフォーマンスを収めた記録映像など約120点の作品を、10年ごとの時代に区分しつつ通覧する。

展覧会概要

企画展「開館20周年記念 菅木志雄展 〈もの〉の存在と〈場〉の永遠」
会期:2021年12月18日(土)〜2022年2月20日(日)
会場:岩手県立美術館
住所:岩手県盛岡市本宮字松幅12-3
開館時間:9:30〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:月曜日(1月10日(月・祝)は開館)、12月29日(水)〜1月2日(日)、1月11日(火)
観覧料:
・一般=前売 800円、当日 1,000円
・高校生・学生=前売 500円、当日 600円
・小学生・中学生=前売 300円、当日 400円
※当日券の販売は美術館のみ
※当日券購入の際には、次の割引あり:(1) 20名以上の団体は前売料金と同額 (2) 療育手帳、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳の提示者、および付添者1名は半額
※前売券は、10月16日(土)から12月17日(金)まで、岩手県立美術館、岩手県民会館、および指定プレイガイド(美術館ホームページを参照)にて販売
※岩手県子育て応援パスポートによる割引あり
※学生は学生証または生徒手帳を提示
※企画展観覧券でコレクション展も観覧可(1月25日(火)〜1月28日(金)のあいだは、展示替えのためコレクション展の観覧不可)
※展覧会および関連イベントは変更・中止となる場合あり(美術館ウェブサイトやSNSにて最新情報を確認のこと)

【問い合わせ先】
岩手県立美術館
TEL:019-658-1711

Photos(9枚)

菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点|写真1 菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点|写真2 菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点|写真3 菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点|写真4 菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点|写真5 菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点|写真6 菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点|写真7 菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点|写真8 菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点|写真9

Photos(9枚)

菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点|写真1 菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点|写真2 菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点|写真3 菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点|写真4 菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点|写真5 菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点|写真6 菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点|写真7 菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点|写真8 菅木志雄の展覧会、岩手県立美術館で -「もの」と「場」の関係性を探るインスタレーションなど約120点|写真9

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

タイガー立石の大規模個展、香川・埼玉で - ポップ・アート絵画やナンセンス漫画原画など200点超
2021.9.18(土)~2021.11.3(水)
タイガー立石の大規模個展、香川・埼玉で - ポップ・アート絵画やナンセンス漫画原画など200点超
「ユージーン・スタジオ」国内美術館初の個展、東京都現代美術館で - “未来”を探る絵画や彫刻など
2021.11.20(土)~2022.2.23(水) 開催予定
「ユージーン・スタジオ」国内美術館初の個展、東京都現代美術館で - “未来”を探る絵画や彫刻など
松江泰治の個展、東京都写真美術館で - 世界各地の都市などを“均質かつ克明に”写した写真作品を紹介
2021.11.9(火)~2022.1.23(日) 開催予定
松江泰治の個展、東京都写真美術館で - 世界各地の都市などを“均質かつ克明に”写した写真作品を紹介
ディズニー・ミッキーマウスの“今と未来”を表現したアート展、渋谷パルコで - 田名網敬一や空山基など
2021.11.19(金)~2021.12.19(日) 開催予定
ディズニー・ミッキーマウスの“今と未来”を表現したアート展、渋谷パルコで - 田名網敬一や空山基など
ゲルハルト・リヒターの展覧会、エスパス ルイ・ヴィトン大阪で - 初公開を含む抽象作品を紹介
2021.11.19(金)~2022.4.17(日) 開催予定
ゲルハルト・リヒターの展覧会、エスパス ルイ・ヴィトン大阪で - 初公開を含む抽象作品を紹介

スケジュール

「民藝の100年」東京国立近代美術館で - “日常の美”が潜む道具類など展示、「編集」手法にも着目
2021.10.26(火)~2022.2.13(日)
「民藝の100年」東京国立近代美術館で - “日常の美”が潜む道具類など展示、「編集」手法にも着目
企画展「上田薫とリアルな絵画」茨城県近代美術館で - 上田薫と現代の作家による“リアル”な絵画を紹介
2021.10.26(火)~2021.12.12(日)
企画展「上田薫とリアルな絵画」茨城県近代美術館で - 上田薫と現代の作家による“リアル”な絵画を紹介
特別展「柳宗悦と民藝運動の作家たち」豊田市民芸館で - 民藝運動を推進した作家の作品と軌跡を紹介
2021.10.26(火)~2022.1.30(日)
特別展「柳宗悦と民藝運動の作家たち」豊田市民芸館で - 民藝運動を推進した作家の作品と軌跡を紹介
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
2021.10.29(金)~2022.1.23(日)
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
2021.10.29(金)~2022.2.27(日)
“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
 スケジュール一覧