menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『ウェディング・ハイ』篠原涼子主演・バカリズム脚本のドタバタ“結婚式”コメディ

映画『ウェディング・ハイ』が2022年3月12日(土)に公開される。

バカリズム脚本のドタバタ“結婚式”コメディ

『ウェディング・ハイ』場面カット|写真2

映画『ウェディング・ハイ』は、芸人・タレントとしても活躍するほか、『架空OL日記』『地獄の花園』などの映画作品も手がけ、向田邦子賞やギャラクシー賞を受賞するなど脚本家としても才能を発揮するバカリズムによる完全オリジナルストーリー。“結婚式”が舞台のドタバタ群像コメディを描き出す。

物語は、絶対にNOと言わない敏腕ウェディングプランナーを主人公に展開。クセ者参列者たちの熱すぎる思いが大暴走し、式はとんでもない展開に…。随所に散りばめられたユーモアに笑い、先の読めない展開にハラハラドキドキし、最後は最高にハッピーな気持ちになれる、“愛と笑い”と感動ウェディング・パーティーが幕を開ける。

篠原涼子が“絶対にNOと言わない”敏腕プランナーに

『ウェディング・ハイ』場面カット|写真3

中越真帆(なかごし・まほ)...篠原涼子
新郎新婦のために知恵と工夫で難題を解決していく“絶対にNOと言わない敏腕ウェディングプランナー”。主人公の敏腕ウェディング・プランナーを務めるのは、3年ぶりの映画主演作となる篠原涼子だ。

主演・篠原涼子にインタビュー

篠原涼子にインタビュー「女優だけは絶対にやりたくなかった」彼女が演じ続ける理由は?役者業の魅力を語る

主演を務める篠原涼子には、インタビューも実施。映画『ウェディング・ハイ』の物語やキャラクターの魅力、そして彼女が役者を続ける理由についても、たっぷりと語ってくれた。

“クセ者ぞろい”のウェディング・パーティー

その他の出演者は、中村倫也、関水渚、岩田剛典、向井理、高橋克実、中尾明慶、六角精児、片桐はいり、臼田あさ美など。多彩なキャストが“クセ者揃い”のキャラクターを演じ、“一瞬も見逃せない”ウェディング・パーティーを作り上げる。

『ウェディング・ハイ』場面カット|写真4

石川彰人(いしかわ・あきひと)...中村倫也
穏やかだが、若干流されやすい性格の新郎。

新田遥(にった・はるか)...関水渚
結婚式を心待ちにする天真爛漫な新婦。

『ウェディング・ハイ』場面カット|写真5

八代裕也(やしろ・ゆうや)...岩田剛典(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)
花嫁を奪いに式に乱入しようとする元カレ。

『ウェディング・ハイ』場面カット|写真6

澤田紀昭(さわだ・のりあき)...向井理
式の参列者なのか、それとも・・・?披露宴会場に姿を現す謎の男。

Photos(19枚)

『ウェディング・ハイ』場面カット|写真2 『ウェディング・ハイ』場面カット|写真3 『ウェディング・ハイ』場面カット|写真4 『ウェディング・ハイ』場面カット|写真5 『ウェディング・ハイ』場面カット|写真6 『ウェディング・ハイ』場面カット|写真7 『ウェディング・ハイ』場面カット|写真8 『ウェディング・ハイ』場面カット|写真9 『ウェディング・ハイ』場面カット|写真10 『ウェディング・ハイ』場面カット|写真11 『ウェディング・ハイ』場面カット|写真12 『ウェディング・ハイ』場面カット|写真13 『ウェディング・ハイ』場面カット|写真14 『ウェディング・ハイ』場面カット|写真15 『ウェディング・ハイ』場面カット|写真16 『ウェディング・ハイ』場面カット|写真17 『ウェディング・ハイ』場面カット|写真18 『ウェディング・ハイ』場面カット|写真19 『ウェディング・ハイ』場面カット|写真20

キーワードから探す