menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『死刑にいたる病』阿部サダヲ×岡田健史×白石和彌で驚愕のサイコサスペンス映画化

映画『死刑にいたる病』が、2022年5月6日(金)に公開される。

櫛木理宇の小説「死刑にいたる病」を映画化

『死刑にいたる病』場面カット|写真2

原作は、初版「チェインドッグ」として発売され、文庫化に合わせて「死刑にいたる病」に改題された。作家・櫛木理宇の最高傑作と言われており、今回はそれを映画化。監督は白石和彌で、日本史上最悪の連続殺人事件、そしてそれに隠された真相、驚愕のサイコサスペンスを描く。

阿部サダヲ×岡田健史がW主演

『死刑にいたる病』場面カット|写真9

榛村(阿部サダヲ)

24件の殺人容疑で逮捕され、9件の事件で立件・起訴、死刑判決を受ける。罪は認めているものの、最後の事件は冤罪だと主張。犯人は他にいると話す。犯行当時、営んでいたパン屋「ロシェル」には街の人々が絶えず足を運び、“魅力的な人物”で社会に溶け込んでいた。

『死刑にいたる病』場面カット|写真11

ターゲットは 、黒髪で制服を校則通りに着る真面目そうな10代後半の少年少女 たち。 商店街で経営するパン屋「ロシェル」に通う常連をターゲットにすることもあった。 犯行手口はターゲットと信頼関係を 築く ところから始まり、自然に接触し会話を増やす巧みな方法で計画的に進めていく。

『死刑にいたる病』場面カット|写真16

この日本史上類をみない数の若者を殺した連続殺人鬼・榛村を演じるのは、阿部サダヲ。白石監督との作品では『彼女がその名を知らない鳥たち』に出演していた。

『死刑にいたる病』場面カット|写真5

筧井雅也(岡田健史)
理想とは程遠いランクの大学に通い、鬱屈した日々を送る、どこにでもいそうな男性。ある日、殺人事件の犯人として収監されている榛村から手紙を受け取る。雅也は、中学生の頃、榛村が営んでいたパン屋に通っていた。榛村から最後の殺人は冤罪であり、雅也に事件の真相に迫るよう求められる。雅也を演じるのは岡田健史で、ドラマ「中学聖日記」で有村架純の相手役としてデビューを果たして以来、大河ドラマ「青天を衝け」などへの出演で話題を集めている。

『死刑にいたる病』場面カット|写真3

金山一輝(岩田剛典)
事件を捜査する雅也の行く先々に現われる謎の男。顔の半分が隠れるほどの長髪で異様な雰囲気を纏う。

『死刑にいたる病』場面カット|写真4

筧井衿子(中山美穂)
榛村が冤罪だと訴える殺人事件の真相を調べ始める雅也の母であり、常に夫の顔色をうかがう主体性のない妻。

『死刑にいたる病』場面カット|写真18

加納灯里 (宮﨑優)...雅也と同じ大学に通う幼馴染み
筧井和夫(鈴木卓爾)...雅也の厳格な父
根津かおる(佐藤玲)...最後の殺人事件の被害者
佐村 役(赤ペン瀧川)...榛村の担当弁護士
地元の 農夫(吉澤健)...榛村の隣人
滝内 役(音尾琢真)...昔の榛村を知る人物
赤ヤッケの女(岩井志麻子)...冤罪を主張する殺害事件の現場となった山の所有者
相馬 (コージ・トクダ)...金山の元同僚

監督は『凶悪』『孤狼の血』の白石和彌

Photos(21枚)

『死刑にいたる病』場面カット|写真2 『死刑にいたる病』場面カット|写真3 『死刑にいたる病』場面カット|写真4 『死刑にいたる病』場面カット|写真5 『死刑にいたる病』場面カット|写真6 『死刑にいたる病』場面カット|写真7 『死刑にいたる病』場面カット|写真8 『死刑にいたる病』場面カット|写真9 『死刑にいたる病』場面カット|写真10 『死刑にいたる病』場面カット|写真11 『死刑にいたる病』場面カット|写真12 『死刑にいたる病』場面カット|写真13 『死刑にいたる病』場面カット|写真14 『死刑にいたる病』場面カット|写真15 『死刑にいたる病』場面カット|写真16 『死刑にいたる病』場面カット|写真17 『死刑にいたる病』場面カット|写真18 『死刑にいたる病』場面カット|写真19 『死刑にいたる病』場面カット|写真20 『死刑にいたる病』場面カット|写真21 『死刑にいたる病』場面カット|写真22

キーワードから探す