menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「ピーター・シスの闇と夢」練馬区立美術館で - チェコ出身絵本作家の日本初展覧会、原画など約150点

展覧会「ピーター・シスの闇と夢」が、東京の練馬区立美術館にて2021年9月23日(木・祝)から11月14日(日)まで開催される。

チェコ出身の絵本作家、ピーター・シスの日本初展覧会

《『三つの金の鍵 魔法のプラハ』原画》 1994年
《『三つの金の鍵 魔法のプラハ』原画》 1994年
©Peter Sis, 1994

「ピーター・シスの闇と夢」は、チェコスロヴァキア(現・チェコ共和国)出身でアメリカを代表する絵本作家のピーター・シスを紹介する日本初の展覧会。

ピーター・シスとは

ピーター・シスは短編アニメーションの制作を始めたことからその才能を広く認められ、西ベルリン映画祭では金熊賞を、トロント映画祭ではグランプリ、ロサンゼルスの映画祭では金鷲賞を受賞するなど高い評価を得た。

《『かべ 鉄のカーテンのむこうに育って』原画》 2007年
《『かべ 鉄のカーテンのむこうに育って』原画》 2007年
©Peter Sis, 2007

その才能から、1982年には2年後に開催されるロサンゼルス・オリンピックの映像制作に向けて政府によってアメリカに派遣された。しかし祖国を含む東側諸国がオリンピックのボイコットを表明したため、ピーター・シスはアメリカに亡命することに。

ニューヨークを拠点に、新聞、雑誌、絵本などのジャンルを中心に意欲的な創作活動を続けていく中で、ニューヨーク・タイムズ紙が選ぶ年間ベストテンや、パブリッシャーズ・ウィークリーのベストセラーリストの常連となるなどアメリカでの絵本作家としての地位を築き上げていった。

古都プラハを描いた作品やサン=テグジュペリの生涯を辿る絵本

《『三つの金の鍵 魔法のプラハ』原画》 1994年
《『三つの金の鍵 魔法のプラハ』原画》 1994年
©Peter Sis, 1994

ピーター・シスがこれまで生み出してきた絵本は30作以上。日本でも多くの作品が翻訳され親しまれている。1994年に発表され、日本では柴田元幸の翻訳によって2005年に出版された『三つの金の鍵 魔法のプラハ』では、自身の少年時代の思い出やプラハの歴史を辿り、美しくも悲しみを帯びた古都を描き出した。

《『星の使者 ガリレオ・ガリレイ』原画》 1996年
《『星の使者 ガリレオ・ガリレイ』原画》 1996年
©Peter Sis, 1996

また、勇敢な科学者ガリレイの生涯を読み解き、その偉業だけでなく苦悩や困難などにも焦点を当てた『星の使者 ガリレオ・ガリレイ』、ソ連下の故郷で表現の自由を制限された辛い経験や、そんな中にあっても夢や希望を持ち続けた自身の記憶、日記に基づく自伝的絵本『かべ 鉄のカーテンのむこうに育って』なども代表的な作品だ。

《『飛行士と星の王子さま: サン=テグジュペリの生涯』原画》 2014年
《『飛行士と星の王子さま: サン=テグジュペリの生涯』原画》 2014年

加えて、2014年には、名作『星の王子さま』の作家であるサン=テグジュペリの生涯を辿り、不朽の名作に新たな解釈を提示した絵本『飛行士と星の王子さま: サン=テグジュペリの生涯』も制作している。

ピーター・シスの芸術を俯瞰する作品、資料など約150点

《『オーシャンワールド』原画》 1992年
《『オーシャンワールド』原画》 1992年
©Peter Sis, 1992

会場には、これらのピーター・シスを代表する絵本の原画や、創作活動の原点である貴重な初期アニメーション作品を中心に、オブジェや創作の手がかりとなる構想メモ、スケッチ、日記など様々な作品や資料約150点が集結。また、同郷の監督、ミロス・フォアマンによる映画『アマデウス』のポスターをはじめ、ピーター・シスが手掛けたチェコと関係の深い作品も紹介する。

【詳細】
ピーター・シスの闇と夢
会期:2021年9月23日(木・祝)~11月14日(日)
会場:練馬区立美術館
住所:東京都練馬区貫井1-36-16
TEL:03-3577-1821
休館日:月曜日
開館時間:10:00~18:00 ※入館は17:30まで
観覧料:一般 1,000円、高校・大学生および65~74歳 800円、中学生以下および75歳以上無料(その他各種割引制度あり)
※一般以外の方(無料、割引対象者)は年齢等の確認できるものを受付にて提示。
※2023年には兵庫・伊丹市立美術館への巡回を予定。

Photos(6枚)

「ピーター・シスの闇と夢」練馬区立美術館で - チェコ出身絵本作家の日本初展覧会、原画など約150点|写真1 「ピーター・シスの闇と夢」練馬区立美術館で - チェコ出身絵本作家の日本初展覧会、原画など約150点|写真2 「ピーター・シスの闇と夢」練馬区立美術館で - チェコ出身絵本作家の日本初展覧会、原画など約150点|写真3 「ピーター・シスの闇と夢」練馬区立美術館で - チェコ出身絵本作家の日本初展覧会、原画など約150点|写真4 「ピーター・シスの闇と夢」練馬区立美術館で - チェコ出身絵本作家の日本初展覧会、原画など約150点|写真5 「ピーター・シスの闇と夢」練馬区立美術館で - チェコ出身絵本作家の日本初展覧会、原画など約150点|写真6

Photos(6枚)

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

展覧会「コレクター福富太郎の眼」新潟・大阪などで、“昭和のキャバレー王”が蒐集した近代日本画・洋画
2021.9.18(土)~2021.11.7(日)
展覧会「コレクター福富太郎の眼」新潟・大阪などで、“昭和のキャバレー王”が蒐集した近代日本画・洋画
「民藝の100年」東京国立近代美術館で - “日常の美”が潜む道具類など展示、「編集」手法にも着目
2021.10.26(火)~2022.2.13(日)
「民藝の100年」東京国立近代美術館で - “日常の美”が潜む道具類など展示、「編集」手法にも着目
“〈上野〉の記録と記憶”をたどる展覧会、東京都美術館で - 近代以降の版画や写真作品を展示
2021.11.17(水)~2022.1.6(木) 開催予定
“〈上野〉の記録と記憶”をたどる展覧会、東京都美術館で - 近代以降の版画や写真作品を展示
クリスチャン・マークレーの大規模個展、東京都現代美術館で - 音とイメージが交差する活動の全貌を紹介
2021.11.20(土)~2022.2.23(水) 開催予定
クリスチャン・マークレーの大規模個展、東京都現代美術館で - 音とイメージが交差する活動の全貌を紹介
ディズニー・ミッキーマウスの“今と未来”を表現したアート展、渋谷パルコで - 田名網敬一や空山基など
2021.11.19(金)~2021.12.19(日) 開催予定
ディズニー・ミッキーマウスの“今と未来”を表現したアート展、渋谷パルコで - 田名網敬一や空山基など

スケジュール

「民藝の100年」東京国立近代美術館で - “日常の美”が潜む道具類など展示、「編集」手法にも着目
2021.10.26(火)~2022.2.13(日)
「民藝の100年」東京国立近代美術館で - “日常の美”が潜む道具類など展示、「編集」手法にも着目
企画展「上田薫とリアルな絵画」茨城県近代美術館で - 上田薫と現代の作家による“リアル”な絵画を紹介
2021.10.26(火)~2021.12.12(日)
企画展「上田薫とリアルな絵画」茨城県近代美術館で - 上田薫と現代の作家による“リアル”な絵画を紹介
特別展「柳宗悦と民藝運動の作家たち」豊田市民芸館で - 民藝運動を推進した作家の作品と軌跡を紹介
2021.10.26(火)~2022.1.30(日)
特別展「柳宗悦と民藝運動の作家たち」豊田市民芸館で - 民藝運動を推進した作家の作品と軌跡を紹介
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
2021.10.29(金)~2022.1.23(日)
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
2021.10.29(金)~2022.2.27(日)
“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
 スケジュール一覧