menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   アート   >   イベント

展覧会「Meet the Collection ―アートと人と、美術館」横浜美術館で開催

展覧会「Meet the Collection ―アートと人と、美術館」が、横浜美術館で2019年4月13日(土)から6月23日(日)まで開催される。

平成元年開館・横浜美術館のコレクション400点超を展示

ルネ・マグリット 《王様の美術館》1966年 油彩、カンヴァス 130.0×89.0cm 横浜美術館蔵
ルネ・マグリット 《王様の美術館》1966年 油彩、カンヴァス 130.0×89.0cm 横浜美術館蔵

「Meet the Collection ―アートと人と、美術館」は、2019年に開館30周年を迎える横浜美術館の所蔵コレクションを紹介する展覧会。全館を使って、1万2千点を超える所蔵作品の中から、絵画、彫刻、版画、写真、映像、工芸等400点超の作品を展示する。

鏑木清方《春宵怨》 1951年 絹本着色 126.0×71.0cm 横浜美術館蔵
鏑木清方《春宵怨》 1951年 絹本着色 126.0×71.0cm 横浜美術館蔵

横浜美術館は平成元年に開館。文字通り平成の30年間の中で、作品収集を基盤にアートを通じた無数の出会いを提供してきた。節目となる本展で、あらためてコレクションとの出会い=“Meet the Collection”の場としての美術館の役割や可能性を、見つめ直す。

「LIFE:生命のいとなみ」

淺井裕介《yamatane》(参考作品) 2014年 Rice University Art Gallery、ヒューストン(アメリカ)[展示風景]
淺井裕介《yamatane》(参考作品) 2014年 Rice University Art Gallery、ヒューストン(アメリカ)[展示風景]
©Yusuke Asai / Courtesy of ANOMALY, Tokyo and Rice University Art Gallery Photo by Nash Baker

展覧会は「LIFE:生命のいとなみ」と「WORLD:世界のかたち」の2部に大きく分かれている。「LIFE:生命のいとなみ」では、“情念”“自然や命”“目・まなざし”“記憶・瞬間の記録”といったテーマの作品を紹介。

交錯する“まなざし”に着目 - セザンヌやダリ、マン・レイなど

ポール・セザンヌ《縞模様の服を着たセザンヌ夫人》1883-85年 油彩、カンヴァス 56.8×47.0cm 横浜美術館蔵
ポール・セザンヌ《縞模様の服を着たセザンヌ夫人》1883-85年 油彩、カンヴァス 56.8×47.0cm 横浜美術館蔵

“目・まなざし”に着目したコーナーでは、フランシス・ベーコン、ロバート・キャパ、ポール・セザンヌ、サルバドール・ダリ、マン・レイ、パブロ・ピカソ、奈良美智といったアーティストの作品を紹介。絵画、写真、彫刻における被写体やモチーフとなる人の視線と、制作を行う芸術家の眼、そして鑑賞者のまなざしと、いくつもの視線が交錯するアートを通じて、個々の視線の意味を考察する。

「WORLD:世界のかたち」

田中敦子《作品 67E》 1967年 エナメル、カンヴァス 162.5×131.0cm 横浜美術館蔵
田中敦子《作品 67E》 1967年 エナメル、カンヴァス 162.5×131.0cm 横浜美術館蔵
© Kanayama Akira and Tanaka Atsuko Association

「WORLD:世界のかたち」では、芸術家の世界観を投影し、象徴的な“世界の縮図”となって表されたアートを、“イメージをつなぐ”“モノからはじめる”“ひろがる世界”の3つの切り口に分類。引用、接続、抽象化など、それぞれの表現手法を、作品を通して紹介する。

イメージの引用・変容・接続 - シュルレアリスムなど

淺井裕介《yamatane》(参考作品) 2014年 Rice University Art Gallery、ヒューストン(アメリカ)[展示風景]
©Yusuke Asai / Courtesy of ANOMALY, Tokyo and Rice University Art Gallery Photo by Nash Baker
淺井裕介《yamatane》(参考作品) 2014年 Rice University Art Gallery、ヒューストン(アメリカ)[展示風景]
©Yusuke Asai / Courtesy of ANOMALY, Tokyo and Rice University Art Gallery Photo by Nash Baker

“イメージをつなぐ”で紹介されている、様々なモチーフを組み合わせ、イメージを繋ぎ合わせて1つの世界を作る「引用」「変容」「接続」といった手法は、古今東西の作品で用いられている。

展示室には、まさにイメージを組み合わせることで斬新かつ複雑な世界観を描く、今津景の幅5mにもおよぶ大作を展示。ポール・デルヴォーやマックス・エルンスト、マン・レイ、横尾忠則など、シュルレアリスム絵画をはじめとする作品群とともに、現実を超越したダイナミックな世界を演出する。

詳細

横浜美術館開館30周年記念
Meet the Collection ―アートと人と、美術館
会期:2019年4月13日(土)~6月23日(日)
場所:横浜美術館
住所:神奈川県横浜市西区みなとみらい3-4-1
開館時間:10:00~18:00
※毎週金曜・土曜は20:00まで
※入館は閉館30分前まで
休館日:木曜日、5月7日(火) ※ただし5月2日(木・休)は開館
観覧料:一般 1,100円(団体1,000円)、大学・高校生 700円(団体600円)、中学生 500円(団体400円)
※小学生以下は無料、65歳以上 1,000円(要証明書、美術館券売所でのみ対応)
※( )内は有料20名以上の団体料金(団体券は美術館券売所でのみ販売、要事前予約)
※2019年6月2日(日)は観覧無料
※毎週土曜日は高校生以下無料(要生徒手帳、学生証)
※障がい者手帳持参者と介護者(1名)は無料
チケット取扱い:横浜美術館、セブンチケット[セブンコード071-409]、イープラス

Photos(8枚)

展覧会「Meet the Collection ―アートと人と、美術館」横浜美術館で開催 画像1 展覧会「Meet the Collection ―アートと人と、美術館」横浜美術館で開催 画像2 展覧会「Meet the Collection ―アートと人と、美術館」横浜美術館で開催 画像3 展覧会「Meet the Collection ―アートと人と、美術館」横浜美術館で開催 画像4 展覧会「Meet the Collection ―アートと人と、美術館」横浜美術館で開催 画像5 展覧会「Meet the Collection ―アートと人と、美術館」横浜美術館で開催 画像6 展覧会「Meet the Collection ―アートと人と、美術館」横浜美術館で開催 画像7 展覧会「Meet the Collection ―アートと人と、美術館」横浜美術館で開催 画像8

Photos(8枚)

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - おすすめ展覧会スケジュールも
〈大阪・京都・兵庫〉関西の美術館&博物館情報 - おすすめ展覧会の開催スケジュール
〈大阪・京都・兵庫〉関西の美術館&博物館情報 - おすすめ展覧会の開催スケジュール
人気の新作コンビニスイーツ&ドリンクを一挙に紹介
人気の新作コンビニスイーツ&ドリンクを一挙に紹介
【映画】2020年 邦画作品を一挙紹介 - 人気漫画の実写化からオリジナルまで注目作が満載
【映画】2020年 邦画作品を一挙紹介 - 人気漫画の実写化からオリジナルまで注目作が満載
2020年公開映画<洋画の話題作>ノーラン新作、キングスマンやミニオン続編など
2020年公開映画<洋画の話題作>ノーラン新作、キングスマンやミニオン続編など

スケジュール

“まるで写真”のような生卵やサラダ、“スーパーリアリズム”画家・上田薫の展覧会が新宿高島屋で
12月11日(水)~12月25日(水)開催
“まるで写真”のような生卵やサラダ、“スーパーリアリズム”画家・上田薫の展覧会が新宿高島屋で
藤田嗣治の“ヌード”の本質に迫る展覧会「藤田嗣治 - Nude -」東京・大阪で開催
12月12日(木)~12月25日(水)開催
藤田嗣治の“ヌード”の本質に迫る展覧会「藤田嗣治 - Nude -」東京・大阪で開催
展覧会「ポーランドの映画ポスター」東京・国立映画アーカイブで、各国映画のポスター96点を展示
12月13日(金)~2020年3月8日(日)開催
展覧会「ポーランドの映画ポスター」東京・国立映画アーカイブで、各国映画のポスター96点を展示
岩合光昭写真展「こねこ」大阪・なんばスカイオにて、世界各地の“こねこ”写真約170点を展示
12月14日(土)~2020年1月5日(日)開催
岩合光昭写真展「こねこ」大阪・なんばスカイオにて、世界各地の“こねこ”写真約170点を展示
「モードとアートの香水瓶―ポワレ、スキャパレッリ、ディオール」ポーラ美術館にて、香水瓶約80点を紹介
12月15日(日)~2020年4月5日(日)開催
「モードとアートの香水瓶―ポワレ、スキャパレッリ、ディオール」ポーラ美術館にて、香水瓶約80点を紹介
 スケジュール一覧