menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ニュース   >   アート   >   イベント

原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示

原美術館にて、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションするコレクション展示となる「現代美術に魅せられて―原俊夫による原美術館コレクション展」が開催される。会期は、2018年1月6日(土)から6月3日(日)まで。なお、会期は2018年1月6日(土)から3月11日(日)までの前期と、3月21日(水・祝)から6月3日(日)まで後期に分かれ、それぞれ展示内容が異なる。


草間彌生「自己消滅」1980年 ミクストメディア サイズ可変【前期】
©Yayoi Kusama

1979年日本における現代美術館の先駆けとして開館した原美術館。創立者・現館長の原俊夫は、様々な展覧会を開催する一方で、自身でも可能な限り作家のアトリエや自宅に訪れ、コレクション収集に注力してきた。本展では、絵画・立体・写真・映像・インスタレーションなど所蔵作品約1000点の中から、原俊夫が初めて自ら選びキュレーションするコレクションを展示する。

 
左) 奈良美智「Eve of Destruction」2006年 カンヴァスにアクリル絵の具 117x91 cm【後期】©Yoshitomo Nara
右) 蜷川実花「PLANT A TREE」2011年 Cプリント 48.5x72.8 cm【後期】
©mika ninagawa Courtesy of Tomio Koyama Gallery

前期は、母体となるアルカンシエール美術財団を設立した1977年から美術館を開館して間もない1980年代前半までに収蔵されたコレクションが中心。ポップアートの代表的存在であるアンディ・ウォーホル、ヨーロッパの彫刻家アルマンやセザールの作品を展示する予定だ。日本人アーティストは、戦後日本美術を牽引した宮脇愛子や現役で活躍中の草間彌生らをピックアップする。

後期は、美術館の活動を通して購入した取集作品を展示。日本の人気現代アーティスト蜷川実花奈良美智をラインナップ予定。

【詳細】
「現代美術に魅せられて―原俊夫による原美術館コレクション展」
英題"My Favorites: Toshio Hara Selects from the Permanent Collection"
会期:2018年1月6日(土)~6月3日(日)
※前期 2018年1月6日(土)~3月11日(日)/展示替え休館 3月12日(月)~20日(火)/後期 3月21日(水・祝)~6月3日(日)
会場:原美術館
住所:東京都品川区北品川4-7-25
開館時間:11:00~17:00(祝日を除く水曜は20:00まで/入館は閉館時刻の30分前まで)
休館日:月曜(祝日にあたる2018年1月8日、2月12日、4月30日は開館)、1月9日(火)、2月13日(火)、3月12日(月)~20日(火)、5月1日(火)
入館料:一般1,100円、大高生700円、小中生500円/原美術館メンバーは無料、学期中の土曜日は小中高生の入館無料/20名以上の団体は一人100円引
※日曜・祝日には当館学芸員によるギャラリーガイドを実施(14:30より30分程度)
TEL:03-3445-0651(代表)

■展示予定作品 ※変更の可能性有
前期:(アメリカの作家)ジャクソン・ポロック、マーク・ロスコ、ロバート・ラウシェンバーグ、ジャスパー・ジョーンズ、アンディ・ウォーホル、ロイ・リキテンシュタイン等 (ヨーロッパの作家)ジャン・デュビュッフェ、カレル・アペル、アルマン、セザール、ジャン・ティンゲリー等 (日本の作家)今井俊満、河原温、工藤哲巳、宮脇愛子、草間彌生、篠原有司男、杉本博司、李禹煥 等 (アジアの作家)ナム・ジュン・パイク、艾未未(アイ・ウェイウェイ)等
後期:安藤正子、荒木経惟、ヤン・ファーブル、加藤泉、ウィリアム・ケントリッジ、森村泰昌、奈良美智、名和晃平、蜷川実花、野口里佳、マリック・シディベ、杉本博司、束芋、ミカリーン・トーマス、アドリアナ・ヴァレジョン、やなぎみわ等

Photos(11枚)

原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像1 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像2 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像3 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像4 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像5 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像6 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像7 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像8 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像9 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像10 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像11

Photos(11枚)

原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像1 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像2 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像3 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像4 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像5 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像6 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像7 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像8 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像9 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像10 原美術館に草間彌生や蜷川実花の作品登場、創立者・現館長の原俊夫が初めてキュレーションする展示 画像11

関連ニュース

キーワード

関連ショップ・スポット

ピックアップ

映画『犬ヶ島』ウェス・アンダーソンにインタビュー”僕のしたい映画制作とは、人の人生の一部となるもの”
5月25日(金)公開
映画『犬ヶ島』ウェス・アンダーソンにインタビュー”僕のしたい映画制作とは、人の人生の一部となるもの”
東京の人気パン屋まとめ - パン好きが通う行列店から話題の専門店、フランス仕込みのおいしい名店まで
東京の人気パン屋まとめ - パン好きが通う行列店から話題の専門店、フランス仕込みのおいしい名店まで
夏フェス2018特集 - サマソニやフジロック、ULTRA JAPANなどフェス情報を網羅
夏フェス2018特集 - サマソニやフジロック、ULTRA JAPANなどフェス情報を網羅
日本の夏祭り2018 <関東&東北エリア>オススメおでかけスポット、都内で楽しめる阿波踊りや夜店も
日本の夏祭り2018 <関東&東北エリア>オススメおでかけスポット、都内で楽しめる阿波踊りや夜店も
【インタビュー】ホワイトマウンテニアリング - アウトドアをファッションに
【インタビュー】ホワイトマウンテニアリング - アウトドアをファッションに

スケジュール

「ルーヴル美術館展 肖像芸術——人は人をどう表現してきたか」国立新美術館、ナポレオンなどの肖像が集結
5月30日(水)~9月3日(月)開催
「ルーヴル美術館展 肖像芸術——人は人をどう表現してきたか」国立新美術館、ナポレオンなどの肖像が集結
「北斎展」名古屋栄三越で開催、「冨嶽三十六景」ほか約150点を展示
5月30日(水)~7月2日(月)開催
「北斎展」名古屋栄三越で開催、「冨嶽三十六景」ほか約150点を展示
『耳をすませば』背景画家・井上直久の個展が大阪・阪急うめだ本店で - 初期から最新の大作まで
5月30日(水)~6月4日(月)開催
『耳をすませば』背景画家・井上直久の個展が大阪・阪急うめだ本店で - 初期から最新の大作まで
「ぼのぼの原画展」新潟市新津美術館にて開催 - 生原稿や原画、歴代表紙で追う“ゆるかわ”ワールド
6月2日(土)~8月19日(日)開催
「ぼのぼの原画展」新潟市新津美術館にて開催 - 生原稿や原画、歴代表紙で追う“ゆるかわ”ワールド
「ミュシャ展」静岡市美術館で開催 - アール・ヌーヴォーの旗手、初期から晩年まで約250点
6月2日(土)~7月15日(日)開催
「ミュシャ展」静岡市美術館で開催 - アール・ヌーヴォーの旗手、初期から晩年まで約250点
 スケジュール一覧