ホーム > ニュース > アート > ブルガリが蛇のアートを集めた展覧会を開催、「セルペンティ」の宝飾品はじめメイプルソープや荒木飛呂彦

ブルガリが蛇のアートを集めた展覧会を開催、「セルペンティ」の宝飾品はじめメイプルソープや荒木飛呂彦

ブルガリ(BVLGARI)が、展覧会「ブルガリ セルペンティフォーム アート ジュエリー デザイン」を六本木ヒルズにて開催。会期は、2017年11月25日(土)から12月25日(月)まで。

ブルガリを象徴する蛇のモチーフ「セルペンティ」。誘惑・再生・変容のシンボルである蛇は、何世紀にもわたって神話や伝説に登場し、人々を不思議な力で魅了してきた。ブルガリは、そんな魅惑的な魔力を持つ蛇を美しいゴールドや宝石で表現。数々のブレスレットやウォッチを生み出している。

本展では、ブルガリを語るには切り離せない「セルペンティ」に焦点を当てる。世界中の蛇にまつわるジュエリー、デザインやアート作品を展示。その”刺激的”な展示内容を通し、いかに蛇が現代のアート、 デザインや写真において、多くの作家たちにインスピレーションを与えてきたかを紐解いてゆく。

まずは、写真の展示で幕をあける。 ヘルムート・ニュートンやロバート・メイプルソープ、さらに操上和美による蛇を捉えた作品が、天井や壁にまで巧みに飾られ、独創的なオーラが空間を満たしてゆく。

さらに、コンテンポラリーアートのセクションでは、ニキ・ド・サンファルやキース・へリングによる遊び心ある作品と、天明屋尚の反逆児のような鋭さを持つ日本画を並置。この大胆な展示構成で、東西間の刺激的な対話を紡ぎ出してゆく。また、ブルガリともコラボレーションを果たした「ジョジョの奇妙な冒険」の作者・荒木飛呂彦による作品も注目だ。

もちろんブルガリの美しいジュエリーたちも見ることができる。展示では、トゥボガス技法による初期の様式的な作品から、ゴールドのうろこやマルチカラーエナメルを施したより写実的な作品まで幅広く紹介。豪華な作品を通して、「セルペンティ」がいかに進化を遂げてきたかに迫る。

また開催中、展覧会会場内にブルガリのカフェも特別に登場。 ドリンクと共に特別フレーバーのチョコレートなどを楽しめる。

【詳細】
「ブルガリ セルペンティフォーム アート ジュエリー デザイン」
会期:2017年11月25日(土)〜12月25日(月)
会場:六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー
住所:東京都港区六本木6-10-1
展望台入場料: 一般 1,800円 / 高校・大学生 1,200円 / 4歳~中学生 600円 / シニア(65歳以上) 1,500円
開館時間:10:00〜23:00 (最終入館22:30) ※金・土・休前日は25:00(最終入館24:00)まで

【問い合わせ先】
 六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー
 TEL:03-6406-6652
 (10:00~20:00)

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

ブルガリが蛇のアートを集めた展覧会を開催、「セルペンティ」の宝飾品はじめメイプルソープや荒木飛呂彦 画像1

ニュースデータ

日時:2017-11-18 14:20