ホーム > ニュース > ライフスタイル・カルチャー > アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル

アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル

アップル(apple)が、米国時間の2017年9月12日(火)に開催した新製品発表会で新型iPhone「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表した。10月27日(金)に予約開始、11月3日(金)発売。価格は112,800円+税〜。容量は64GB、256GBの2種類。

iPhoneシリーズ10周年記念の最上位モデル

全面ガラスのディスプレイが実現

iPhone Xではオールスクリーンディスプレイによる革新的なデザインを採用。ディスプレイはデバイスの曲面に正確に沿って、丸みを帯びたコーナー部分に滑らかにつながっている。

ディスプレイはベゼルレス

ディズプレイは周辺のベゼルを取り除き、5.8インチに大型化した有機ELディスプレイを搭載。解像度もiPhone7 Plusの1,920 × 1,080に対してiPhone Xは2,436 × 1,125と高解像度になっている。さらに、True Toneテクノロジーが加わったことでディスプレイのホワイトバランスが動的に調整され、周囲の光に合った、まるで紙を見ているような自然な視覚体験を味わうことができる。ホームボタンも廃止されているため、従来ホームボタンで行っていた動作は画面上のスワイプ操作に置き換わる。ロック画面からの起動は、ディスプレイ下からスワイプするだけ。

優れた耐久性、耐水・防塵性能

全面ガラスで包まれた全面と背面には、スマートフォンに採用された中では最も耐久性のあるガラスをシルバー・スペースグレイであつらえたほか、ボディの周囲を医療で使用されているものと同じグレードのステンレススチール製のバンドで包むことで、iPhone Xの強度を上げている。また、耐水・防塵性能にも優れている点が特徴的だ。

指紋認証を廃止、顔認証「Face ID」を採用

ホームボタンの削除に伴い、指紋認証は廃止。代わりにユーザーの顔情報をカメラを通して記録させる顔認証機能「Face ID」が搭載されている。機械学習能力を持った「A11 バイオニック ニューラルエンジン」搭載。赤外線センサーを使った顔認証で、ユーザーの顔を細かく立体的に分析する。顔を登録する時は、画面に表示されるガイドに従って顔を動かすだけ。髪型が変わっても、メガネをかけていても、3Dモデルで認識しているため問題ない。ハリウッドのプロフェッショナルアーティストが作ったマスクでテストしても誤認識されない。誤認識の確率は100万回に1回とも。ロック解除の他、Apple Payにも対応し、セキュリティ保護されたアプリケーションやその他の新機能の対応も可能となる。

アニ文字(Animoji)

ユーザーの顔を認識して、その動きに合わせて動くアニメーション付きの絵文字「アニ文字」機能搭載。iPhone Xに標準インストールされている「メッセージ」アプリケーションで利用できる。

自分の表情を撮影、笑ったり、怒ったりとその動きに合わせて「アニ文字」をメッセージで送信することが出来る。自分の声を「アニ文字」メッセージに添えて送ることも可能だ。絵文字は12種類。

ハイクオリティーなセルフィ―が撮れるカメラ

iPhone Xに搭載された新しいカメラは、従来より大型で高速なセンサー、新しいカラーフィルター、深みを増したピクセル、鮮明な写真やビデオをよりディテールを強調して捉えられるOISを特長としている。背面には12メガピクセルのデュアルカメラ。2トーンフラッシュを搭載、複数の照明効果フィルターでドラマティックな写真を撮影。広色域キャプチャ、自動イメージ補正、正確な露出コントロールを特長とした7メガピクセルのフロントカメラを使えば、ポートレートモードでハイクオリティーなセルフィー撮影も。また、フロント、背面どちらのカメラでも5種類の異なる照明スタイルを使用して撮影することができる。

AR(拡張現実)体験をカメラに

iPhone Xに搭載されたカメラは、AR(拡張現実)体験を実現できるようにカスタムチューンが施されている。各カメラは、新しいジャイロスコープと加速度センサーに合わせて個別に調整され、正確なモーショントラッキングが可能。A11 Bionic CPUはワールドトラッキング・シーンの認識を担当し、GPUが60fpsの目を見張るような描画を可能にする一方で、イメージシグナルプロセッサはリアルタイムで照明光推定を行う。各機能が相互に作動しながら、究極のAR体験を実現している。

バッテリー

バッテリー持続時間は、iPhone7より2時間増加。

ワイヤレス充電

iPhone 8と同じく、「Qi(チー)」規格のワイヤレス充電に対応。Apple Watch、iPhoneなどを3つ同時にチャージ出来るパッド「AirPower」も2018年に発売。

商品情報

iPhone X(アイフォーン·テン)
発売日:2017年11月3日(金)
予約開始日:2017年10月27日(金)
容量:64GB、256GB
価格:112,800円+税〜

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像1
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像2
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像3
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像4
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像5
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像6
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像7
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像8
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像9
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像10
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像11
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像12
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像13
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像14
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像15
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像16
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像17
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像18
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像19
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像20
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像21
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像22
アップルが「iPhone X(アイフォーン·テン)」を発表 - ベゼルレスディスプレイの最上位モデル 画像23

ニュースデータ

日時:2017-09-13 12:30