ホーム > ニュース > アート > 三鷹の森ジブリ美術館の企画展示「食べるを描く。」ジブリ作品の“食事シーン”の制作資料や場面の再現展示

三鷹の森ジブリ美術館の企画展示「食べるを描く。」ジブリ作品の“食事シーン”の制作資料や場面の再現展示

東京・三鷹の森ジブリ美術館にて、新企画展示「食べるを描く。」が2017年5月27日(土)より開催される。


© Studio Ghibli © Museo d'Arte Ghibli 

日常を丹念に描くスタジオジブリ作品では、印象的な“食事シーン”が数々の作品に登場している。例えば、『千と千尋の神隠し』で、千尋がハクにもらった“おにぎり”を涙を流しながら食べるシーンや、『ハウルの動く城』で、ハウルが“ベーコンエッグ”を作り、ソフィーとマルクルたちと食べるシーン、また、『天空の城ラピュタ』で、目玉焼きがのったトーストを、パズーとシータが美味しそうに食べるシーンなど…。

新企画展示「食べるを描く。」では、そんな場面の原画や絵コンテ、背景画などの制作資料を展示しつつ、食事シーンを表現するための工夫や技術、作り手の意図などが紹介される。

さらに、『となりのトトロ』のサツキとメイの家の台所と、『天空の城ラピュタ』のタイガーモス号のキッチンを、実物大で制作した展示も登場。映画の世界に実際に入ったかのような、エンターテイメント性の高いコンテンツも楽しむことができる。

なお、三鷹の森ジブリ美術館の入場は予約制となっている。混雑が予想される夏休みシーズンのチケットの先行抽選販売が、2017年5月25日(木)より受付開始されるので、夏休みに訪問予定の人はこちらもチェックしてほしい。

【詳細】
「食べるを描く。」
展示期間:2017年5月27日(土)~2018年5月(予定)
企画・監修:宮崎吾朗

■2017年夏休みチケット抽選詳細
入場時間:
開館時間は、10時から18時(火曜休館)、入場時間は1日4回。
・1回目入場 10時(10時30分までに入場)
・2回目入場 12時(12時30分までに入場)
・3回目入場 14時(14時30分までに入場)
・4回目入場 16時(16時30分までに入場)
※入場指定時間から30分後までの入場。
※入れ替え制ではないので閉館時間までゆっくり楽しめる。
申込方法:
・インターネット http://l-tike.com/ghibli/
・電話 0570-084-639 
※1申込み6枚まで。
<7月入場分>
受付期間:2017年5月25日(木)12:00~5月31日(水)23:59
当落発表:インターネット 6月9日(金)15:00~メールにて通知、電話 6月9日(金)15:00~6月12日(月)23:59までに上記電話にて確認
発券期間:6月9日(金)15:00~6月13日(火)23:00
<8月入場分>
受付期間:2017年6月25日(日)12:00~6月30日(金)23:59
当落発表:インターネット 7月9日(日)15:00~メールにて通知、電話 7月9日(日)15:00~7月12日(水)23:59までに上記電話にて確認
発券期間:7月9日(日)15:00~7月13日(木)23:00
価格:大人・大学生 1,000円、高校・中学生 700円、小学生 400円、幼児(4歳以上) 100円
※4歳未満は無料。※上記料金は、税込み。
※営利目的でのチケット転売は、いかなる場合にも禁止。
※オークション等で転売されたチケットであると判明した場合、入場は不可。

【問い合わせ先】
TEL:0570-055777
(ご案内ダイヤル/9:00~18:00/休館日の火曜日をのぞく)

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

三鷹の森ジブリ美術館の企画展示「食べるを描く。」ジブリ作品の“食事シーン”の制作資料や場面の再現展示 画像1

ニュースデータ

日時:2017-04-06 10:10