ホーム > ニュース > 映画 > ディズニー/ピクサー最新映画『リメンバー・ミー』ギターの天才少年・ミゲルが死者の国を冒険

ディズニー/ピクサー最新映画『リメンバー・ミー』ギターの天才少年・ミゲルが死者の国を冒険

ディズニー/ピクサー最新作となる映画『リメンバー・ミー』が2018年3月16日(金)に公開。

「死者の国」が舞台のミステリーアドベンチャー

物語の舞台は、まるでテーマパークのような「死者の国」。1年に1度だけ亡くなった家族たちと会えるという“死者の日”の祝祭を題材にしており、笑いと感動のミステリーアドベンチャーに仕上がっている。

『リメンバー・ミー』ストーリー

主人公は少年ミゲル&スケルトンのヘクター

『リメンバー・ミー』の主人公は音楽を禁じられた少年ミゲルと、彼が「死者の国」で出会うスケルトンのヘクター。ミゲルに抜擢されたのは12歳の新人であるアンソニー・ゴンザレス、そして彼の旅の仲間・ヘクターを担当するのはガエル・ガルシア・ベルナルだ。

音楽禁止の掟をくだされた、ギターの天才少年ミゲルの行方とは?

“死者たちの世界”を描く『リメンバー・ミー』は、ピクサー史上最もチャレンジングな作品。

主人公・ミゲルは、音楽が大好きなギターの天才少年。しかし、過去の悲しい出来事がきっかけで、「音楽に呪われている」とファミリー内では「音楽禁止」の掟が出されていた。ミゲルはギターはもちろんのこと、家で音楽を聞くことすらできない。大好きな家族か、ミュージシャンになる夢か?それに悩み続けるミゲル…。彼は、名曲「リメンバー・ミー」を遺した有名なミュージシャンで、憧れでもあるデラクルスの霊廟に飾られたギターを入手し、真似るように家族に見つからないようこっそりギターを弾く。

そんなある日、ミゲルはギターを手に、先祖が家族に会いにくるという“死者の日”に開催される音楽コンテストに出る決意をするのだが…。

そんな中、偶然、まるでテーマパークのような死者の国へ迷い込んでしまう。ユーモラスなガイコツ達が暮らす国で混乱するミゲル。そんな彼が出会ったのは、ガイコツになった先祖たちだった。そして、そこで出会ったスケルトンのへクターと一緒に、自分の家族の歴史にまつわる秘密を知っていく。生者であるミゲルは早く元の世界に戻らないと大変なことにも…。果たして彼は無事に元の世界に戻れるのか?

誰も見たことのない、そして誰もが行ってみたくなる「死者の国」で繰り広げられるピクサー史上最もエモーショナルで奇想天外なファンタジーがこの冬日本に上陸する。

ピクサー史上初!「音楽」がキーワードに

物語の重要なキーワードは音楽。タイトルにもなっているデラクルスの美しいバラード曲“リメンバー・ミー“が物語の重要なカギを握る。「音楽の力を信じる」というミゲルの言葉や、作品タイトルになっている「リメンバー・ミー」という曲など、ピクサー史上初めて音楽に重要な意味を持たせた作品となっている。

監督は『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ

『リメンバー・ミー』はアカデミー賞を受賞した名作『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ監督が手掛ける。日本でも動員740万人、興収108億の大ヒットを記録した今なお人々に愛され続ける名作を生み出した監督だけに期待が集まる。

ピクサーからのコメントも

ピクサー・アニメーション・スタジオのチーフ・クリエイティブオフィサーであるジョン・ラセターは、『リメンバー・ミー』について以下のようにコメントした。

非常に特別な映画です。家族を称え、そして同時に祖先を称える作品でもあります。日本でもとても重要なことですよね。物語の舞台こそメキシコに設定されていますが、そのテーマ性は普遍的であり、どの国でも変わらないものです。そこで思い出されるのは、みんなが集まり、祖先のことを思い出す日本の「お盆」という風習のことです。

私たちは、思い出を風化させないこと、家族の次の世代、またその次の世代へと思い出を生かし続けていくことが何より大切と考えます。本作ではまさにそのことがテーマとなっています。『リメンバー・ミー』はあなたの家族を称え祖先を称賛する、とてもエモーショナルで、日本の皆さんにとってもとても特別な作品になると思います。

“アナ雪”最新作『アナと雪の女王/家族の思い出』が同時公開

『リメンバー・ミー』と同時上映となる作品が、同作の短編ではなく『アナと雪の女王』の22分の新作『アナと雪の女王/家族の思い出』であることが発表された。ピクサー・アニメーション・スタジオと、ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオの映画が同時上映されるのは初のこと。両作品の製作総指揮であるジョン・ラセターは 「“家族”というテーマをもつこの2作を通じて、“家族の絆”と“家族の大切さ”を感じていただきたいです。」と話す。

『アナと雪の女王』は、日本での国内動員2000万人超え、洋画アニメーション史上歴代No.1を記録した、ディズニー・アニメーションの金字塔とも言える作品。『アナと雪の女王/家族の思い出』は、あれから4年の時を経て、日本中が待ちわびた最新作だ。

公開決定と同時に発表されたポスタービジュアルには、新コスチュームを着ているエルサとアナの姿も描かれている。さらには雪だるまのオラフ、トナカイのスヴェンなど人気キャラクターたちも再結集している。前作で“真実の愛”を見つけた姉妹たちが、今度はどんな物語をみせてくれるのだろうか。

作品詳細

『リメンバー・ミー』
公開日:2018年3月16日(金)
監督:リー・アンクリッチ
製作:ダーラ・K アンダーソン
原題:COCO
全米公開日:2017年11月22日(水)
©2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

『アナと雪の女王/家族の思い出』
監督:ケヴィン・ディーターズ&スティーヴ・ワーマーズ=スケルトン
製作:ロイ・コンリ 製作総指揮:ジョン・ラセター
原題:OLAF’S FROZEN ADVENTURE
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
©2017 Disney. All Rights Reserved.

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

ディズニー/ピクサー最新映画『リメンバー・ミー』ギターの天才少年・ミゲルが死者の国を冒険 画像1
ディズニー/ピクサー最新映画『リメンバー・ミー』ギターの天才少年・ミゲルが死者の国を冒険 画像2
ディズニー/ピクサー最新映画『リメンバー・ミー』ギターの天才少年・ミゲルが死者の国を冒険 画像3
ディズニー/ピクサー最新映画『リメンバー・ミー』ギターの天才少年・ミゲルが死者の国を冒険 画像4

ニュースデータ

日時:2017-10-16 11:30