ホーム > ニュース > 映画 > 映画『秘密 THE TOP SECRET』るろうに剣心の大友啓史監督作 - 生田斗真、松坂桃李ら出演

映画『秘密 THE TOP SECRET』るろうに剣心の大友啓史監督作 - 生田斗真、松坂桃李ら出演

メロディで連載された清水玲子のミステリー作品を原作とする映画『秘密 THE TOP SECRET』が、2016年8月6日(土)に公開される。『龍馬伝』や『るろうに剣心』シリーズの監督として知られる大友啓史の最新作で、主演には生田斗真を迎える。

最先端の科学技術を駆使し、死んだ人間の脳から、過去の記憶を映像化できるMRIスキャナーが発明された世界を描く本作。それを事件の捜査に導入したのが、科学警察研究所法医第九研究室、通称「第九」。宇宙ステーションなみの施設を備え、天才エリートだけが集うMRI捜査組織。室長 ・薪剛に生田斗真、新人捜査官・青木一行に岡田将生、法医第一研究室監察医・三好雪子に栗山千明、そして映画オリジナルの役として、所轄署の刑事・眞鍋駿介に大森南朋という豪華なキャスティングとなっている。

また、薪の大学時代からの親友で、薪とともに第九を立ち上げた、鈴木克洋を松坂桃李が熱演。映画のオリジナルの役で、薪のトラウマを知る精神科医・斎藤純一郎にはリリー・フランキー、そして家族を惨殺した罪で死刑囚となった露口浩一を椎名桔平が配されている。

■ストーリー
被害者の脳に残った記憶を映像化し、迷宮入りした事件を捜査する警察庁の特別機関「第九」。室長をつとめる天才・薪剛(生田斗真)のもとに新人捜査官の青木一行(岡田将生)が配属された。新人の青木は、死刑囚の脳の記憶を見て、行方不明の少女を探す捜査にとりかかる。脳内捜査を進めると、事件を根底から覆す驚愕の真犯人が現れた。さらに、事件は次々と連鎖し、決して触れてはならないとされる、日本を震撼させた貝沼事件へとつながっていく。だが、貝沼は獄中で死に、脳はすでに破壊されていた。事件解決へ残された道は、最後に貝沼の脳の記憶を見た、今は亡き薪の親友、元「第九」捜査官・鈴木(松坂桃李)の記憶を見ることだった。そこには、鈴木が自分の命と引き換えにしてまで守ろうとした、「第九最大の秘密」が待ち受けていた…。

【概要】
『秘密 THE TOP SECRET』
公開日:2016年8月6日(土)
監督:大友啓史
原作:清水玲子『秘密 THE TOP SECRET』(白泉社刊・メロディ連載)
脚本:高橋泉、大友啓史、LEE SORK JUN、KIM SUN MEE
音楽:佐藤直紀
出演:生田斗真、岡田将生、栗山千明、大森南朋、松坂桃李、リリー・フランキー、椎名桔平
(C)2016「秘密 THE TOP SECRET」製作委員会

Photo Gallery

写真をクリックすると拡大写真を見ることができます

映画『秘密 THE TOP SECRET』るろうに剣心の大友啓史監督作 - 生田斗真、松坂桃李ら出演 画像1
映画『秘密 THE TOP SECRET』るろうに剣心の大友啓史監督作 - 生田斗真、松坂桃李ら出演 画像2

ニュースデータ

日時:2016-06-18 16:40