menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ブランド

colvilleコルヴィル

ブランドのはじまり

2018年、モリー・モロイとルシンダ・チェンバースがウィメンズブランド「コルヴィル(colville)」をスタート。

コルヴィルについて

「コルヴィル」は、イタリアのウィメンズブランド。マルニ(MARNI)でデザインディレクターを務めたモリー・モロイと、UK版ヴォーグでファッション・ディレクターとして活躍したルシンダ・チェンバースによって設立された。

「コルヴィル」のコレクションは、ロマンチックで力強い女性を、個性的な色使いや意外性のあるプリントで表現。女性の体に沿うワンピースやスカート、大胆なカラーブロックのニットウェアなどは、1枚ではもちろん、レイヤードすることで色やパターンの組み合わせを楽しむことができる。

ウェアのほか、イヤリングなどのジュエリーやバッグなどの小物類、伝統的な手法を用いたインテリアアイテムも展開する。

アイテムの製造工程にもこだわっており、ラインナップの多くは上質な素材を使用しイタリアで製造。世界各国の工芸にも注目し、伝統的な技法も積極的に取り入れている。また環境問題やサステナビリティにも力を入れており、環境にやさしい素材やヴィンテージスポーツウェアなどを再利用し、アイテムに使用している。

コルヴィルのデザイナープロフィール

設立者の1人で、マルニのウィメンズのデザインディレクターを務めたモリー・モロイ(Molly Molloy)は、1996年にセント・マーチンズ・スクール・オブ・アート・アンド・デザインを卒業。学生時代にデザイン・製作していたウェアは、ロンドンのブティック「Sign of the Times」で販売されていた。マルニへは、2006年にウィメンズウェアの責任者として入社した。

ルシンダ・チェンバース(Lucinda Chambers)は、ロンドンをベースに活動するクリエイティブ・コンサルタント兼スタイリスト。1980年にグレース・コディントン(Grace Coddington)のアシスタントとしてキャリアをスタート。1992年より、イギリス版ヴォーグのファッションディレクターを務めた。

公式サイト

https://www.colvilleofficial.com/

Collections - コルヴィルのコレクション

関連用語

関連ブランド

スケジュール

“雪の女王”テーマのコンセプトルームがストリングスホテル 名古屋に、アフタヌーンティー付き
2021.10.24(日)~2022.1.14(金)
“雪の女王”テーマのコンセプトルームがストリングスホテル 名古屋に、アフタヌーンティー付き
メキシコ伝統行事「死者の日」イメージのハロウィンスイーツ&フード、ストリングスホテル 名古屋で
2021.10.24(日)~2021.10.31(日)
メキシコ伝統行事「死者の日」イメージのハロウィンスイーツ&フード、ストリングスホテル 名古屋で
SHIRO限定スキンケア第1弾「ホーリーバジル オイルインウォーター」赤いオイル配合のフェイスミスト
2021.10.24(日)
SHIRO限定スキンケア第1弾「ホーリーバジル オイルインウォーター」赤いオイル配合のフェイスミスト
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る