menu

fashionpress[ファッションプレス]

トップ   >   ブランド   >   ローレンス ジェンキン スペクタクル メーカー

Lawrence Jenkin Spectacle Makerローレンス ジェンキン スペクタクル メーカー

ブランドのはじまり

2014年ブランドスタート。

ローレンス ジェンキン スペクタクル メーカーについて

ローレンス ジェンキン スペクタクル メーカー(Lawrence Jenkin Spectacle Maker)は、イギリスの伝説的アイウェアデザイナーのローレンス・ジェンキン(Lawrence Jenkin)が手掛けるアイウェアブランド。2014年にブランドがスタートする。

ローレンス・ジェンキンは1970年代に一家が経営するアングロ アメリカン アイウェア(Anglo American Eyewear)のデザイナーだった人物。アングロ アメリカン アイウェアは当時、オリバー ゴールドスミス(OLIVER GOLDSMITH)やカトラーアンドグロス(CUTLER AND GROSS)と並ぶ、イギリスの3大クラシックアイウェアブランドの1つとして人気を博した。

1996年に、53歳にしてアイウェアデザイナーを引退する。

2014年、自身のブランドとしてローレンス ジェンキン スペクタクル メーカーをスタートする。

■デザイナープロフィール
ローレンス・ジェンキン(Lawrence Jenkin)
1882年、「Anglo American Optical」創業。
1943年、ローレンス・ジェンキンが誕生。
1948年、アーサー・ジェンキン(ローレンスの父)が「Anglo American Optical」を譲り受ける。
1970年、ローレンス・ジェンキンが「Anglo American Optical」に入社。
1984年、「CUTLER AND GROSS」の創始者のうちの1人、親友であるトニー・グロスと一緒にロンドンに小さな眼鏡店をオープン。
1985年、「Anglo American Eyewear」と社名を変更。
1996年、ローレンス・ジェンキン 引退(当時 53歳)。
1996年、「Adaptive Eyecare」 でボランティアの仕事を始める。ジョシュア・シルバー博士と一緒に簡易的に視力矯正ができる画期的な眼鏡「Adspecs」を開発。イギリス政府から援助を受け、アフリカのガーナとネパールに10年間で計3万5000個の「Adspecs」を配布。
2000年、ローレンスの弟トニー・ジェンキンが、会社を買収を機に「Anglo American Optical」に再び社名を変更。
2009年、フレームの製造の準備を始める。
2014年、「Lawrence Jenkin Spectacle Maker」コレクションをスタート。

News - ローレンス ジェンキン スペクタクル メーカーのニュース

Shop - ローレンス ジェンキン スペクタクル メーカーの取り扱いショップ・店舗

Shop Search - ローレンス ジェンキン スペクタクル メーカーの取り扱いショップ・店舗検索

ローレンス ジェンキン スペクタクル メーカー取り扱い店舗

関連ブランド

スケジュール

京阪電車・中之島駅のホーム&電車内が居酒屋に「中之島駅ホーム酒場2018」
6月21日(木)~6月23日(土)オープン
京阪電車・中之島駅のホーム&電車内が居酒屋に「中之島駅ホーム酒場2018」
「台湾フェスティバル」上野公園で開催 - 台湾式ビアガーデン出現、ライチ種飛ばし大会も
6月21日(木)~6月24日(日)開催
「台湾フェスティバル」上野公園で開催 - 台湾式ビアガーデン出現、ライチ種飛ばし大会も
チームラボ×森ビルによる“巨大デジタルアートミュージアム”、お台場パレットタウンにオープン
6月21日(木)オープン
チームラボ×森ビルによる“巨大デジタルアートミュージアム”、お台場パレットタウンにオープン
 スケジュール一覧
 その他のブランドを見る