christian roth

クリスチャン ロス

ブランドのはじまり

クリスチャン・ロスは1984年に設立されたアイウェアブランド「OPTICAL AFFAIRS」が始まり。

クリスチャン ロスについて

クリスチャン・ロスはドイツ生まれのChristian Roth(クリスチャン ロス)とフランス人のEric Domege(エリック・ドメージュ)の二人によってスタートした。

二人は1983年にニューヨークで出会うまでそれぞれ別の仕事をしていたが、一緒に革新的なアイウェアを作ることにする。

クリスチャン・ロスのアイウェアは、社会や環境などさまざまな事柄からインスピレーションを受けたものであり、また、世界中を旅して手に入れたアンティークのサングラスなどもデザインソースとしている。

クリスチャン・ロスのアイウェアの特徴は、ビッグなフォルムである個性的なデザインにある。この点は、ベルギーのアイウェアブランドのテオ(theo)とは異なった特徴である。多くの著名なミュージシャンや俳優、女優、セレブたちに愛用されていることもよく知られている。マドンナやミック・ジャガー、デヴィッド・ボウイ、レニー・クラヴィッツなどのミュージシャンから、ケイト・モスやニコール・キッドマンなどのセレブなど。

また、ファッションブランドとのコラボレーションも多い。カール ラガーフェルドクロエヘルムート ラングマーク ジェイコブス、マイケル・コース、アン ドゥムルメステールなどとコラボレーションをする。

1998年に、日本のアイウェア製造販売業の「シャルマングループ」と業務提携をする。これによって、クリスチャン・ロスのアイウェア、サングラスにチタンが多く使われるようになる。そして世界の各都市に販売されるようになる。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.christian-roth.com/

Shop - 取り扱いショップ・店舗

クリスチャン ロス取り扱い店舗

ブランド・デザイナー紹介