La cerise sur le chapeau

ラ・スリーズ・シュ・ル・シャポー

ブランドのはじまり

2007年パリにアトリエ兼ブティックをオープン。

ラ・スリーズ・シュ・ル・シャポーについて

「ラ・スリーズ・シュ・ル・シャポー(La cerise sur le chapeau)」は、フランス・パリの帽子専門店であり、そのオリジナルブランド。2007年に、オークションの鑑定員の経歴を持つデザイナーのスリーズ(Cerise)がショップ兼アトリエをパリ6区のrue cassetteにオープンする。

ショップ・ブランド名の「La cerise sur le chapeau」とは、フランス語で“帽子の上にあるサクランボ”という意味。フランスでは「ケーキの上にサクランボ」という言葉が、“いいことがあって、さらにいいことが!”という意味であり、それに由来している。

帽子のセミオーダーができることが人気の1つ。ケイト・モスやファッショニスタたちからもオーダーを受けることで知られている。

またクラシックな帽子を、鮮やかな色彩感覚でカラフルにモダナイズするのがスリーズの帽子の特徴。これはスリーズの祖父がいつも暗い色の帽子を被っているのを見て「もっとカラフルで可愛い帽子を作りたい」と思ったことがきっかけとなっている。

[ 続きを読む ]

公式サイト

URL:http://www.lacerisesurlechapeau.com/

Data - ラ・スリーズ・シュ・ル・シャポーの関連データ

用語: クラシック

ブランド・デザイナー紹介