SIMONE CAMILLE

シモン カミール

ブランドのはじまり

2009年、ロサンゼルスにてスタート。

シモン カミールについて

シモン カミールはアメリカ、ロサンゼルスを拠点とするバッグブランド。デザイナーのシモン・カミール(Simone Camille)がスタートした。

シモン・カミール(Simone Camille)は、家族が皆デザイナーという家系に育ち、彼女は幼い頃からシルク・クレープとシフォンとの微妙な差異を心得ていた。古い時代の象徴的なファッションについての知識を生かし、ハリウッドのトップスタイリストのひとりとして活躍。

クライアントはクリスティーナ・アギレラ、ニコール・リッチー、ジェニファー・ロペスなど。ニコール・リッチーのファッションライン「Winter Kate」ではブランドコンサルタントを担当している。

シモン・カミールは、19世紀のダウリー・テキスタイルから1970 年代のテア・ポーターのカフタンまでと幅広いアンティークのテキスタイルと衣類をコレクションをワードローブに集めていた。そして、これまで集めてきたヴィンテーイテキスタイルを使ってハンドバッグを制作。それ気に入ったニコールリッチーが身につけた写真がきっかけとなり世界中のファッショニスタから問い合わせが殺到、すぐに人気ブランドの地位を確立した。

こうして2009年、自身のブランド「シモン カミール(SIMONE CAMILLE)」をスタート。最初は限定版のコレクションとして立ち上がったが、ヴィンテージのテキスタイルのバッグやヴィンテージのトリムで飾られたレザーとスウェードのバッグといった、誰もが欲しがるようなハンドバッグのラインへと進化した。

ヴィンテージ・コレクションの成功により、選りすぐりの豪華なレザーで初めての「SKINS」コレクションを制作。美しい細工が施されたこのコレクションはそれぞれのバッグにヴィンテージと一点もののパーツを組み込むことによって、「シモン カミール」独特の世界観を表現している。

[ 続きを読む ]

ブランド・デザイナー紹介