menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『TAR/ター』ケイト・ブランシェット主演×トッド・フィールド監督、女性指揮者の苦悩

映画『TAR/ター』が、2023年5月12日(金)に公開される。主演はケイト・ブランシェット、監督・脚本はトッド・フィールド。

トッド・フィールド監督“16年ぶり”の最新作

『TAR/ター』場面カット|写真1

映画『TAR/ター』は、『イン・ザ・ベッドルーム』『リトル・チルドレン』でアカデミー賞にノミネートされた、トッド・フィールドによる16年ぶりの最新作。ドイツのオーケストラで首席指揮者に任命された初の女性指揮者リディア・ター(Lydia Tár)の苦悩を描くサイコスリラーだ。

トッド・フィールドによると、リディア・ターの物語は「唯⼀無⼆のアーティスト、ケイト・ブランシェットに向けて書いた」ものだという。

尚、音楽は『ジョーカー』でアカデミー賞作曲賞を受賞した気鋭のチェリストであり、作曲家のヒドゥル・グドナドッティルが務める。

ケイト・ブランシェットが主演、女性指揮者役に

『TAR/ター』場面カット|写真6

主演を務めるのは、『ナイトメア・アリー』『キャロル』のケイト・ブランシェット。ドイツのベルリン・フィルで女性として初めて首席指揮者に任命された主人公、リディア・ター役を演じる。

その他、『キングスマン』シリーズのマーク・ストロング、『燃ゆる女の肖像』のノエミ・メルラン、「ゲーム・オブ・スローンズ」のジュリアン・グローヴァーなどが脇を固める。

アカデミー賞主要6部門にノミネート

『TAR/ター』場面カット|写真10

第95回アカデミー賞では、映画『TAR/ター』が主要6部門にノミネート。作品賞をはじめ、トッド・フィールドが監督賞、脚本賞、ケイト・ブランシェットが主演女優賞にノミネートされた他、編集賞、撮影賞候補にも選出されている。

アカデミー賞前哨戦となる第80回ゴールデングローブ賞では、作品賞(ドラマ部門)、脚本賞、主演女優賞(ドラマ部門)の3部門にノミネート。そのうち、ケイト・ブランシェットが主演女優賞(ドラマ部門)受賞を果たした。尚、ケイト・ブランシェットは、本作で主演・助演あわせて10回目のゴールデングローブ賞ノミネートとなる。なお、第79回ヴェネチア国際映画祭でも、ケイト・ブランシェットが『TAR/ター』で最優秀女優賞を受賞した。

『TAR/ター』場面カット|写真8

〈映画『TAR/ター』あらすじ〉

世界最高峰のオーケストラの一つであるドイツのベルリン・フィルで、女性として初めて首席指揮者に任命されたリディア・ター。彼女は天才的な能力とそれを上回る努力、類稀なるプロデュース力で、自身を輝けるブランドとして作り上げることに成功する。今や作曲家としても、圧倒的な地位を手にしたターだったが、マーラーの交響曲第5番の演奏と録音のプレッシャーと、新曲の創作に苦しんでいた。そんな時、かつてターが指導した若手指揮者の訃報が入り、ある疑惑をかけられたター。のしかかる重圧、過剰な自尊心、仕掛けられた陰謀により、ターは追いつめられていく──。

【詳細】
映画『TAR/ター』
公開日:2023年5月12日(金)
監督・脚本:トッド・フィールド
出演:ケイト・ブランシェット、マーク・ストロング、ジュリアン・グローヴァー、ノエミ・メルラン、ニーナ・ホス、ソフィー・カウアー、アラン・コルデュナー
音楽:ヒドゥル・グドナドッティル

© 2022 FOCUS FEATURES LLC.

Photos(10枚)

『TAR/ター』場面カット|写真1 『TAR/ター』場面カット|写真2 『TAR/ター』場面カット|写真3 『TAR/ター』場面カット|写真4 『TAR/ター』場面カット|写真5 『TAR/ター』場面カット|写真6 『TAR/ター』場面カット|写真7 『TAR/ター』場面カット|写真8 『TAR/ター』場面カット|写真9 『TAR/ター』場面カット|写真10

Photos(10枚)

キーワードから探す