menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. インタビュー

岡田准一×坂口健太郎インタビュー - 映画『ヘルドッグス』は“ぶっ飛ぶ”作品、“荒波”の撮影現場とは

岡田准一主演、坂口健太郎出演の映画『ヘルドッグス』が、2022年9月16日(金)に公開される。岡田准一、坂口健太郎の2人にインタビューを実施した。

岡田准一×坂口健太郎にインタビュー

深町秋生の小説『ヘルドッグス 地獄の犬たち』をベースに、原田眞人が監督・脚本を務め実写映画化した『ヘルドッグス』。ヤクザの世界を生きる。一筋縄ではいかない強烈なキャラクター達が交差し絡み合う、危険でピュアなノンストップ・クライム・エンターテイメントだ。

岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真1

岡田准一が演じるのは、愛する人を殺されたトラウマから正義も感情も捨て、関東最大のヤクザ組織・東鞘会に潜入することとなった元警官・兼高昭吾。坂口健太郎は、ヤクザ組織内随一のサイコボーイ・室岡秀喜を演じる。組織内でバディを組む兼高と室岡は“相性98%”の狂犬コンビとなり、猛スピードで組織を上り詰めていくが、兼高は「潜入捜査」という絶対に明かすことのできないの秘密を抱えたまま――。彼らは予測不可能な展開へと巻き込まれていく。

岡田准一、そして坂口健太郎は、この劇的でクレイジーな作品『ヘルドッグス』の世界をどのように演じどのように構築していったのか?“怒涛だった”ことがうかがえる撮影現場の様子から、監督・原田眞人とのエピソード、キャラクターの個性を反映したこだわりのアクションシーンに至るまで、2人に話を聞いた。

岡田准一×坂口健太郎にインタビュー

  1. 相性98%の狂犬コンビ
  2. 原田眞人監督×岡田准一3度目のタッグ
  3. 兼高と室岡、キャラクターの個性を活かしたアクション
    1. 映画『ヘルドッグス』あらすじ
    2. 映画『ヘルドッグス』詳細

相性98%の狂犬コンビ

岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真3

潜入捜査官とヤクザの“狂犬コンビ”を主役に据えた映画『ヘルドッグス』。どのような作品に仕上がっていますか?

岡田:本当に映画が好きな方が観てくださる映画になりそうだな、と思っています。ハードボイルドでありながら茶目っ気やセクシーさ、文学的な知的さ、バイオレンスもあって、様々な要素が凝縮した潜入捜査官とヤクザ組織のストーリー。原田監督が作り上げる、現代のフィルム・ノワールだと思います。同時に、「どうやって終着していくんだろう?」という予想のつかない部分や、濃いキャラクター、熱量の高さもあり、ある意味“ぶっ飛んでいる”映画でもあります。

坂口:『ヘルドッグス』は、力業でどーんと突き抜けていくようなエネルギーに溢れた作品。クスリと笑えるところやセクシーな瞬間も要所要所にありつつ駆け抜けていく、この“ノンストップ感”を観客の皆さんにもぜひ楽しんでいただきたいです。

岡田さんは“狂犬”捜査官の兼高昭吾を、そして坂口さんは兼高とバディを組むサイコパスのヤクザ・室岡を演じています。演じたキャラクターを振り返ってみて、改めてどのような人物ですか?

岡田:大切な人を殺された報復として、兼高がその犯人たちを惨殺しにいくところからストーリーが始まりますが、“ダークヒーロー”というよりも、あまりにも純粋であるがゆえにぶっ飛んだ男だと思っています。

坂口さんが演じた室岡が“サイコパス”の設定ですが、兼高もサイコパスだと思いながら演じていました(笑)。あとはビジュアル的にも、全身にタトゥー入れてタンクトップで歩いてる男なんてこれまで演じたことがなかったので新鮮でしたね。

岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真12

坂口:室岡はヤクザ組織に属するサイコパスである一方、空っぽで寂しさ、切なさも持っている人。振り切った無慈悲な顔を持っている反面で垣間見える、室岡の純粋さが結構好きでした。

空っぽな男の子だけど、なぜか愛せてしまうようなキャラクター。演じるにあたって考えたのは、室岡の中心は一体どこにあるのか、ということです。派手さはありつつ浮きすぎない、室岡の異質感を出したかった。ただ、室岡として現場に入った時に、そんなに特別なことをやるわけではなくその場その場で反応していたら室岡が出来上がっていた感覚もあります。意外とスムーズに役に入っていくことができました。

僕にとって室岡は、これまでの坂口健太郎のイメージをがらりと変えてくれるような役だと思っていて。僕自身、いい意味でイメージを裏切っていきたい気持ちもあり、新しい気持ちで演技に臨むことができました。ただ、そもそも僕のイメージってどこから作られていったんだ?という疑問もあるのですが……(笑)。

岡田:これからはイメージとの闘いになると思うよ。売れるってそういうことだから(笑)。

原田眞人監督×岡田准一3度目のタッグ

映画『関ヶ原』より
©2017「関ヶ原」製作委員会
映画『関ヶ原』より
©2017「関ヶ原」製作委員会

岡田さんは原田監督と3度目のタッグとなります。『ヘルドッグス』を通して見えた原田監督の新たな一面はありますか。

岡田:『関ヶ原』『燃えよ剣』『ヘルドッグス』とご一緒させていただいて、この3作は原田監督の“原点を探る旅”なのだと感じていました。

原田監督の“原点を探る旅”。どのようなところからそう感じたのでしょうか?

岡田:『関ヶ原』と『燃えよ剣』は、原田監督が60代の時にご一緒した作品ですが、原田監督が若い頃にやりたいと言ってもなかなか実現できなかった大作。いわば原田監督の夢が叶った作品です。その大作2作を完成させて、70代になった原田監督の中に、若手として映画を撮っていた頃から長いキャリアを経て「どういう作品を作れるのか?」という問いがあるような気がしていて。

自分にも初期の頃とアクションができるようになった今現在があります。今の “岡田准一”という駒を掛け合わせた時にどういう作品が作れるのか?70歳になった自分を試した作品として『ヘルドッグス』が始まったのだと思っています。

それは原田監督とのやり取り、対話の中で感じたことですか?

岡田:そうですね。今回、原田監督が『バウンス ko GALS』(1997年) 『KAMIKAZE TAXI』(1995年)といった30年程前の作品や、“70代”というご自身の年齢についての話をされていたのが印象的で。昔の作品を振り返りながらも、“原点回帰”というか“あの頃の自分と戦う”ような気概を感じました。「必死に駆け抜けていたころの、若かった自分」と年を重ねた「今の自分」との闘いというか……。

“表裏一体の男達の愛憎”や“遊び心”といったテーマもそうですが、『ヘルドッグス』を通して見てみると、登場人物がみんなぶっ飛んでいるというか(笑)、ピュアすぎてひっくりかえってしまった人たちばかりなんですよ。そういうやんちゃな部分はきっと、原田監督がご自身の30代、40代の時と向き合いながら作られているような印象を受けたんですよね。原田監督が描きたい、ぶっ飛んだ世界をどう僕たちが作っていけるのか、ということは今回楽しみにしていたポイントでした。

僕は原田監督の“一番の理解者”でありたいと思いながら現場に入りました。監督の実現されたいことに対してどう自分がサポートしていけるのかを模索していたのですが、やはり原田監督の考えを全部理解しようとしてもわからないことも多い。最終的には監督が作り出したいと思ったセッションにとにかく乗るしかないな、と思っていました。

岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真4

そんな原田監督からの演出で印象的だったことはありますか?

岡田:原田監督は、「エネルギーを撮りたいんだ!!」という“荒波”のような監督なんですよね(笑)。だから撮影しながら“荒波”にどう2人で乗っていくのか、どう楽しんで波を捕まえていくのかが重要でした。

原田監督は“荒波”!

岡田:回転の速いトルネードみたいなところがあるんですよ!たとえば、僕が『ヘルドッグス』の台本をいただいた次の日に原田監督とアクションの打ち合わせをした時も、僕がすでに台本を何回も読み込んできている前提で説明してくださるんですよね(笑)。

監督の中ではもう出来上がっているので、「ちょっと蛇っぽくしたい」とか「あの子を鍛えておいて」とか次々とお話をされるんですけど、僕は内心戸惑いつつ「はい」って答えて(笑)。原田監督の頭の回転の速さや“自分の思いを伝えたい”という勢いって、わからなくても対応していかないと、もう置いていかれてしまうんです。

坂口:撮影期間はすさまじい熱量の毎日でした。本当にエネルギッシュで回転が早くて、原田監督の波に乗っていたら勝手に“室岡”ができていった。むしろ、たとえば事前に室岡というキャラクターを綿密に作り込んでから撮影、という流れだったら現場で重荷になっていたかもしれないですし、“深く考えたら負け”だな、と感じる部分もありました。怒涛の現場をくぐり抜けるように撮影を進められたのは良かったと思います。

岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真5

岡田:回転の早さはこの『ヘルドッグス』の中にも表れていると思いますよ。“こうだ”と思ったら裏切られる映画だから。ポスターを見て『孤狼の血』みたいな感じだと思ったら全然違うでしょう(笑)?まっとうな映画だと思って観にきたらぶっ飛ぶような作品になっています。原田監督は一見“こうっぽい”みたいなものを変えられていく、そんな勢いと茶目っ気がありますね。

坂口:たしかにそんな感じがします。その時々で、監督の琴線に一番触れるものをチョイスされる方だなって。頭の切り替えが本当に早いですよね。

岡田:早い。原田監督が「俺、言ったよね!?」っておっしゃったのですが、まだ誰も聞いていない時とかがあって、「言ってないです(笑)!」って。そういうスピード感の方なんです。

Photos(12枚)

岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真1 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真2 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真3 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真4 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真5 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真6 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真7 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真8 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真9 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真10 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真11 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真12

Photos(12枚)

岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真1 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真2 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真3 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真4 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真5 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真6 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真7 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真8 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真9 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真10 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真11 岡田准一, 坂口健太郎 インタビュー|写真12

キーワードから探す