menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. トピック

映画『ヘルドッグス』岡田准一が“狂犬”潜入捜査官に、原田眞人監督が人気小説を実写化

深町秋生の小説を実写化する映画『ヘルドッグス』が、2022年9月16日(金)に公開される。主演は岡田准一、監督は原田眞人。

原田眞人監督が人気小説を実写映画化

『ヘルドッグス』場面カット|写真1

映画『ヘルドッグス』は、デビュー作『果てしなき渇き』で2004年・第3回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞した深町秋生による小説『ヘルドッグス 地獄の犬たち』を実写映画化するもの。潜入捜査官の葛藤を描き、“警察小説を超えた問題作”として話題になった小説を、『関ヶ原』『検察側の罪人』『燃えよ剣』などのヒット作を生み出した原田眞人の監督・脚本で実写映画化する。

岡田准一が“狂犬”潜入捜査官に&坂口健太郎とコンビに

主演は、『関ヶ原』『燃えよ剣』に続き、原田眞人監督と3作品目のタッグとなる岡田准一。正義も感情も捨て、腕っぷし一つでヤクザ組織に潜入しのし上がる元警官・兼高昭吾を演じる。

■主人公・兼高昭吾(かねたかしょうご)...岡田准一

ヤクザ組織に潜入し、のし上がる元警官。「愛する人が殺される事件を止められなかった」というトラウマを抱え、闇に落ち、正義も感情も捨て復讐することにのみ生きていた男。その闇と狂犬っぷりに目をつけた警察組織から、ヤクザ組織への潜入という危険なミッションを強要される。

■室岡秀喜(むろおかひでき)...坂口健太郎

兼高が潜入を強いられるヤクザ組織の一員。死刑囚の息子という境遇ゆえに心の奥底に深い闇を抱え、組織内でも誰も手が付けられない制御不能な存在。満腹中枢が壊れており、常に空腹で何かを食べている。感情を抑えられないサイコパスな室岡だが、警察のデータ分析によると、兼高との相性がなんと<98%>。警察は、兼高に室岡に喧嘩を売り、それをきっかけに組織へ潜入するよう指示を出す。もちろん、二人の相性は抜群で、二人は最強の“狂犬コンビ”として猛スピードで組織を上り詰め、なくてはならない存在となっていく。

『ヘルドッグス』場面カット|写真3

■吉佐恵美裏(きさえみり)...松岡茉優

兼高と室岡が所属する東鞘会・神津組のボスの愛人で、刺激大好きで挑発的なグリーンヘアの女。

■土岐勉(ときつとむ)...北村一輝

兼高と室岡のボスで、東鞘会最高幹部である「東鞘会三羽烏」の一人、任侠100%の人情組長。

『ヘルドッグス』場面カット|写真2

■衣笠典子(きぬがさのりこ)...大竹しのぶ

東鞘会へ恨みを抱え、マッサージ師として組織内部にも入り込む、潜入捜査員の連絡係。

『ヘルドッグス』場面カット|写真6

■十朱義孝(とあけよしたか)...MIYAVI

東鞘会・七代目会長。ヤクザ社会では異例の人事で会長の座に就任し、組織をアジアで勢力を伸ばすにまで成長させたインテリヤクザで、新時代を引っ張る若きカリスマ。組織をのし上がっていく兼高が、室岡と共に護衛を務める事となる。頭が切れ、語学堪能、趣味は美術鑑賞、そして端正な顔立ちで耳にはピアス、さらに洒落たスーツに身を包みビジネスマンのような規則正しい生活を送っている。反面、華奢に見えて高い戦闘能力と、凶暴性も持ち得ている。

岡田准一が振り付け“ハードなアクション”にも注目

『ヘルドッグス』場面カット|写真4

裏社会をドラマティックに描く映画『ヘルドッグス』は、ハードなアクションシーンも見どころ。岡田准一が、アクションシーンの技闘デザイン(アクション振り付け)を担当した。クランクイン前から原田眞人監督と綿密な打ち合わせを行い、劇中のキャラクターの個性にあったリアルかつ創作的なアクションを振り付けている。

【詳細】
映画『ヘルドッグス』
公開日:2022年9月16日(金)
出演:岡田准一、坂口健太郎、松岡茉優、MIYAVI、北村一輝、大竹しのぶ
監督:原田眞人
脚本:原田眞人
原作:深町秋生「ヘルドッグス 地獄の犬たち」(角川文庫/KADOKAWA刊)
配給:東映/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
※PG12

©2022 「ヘルドッグス」製作委員会

Photos(6枚)

『ヘルドッグス』場面カット|写真1 『ヘルドッグス』場面カット|写真2 『ヘルドッグス』場面カット|写真3 『ヘルドッグス』場面カット|写真4 『ヘルドッグス』場面カット|写真5 『ヘルドッグス』場面カット|写真6

Photos(6枚)

キーワードから探す