menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. ライフスタイル・カルチャー   /  
  4. イベント

相葉雅紀主演舞台『ようこそ、ミナト先生』“再生”テーマの心温まる物語、東京&大阪で上演

相葉雅紀主演舞台『ようこそ、ミナト先生』が2022年6月4日(土)から19日(日)まで東京・新国立劇場 中劇場で、6月29日(水)から7月3日(日)まで大阪・梅田芸術劇場メインホールで上演される。脚本は金子ありさ、演出は宮田慶子が担当する。チケット発売日は2022年5月15日(日)。

相葉雅紀が“12年ぶり”に舞台出演

相葉雅紀主演舞台『ようこそ、ミナト先生』“再生”テーマの心温まる物語、東京&大阪で上演|写真1

舞台『ようこそ、ミナト先生』は、嵐の活動休止以来、ドラマ『和田家の男たち』での主演や、様々なバラエティ番組のMCなどテレビを中心に活躍している相葉雅紀が“12年ぶり”に舞台出演を果たす作品。非常勤教師として働く主人公・湊孝成役を演じ、町や人生の“再生”をテーマにした心温まる物語を届ける。

<相葉雅紀コメント>
12年振りに舞台をやらせて頂くことになりました。そして、12年前にもお世話になった演出の宮田慶子さん、脚本の金子ありささんと再びご一緒できること、大変光栄に思っております。皆様に楽しんで貰えるよう、全身全霊をかけて向き合っていきます。楽しみに待っていただけたら嬉しいです。

秋元才加・忍成修吾・濱田龍臣も出演

また、相葉雅紀演じる湊をとりまく町の住人たちには、個性豊かなキャストを起用。診療所の医師・高梨由佳子役は秋元才加、日永小・中学校の校長・及川太一役は忍成修吾、町で生まれ育った青年・野村伊吹役は濱田龍臣が担当。さらに、校長の妻・及川美樹役は須藤理彩、喫茶店の自称看板娘・難波さつき役は青木さやか、日永町の町長・本田太一役は中山祐一朗、町はずれに住む老人・植村久志役は松平健が演じる。

脚本・金子ありさ×演出・宮田慶子

脚本を務めるのは、『恋はつづくよどこまでも』、『着飾る恋には理由があって』など数々のヒットドラマを生み出してきた金子ありさ。演出は、青年座公演のほか、翻訳劇・古典・ミュージカルやオペラなど多種多様な作品を手掛けてきた日本の演劇界を代表する演出家・宮田慶子が務める。

金子ありさ・宮田慶子・相葉雅紀がタッグを組むのは、12年前の2010年に上演された舞台『君と見る千の夢』ぶりとなる。

舞台『ようこそ、ミナト先生』ストーリー

甲信越地方の山あいにある町、日永町。一年前、この地を観光で訪れ、非常勤の音楽教師として働くことになった湊孝成。人当たりがよく誰にも親身な彼は“ミナト先生”と慕われ、地元組からも移住組からも頼りにされるように。住民の間では ミナトがずっと町にいてくれるよう、診療所の医師・高梨由佳子とくっつける計画が持ち上がるほど。

だが一人暮らしの偏屈者、植村久志だけは心を開こうとしない。そしてミナトはある秘密を抱えていた。そんなある日、ひょんなことから日永町の動画がネットで拡散。町が世間から注目を集めると事態は大きく動き出す――。

公演概要

舞台『ようこそ、ミナト先生』
脚本:金子ありさ
演出:宮田慶子
出演:相葉雅紀、秋元才加、忍成修吾、濱田龍臣、須藤理彩、青木さやか、中山祐一朗、横堀悦夫、森田甘路、大沼百合子、田中利花、天野はな、野口俊丞、吉村卓也、谷花音、松平健
チケット発売日:2022年5月15日(日)10:00~
チケット取扱い:チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス

■東京公演
上演期間:2022年6月4日(土)~19日(日)
会場:新国立劇場 中劇場
住所:東京都渋谷区本町1-1-1
チケット料金:12,000円(全席指定)
※未就学児童入場不可 ※営利目的の転売禁止

■大阪公演
上演期間:2022年6月29日(水)~7月3日(日)
会場:梅田芸術劇場メインホール
住所:大阪府大阪市北区茶屋町19-1
チケット料金:S席 12,000円 A席 9,500円(全席指定)
※未就学児童入場不可 ※営利目的の転売禁止

【問い合わせ先】
<東京公演>東京グローブ座
TEL:03-3366-4065
<大阪公演>キョードーインフォメーション
TEL:0570-200-888(11:00~16:00 ※日祝休業)

Photos(1枚)

相葉雅紀主演舞台『ようこそ、ミナト先生』“再生”テーマの心温まる物語、東京&大阪で上演|写真1

Photos(1枚)

相葉雅紀主演舞台『ようこそ、ミナト先生』“再生”テーマの心温まる物語、東京&大阪で上演|写真1

キーワードから探す

関連ショップ・スポット