menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

展覧会「都市と私のあいだ」寺田倉庫・ワットミュージアムで - 畠山直哉ら写真家が捉える“都市”の姿

東京・天王洲の寺田倉庫が運営する現代アートのコレクターズミュージアム「ワットミュージアム(WHAT MUSEUM)」では、大林コレクション展「都市と私のあいだ」を、2021年9月25日(土)から2022年2月13日(日)まで開催する。

都市とアーティストの「あいだ」に立ち現れるイメージ

大島成己《Reflections-0106》 © 2021 Naruki Oshima  / photo courtesy of Gallery Nomart
大島成己《Reflections-0106》 © 2021 Naruki Oshima / photo courtesy of Gallery Nomart

「都市と私のあいだ」展は、国際芸術祭「あいち2022」の組織委員会会長を務める大林剛郎のコレクションから、9名のアーティストがそれぞれの視点で“都市”を捉えた写真作品を中心に15点を紹介する展覧会だ。

畠山直哉《untitled/Osaka 1998》 © Naoya Hatakeyama
畠山直哉《untitled/Osaka 1998》 © Naoya Hatakeyama

本展で着目するのは、都市基盤や建築、インテリア、模型など、都市と人びとの“あいだ”に存在し、都市を織りなす要素。たとえば畠山直哉の「untitled / Osaka」シリーズでは、時間とともに姿を変える都市の変遷が、1.8mにおよぶスケールで捉えられている。また、トーマス・デマンドの「Museum H 64」は、妹島和世のアトリエで日々生みだされている建築模型を被写体とした。

野口里佳《創造の記録 #7》1993-96 ©︎ Noguchi Rika
野口里佳《創造の記録 #7》1993-96 ©︎ Noguchi Rika

さらに会場では、野口里佳トーマス・ルフアンドレアス・グルスキーの初期作品も展示。本展の展示作品からは、実在する都市とアーティストの「あいだ」に存在し、カメラを通して立ち現れるもうひとつの“都市のイメージ”を目にすることができるだろう。

なお、本展は、同じく大林コレクションを紹介する「安藤忠雄 描く」および「Self-History」と同時開催される。

展覧会概要

大林コレクション展「都市と私のあいだ」
会期:2021年9月25日(土)〜2022年2月13日(日)
会場:ワットミュージアム 1階 Space1
住所:東京都品川区東品川2-6-10 寺田倉庫G号
開館時間:11:00~18:00(最終入場は17:00)
休館日:月曜日(祝日の場合、翌火曜休館)、年末年始休館予定
入場料:一般 1200円、大学生・専門学校生 700円、中高校生 500円、小学生以下 無料
※同時開催の「安藤忠雄 描く」、「Self-History」の観覧料含む
※チケットは9月1日(水)より発売開始(詳細は公式サイトを確認のこと)

■出展作家 ・建築事務所
大島成己、アンドレアス・グルスキー、トーマス・シュトゥルート、妹島和世建築設計事務所(建築模型)、トーマス・デマンド、野口里佳、畠山直哉、宮本隆司、ルイザ・ランブリ、トーマス・ルフ

Photos(3枚)

展覧会「都市と私のあいだ」寺田倉庫・ワットミュージアムで - 畠山直哉ら写真家が捉える“都市”の姿|写真1 展覧会「都市と私のあいだ」寺田倉庫・ワットミュージアムで - 畠山直哉ら写真家が捉える“都市”の姿|写真2 展覧会「都市と私のあいだ」寺田倉庫・ワットミュージアムで - 畠山直哉ら写真家が捉える“都市”の姿|写真3

Photos(3枚)

展覧会「都市と私のあいだ」寺田倉庫・ワットミュージアムで - 畠山直哉ら写真家が捉える“都市”の姿|写真1 展覧会「都市と私のあいだ」寺田倉庫・ワットミュージアムで - 畠山直哉ら写真家が捉える“都市”の姿|写真2 展覧会「都市と私のあいだ」寺田倉庫・ワットミュージアムで - 畠山直哉ら写真家が捉える“都市”の姿|写真3

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

「ムーミン コミックス展」東京・名古屋・横浜ほか全国で、トーベ・ヤンソンのマンガ原画など約280点
2021.9.11(土)~2021.11.14(日)
「ムーミン コミックス展」東京・名古屋・横浜ほか全国で、トーベ・ヤンソンのマンガ原画など約280点
タイガー立石の大規模個展、香川・埼玉で - ポップ・アート絵画やナンセンス漫画原画など200点超
2021.9.18(土)~2021.11.3(水)
タイガー立石の大規模個展、香川・埼玉で - ポップ・アート絵画やナンセンス漫画原画など200点超
佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示
2021.11.13(土)~2022.1.30(日) 開催予定
佐藤雅晴の大規模回顧展が水戸芸術館で、現実と非現実が交錯する“実写×アニメーション”映像などを展示
展覧会「コレクター福富太郎の眼」新潟・大阪などで、“昭和のキャバレー王”が蒐集した近代日本画・洋画
2021.9.18(土)~2021.11.7(日)
展覧会「コレクター福富太郎の眼」新潟・大阪などで、“昭和のキャバレー王”が蒐集した近代日本画・洋画
「ユージーン・スタジオ」国内美術館初の個展、東京都現代美術館で - “未来”を探る絵画や彫刻など
2021.11.20(土)~2022.2.23(水) 開催予定
「ユージーン・スタジオ」国内美術館初の個展、東京都現代美術館で - “未来”を探る絵画や彫刻など

スケジュール

「民藝の100年」東京国立近代美術館で - “日常の美”が潜む道具類など展示、「編集」手法にも着目
2021.10.26(火)~2022.2.13(日)
「民藝の100年」東京国立近代美術館で - “日常の美”が潜む道具類など展示、「編集」手法にも着目
企画展「上田薫とリアルな絵画」茨城県近代美術館で - 上田薫と現代の作家による“リアル”な絵画を紹介
2021.10.26(火)~2021.12.12(日)
企画展「上田薫とリアルな絵画」茨城県近代美術館で - 上田薫と現代の作家による“リアル”な絵画を紹介
特別展「柳宗悦と民藝運動の作家たち」豊田市民芸館で - 民藝運動を推進した作家の作品と軌跡を紹介
2021.10.26(火)~2022.1.30(日)
特別展「柳宗悦と民藝運動の作家たち」豊田市民芸館で - 民藝運動を推進した作家の作品と軌跡を紹介
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
2021.10.29(金)~2022.1.23(日)
特別展「虫めづる日本の美」京都・細見美術館で、養老孟司が選ぶ“虫”の絵画・工芸品約60点
“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
2021.10.29(金)~2022.2.27(日)
“日本の四季と俳句”テーマの展覧会、ヤマザキマザック美術館で - ガラスや陶芸など日本の現代工芸
 スケジュール一覧