menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「スイス プチ・パレ美術館展」滋賀・佐川美術館で、印象派からエコール・ド・パリまで油彩画65点

特別企画展「スイス プチ・パレ美術館展―珠玉のフランス近代絵画―」が、滋賀の佐川美術館にて、2021年9月14日(火)から11月7日(日)まで開催される。なお、鹿児島市立美術館では9月5日(日)まで開催される予定であったが、8月19日(木)をもって終了。

フランス近代絵画の充実したコレクション

オーギュスト・ルノワール《詩人アリス・ヴァリエール=メルツバッハの肖像》1913年、油彩・カンヴァス
ASSOCIATION DES AMIS DU PETIT PALAIS, GENEVE
オーギュスト・ルノワール《詩人アリス・ヴァリエール=メルツバッハの肖像》1913年、油彩・カンヴァス
ASSOCIATION DES AMIS DU PETIT PALAIS, GENEVE

スイス・ジュネーブに1968年に開館したプチ・パレ美術館は、19世紀後半から20世紀前半にかけて芸術の都・パリを中心に制作された、フランス近代絵画を主としたコレクションを所蔵する美術館。1998年以降は休館しているものの、充実した所蔵コレクションから、国外の大規模美術展に継続的に出品協力を行っている。

日本では30年ぶり、鹿児島では初となるコレクション展

アンリ・マンギャン《ヴィルフランシュの道》1913年、油彩・カンヴァス
ASSOCIATION DES AMIS DU PETIT PALAIS, GENEVE
アンリ・マンギャン《ヴィルフランシュの道》1913年、油彩・カンヴァス
ASSOCIATION DES AMIS DU PETIT PALAIS, GENEVE

「スイス プチ・パレ美術館展―珠玉のフランス近代絵画―」は、プチ・パレ美術館の主要コレクションが来日する、日本では30年ぶり、鹿児島では初となる本格的なコレクション展だ。

モーリス・ユトリロ《ノートル=ダム》1917年、油彩・カンヴァス
ASSOCIATION DES AMIS DU PETIT PALAIS, GENEVE
モーリス・ユトリロ《ノートル=ダム》1917年、油彩・カンヴァス
ASSOCIATION DES AMIS DU PETIT PALAIS, GENEVE

印象派のルノワールからナビ派のモーリス・ドニ、フォーヴィスムのヴラマンク、キュビスムのアンドレ・ロート、エコール・ド・パリのユトリロ、スタンラン、藤田嗣治まで、38作家による油彩画65点が一堂に集結する。

ギュスターヴ・カイユボット《子どものモーリス・ユゴーの肖像》1885年、油彩・カンヴァス
ASSOCIATION DES AMIS DU PETIT PALAIS, GENEVE
ギュスターヴ・カイユボット《子どものモーリス・ユゴーの肖像》1885年、油彩・カンヴァス
ASSOCIATION DES AMIS DU PETIT PALAIS, GENEVE

19世紀後半に“光の描写”に挑んだ印象派が現れて以来、フランスでは画家たちによって次々と革新的な絵画が生み出されてきた。「プチ・パレ美術館」では、時代を象徴する巨匠の作品のみならず、その他多数の優れた周辺作家の作品も所蔵。実験的な精神に満ちた画家たちによる多彩な作品を通して、時代の活況を見て取ることができる。

モイズ・キスリング《赤毛の女》1929年
ASSOCIATION DES AMIS DU PETIT PALAIS, GENEVE
モイズ・キスリング《赤毛の女》1929年
ASSOCIATION DES AMIS DU PETIT PALAIS, GENEVE

印象派からナビ派/ポン=タヴァン派、新印象派、フォーヴィスム、キュビスム、そしてポスト印象派やエコール・ド・パリに至るまで、フランス近代絵画の全体像とダイナミックな時代の潮流を体感できそうだ。

【詳細】
特別企画展「スイス プチ・パレ美術館展―珠玉のフランス近代絵画―」
会期:2021年9月14日(火)~11月7日(日)
場所:佐川美術館
住所:滋賀県守山市水保町北川2891
開館時間:9:30~17:00 ※最終入館は16:30まで。
休館日:月曜日(9月20日は開館)、9月21日
入館料:一般 1,200円、高大生 800円(要学生証提示)、中学生無料 ※ただし保護者の同伴が必要。
※専門学校・専修学校は大学に準じる。
※障害者手帳の持参者(手帳の提示が必要)、付添者(1名のみ)は無料。

■終了した会場
・鹿児島市立美術館
会期:2021年7月23日(金・祝)~8月19日(木)
※当初は9月5日(日)までの会期を予定していたものの変更(チケットの払い戻しについては、後日美術館ホームページにて案内)
住所:鹿児島県鹿児島市城山町4-36
問い合わせ先TEL:099-224-3400

Photos(11枚)

「スイス プチ・パレ美術館展」滋賀・佐川美術館で、印象派からエコール・ド・パリまで油彩画65点|写真1 「スイス プチ・パレ美術館展」滋賀・佐川美術館で、印象派からエコール・ド・パリまで油彩画65点|写真2 「スイス プチ・パレ美術館展」滋賀・佐川美術館で、印象派からエコール・ド・パリまで油彩画65点|写真3 「スイス プチ・パレ美術館展」滋賀・佐川美術館で、印象派からエコール・ド・パリまで油彩画65点|写真4 「スイス プチ・パレ美術館展」滋賀・佐川美術館で、印象派からエコール・ド・パリまで油彩画65点|写真5 「スイス プチ・パレ美術館展」滋賀・佐川美術館で、印象派からエコール・ド・パリまで油彩画65点|写真6 「スイス プチ・パレ美術館展」滋賀・佐川美術館で、印象派からエコール・ド・パリまで油彩画65点|写真7 「スイス プチ・パレ美術館展」滋賀・佐川美術館で、印象派からエコール・ド・パリまで油彩画65点|写真8 「スイス プチ・パレ美術館展」滋賀・佐川美術館で、印象派からエコール・ド・パリまで油彩画65点|写真9 「スイス プチ・パレ美術館展」滋賀・佐川美術館で、印象派からエコール・ド・パリまで油彩画65点|写真10 「スイス プチ・パレ美術館展」滋賀・佐川美術館で、印象派からエコール・ド・パリまで油彩画65点|写真11

Photos(11枚)

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

関西の美術館&博物館情報〈大阪・京都・兵庫ほか〉展覧会の開催スケジュール
関西の美術館&博物館情報〈大阪・京都・兵庫ほか〉展覧会の開催スケジュール
東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡ほかの美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
東海のおすすめ展覧会情報2021〈愛知・静岡ほかの美術館〉会期など開催スケジュール&展示アート作品
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
関東のおすすめ展覧会2021〈東京・神奈川・千葉ほか〉美術館での開催スケジュール&展示アート作品情報
洋画の展覧会2021〈東京ほか全国〉美術館での開催情報&岸田劉生など展示作品も
洋画の展覧会2021〈東京ほか全国〉美術館での開催情報&岸田劉生など展示作品も
2021年にオープンする美術館 - 施設情報を紹介、展覧会の開催スケジュールも
2021年にオープンする美術館 - 施設情報を紹介、展覧会の開催スケジュールも

スケジュール

「こわいな!恐怖の美術館」展が熊本市現代美術館で、“恐怖や不安”と向き合うアートや“お化け屋敷”体験
2021.9.25(土)~2021.12.5(日)
「こわいな!恐怖の美術館」展が熊本市現代美術館で、“恐怖や不安”と向き合うアートや“お化け屋敷”体験
展覧会「都市と私のあいだ」寺田倉庫・ワットミュージアムで - 畠山直哉ら写真家が捉える“都市”の姿
2021.9.25(土)~2022.2.13(日)
展覧会「都市と私のあいだ」寺田倉庫・ワットミュージアムで - 畠山直哉ら写真家が捉える“都市”の姿
企画展「版画の見かた」町田市立国際版画美術館で、技法・表現・歴史に着目して“版画鑑賞のポイント”を紹介
2021.9.25(土)~2021.12.5(日)
企画展「版画の見かた」町田市立国際版画美術館で、技法・表現・歴史に着目して“版画鑑賞のポイント”を紹介
京都市京セラ美術館初の大規模建築展「モダン建築の京都」- 古都に息づく明治〜昭和の名建築を紹介
2021.9.25(土)~2021.12.26(日)
京都市京セラ美術館初の大規模建築展「モダン建築の京都」- 古都に息づく明治〜昭和の名建築を紹介
安藤忠雄の平面作品に着目した展覧会、寺田倉庫・ワットミュージアムで - 初期建築作品のスケッチなど
2021.9.25(土)~2022.2.13(日)
安藤忠雄の平面作品に着目した展覧会、寺田倉庫・ワットミュージアムで - 初期建築作品のスケッチなど
 スケジュール一覧