menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. アート   /  
  4. イベント

「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介

展覧会「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」が、東京のパナソニック汐留美術館にて、2021年7月3日(土)から9月20日(月)まで開催。その後、11月6日(土)から12月19日(日)まで、福島のいわき市立美術館に巡回する。

建築家エリエル・サーリネン、フィンランド時代の活動を紹介

ポホヨラ保険会社ビルディングの中央らせん階段
Photo ©Museum of Finnish Architecture/ Karina Kurz, 2008
ポホヨラ保険会社ビルディングの中央らせん階段
Photo ©Museum of Finnish Architecture/ Karina Kurz, 2008

エリエル・サーリネンは、フィンランドのモダニズムの原点を築いたことで知られる建築家だ。1900年パリ万国博覧会フィンランド館の建築で好評を博してデビューを果たし、アール・ヌーヴォーの影響を漂わせながらも民族の文化的ルーツを表現した「ナショナル・ロマンティシズム」の建築を数多く設計。1923年に渡米してからは、同じく建築家となった息子のエーロ・サーリネンとともに活動した。

エリエル・サーリネン《スール゠メリヨキ邸、広間の透視図》1902年 フィンランド建築博物館
エリエル・サーリネン《スール゠メリヨキ邸、広間の透視図》1902年 フィンランド建築博物館

展覧会「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」では、渡米までのフィンランド時代に焦点を合わせて、図面、写真、家具や生活のデザインといった作品資料を展示。多彩な文化を受容しつつ民族のルーツを追求した初期のスタイルから、フィンランドの自然や風土に根ざした独自のモダニズムまで、エリエル・サーリネンのデザインの仕事を多角的に紹介する。

フィンランド館や初期の大作を紹介

1900年パリ万国博覧会フィンランド館 ラハティ市立博物館
1900年パリ万国博覧会フィンランド館 ラハティ市立博物館

1900年パリ万国博覧会で、サーリネンは共同設計事務所の仲間ゲセリウスとリンドグレンとともに、中世の教会のような外観のフィンランド館を設計し、一躍注目を浴びた。第1章では、このフィンランド館のCGと新規制作模型に加えて、民族叙事詩『カレワラ』に着想を得たポホヨラ保険会社ビルディングや、ナショナル・ロマンティシズムの代表的作品であるフィンランド国立博物館といった初期の大作も紹介する。

ヴィトレスクでの共同制作

ヴィトレスクのサーリネン邸のダイニングルーム
Photo: Ilari Järvinen/Finnish Heritage Agency, 2012
ヴィトレスクのサーリネン邸のダイニングルーム
Photo: Ilari Järvinen/Finnish Heritage Agency, 2012

1902年、サーリネンら3人は、ヘルシンキ西方の湖畔に設計事務所兼共同生活の場としてヴィトレスクを作った。ヴィトレスクは自然のなかの暮らしという理想を体現するのみならず、建築と暮らしのデザインが一体となった作品でもあった。第2章では、メインルームや寝室で用いられていたサーリネンのデザインによる家具を展示するとともに、ダイニングルームの空間も再現する。

住居建築や大規模な公共プロジェクト

夜のヘルシンキ中央駅玄関、エーミル・ヴィークストロムによる彫像《ランタンを持つ人》
Photo ©Museum of Finnish Architecture/ Foto Roos
夜のヘルシンキ中央駅玄関、エーミル・ヴィークストロムによる彫像《ランタンを持つ人》
Photo ©Museum of Finnish Architecture/ Foto Roos

サーリネンは20世紀前半の近代化の流れと手を携えつつ、住宅や商業施設、公共建築、そして都市のデザインへと活動の幅を広げていった。住居建築に着目する第3章では、ウーロフスボリ集合住宅・商業ビルディングや個人の邸宅を、暮らしを彩る家具とともに紹介。一方で第4章では、民族性と公共性が融合するヘルシンキ中央駅の駅舎や、国会議事堂計画案といった国家プロジェクトも紹介する。

渡米後のサーリネン

エリエル・サーリネン《シカゴ・トリビューン本社ビル国際設計競技応募案 透視図》1922年 フィンランド建築博物館
エリエル・サーリネン《シカゴ・トリビューン本社ビル国際設計競技応募案 透視図》1922年 フィンランド建築博物館

1922年、シカゴ・トリビューン本社ビルの国際設計競技で、サーリネンは2等を獲得。翌年にアメリカに渡り、モダニズムの潮流の中で新たなデザインを模索した。その後、自ら設計した美術学校で教鞭を執るほか、 息子エーロとともに設立した建築事務所で設計にも励んだ。本展のエピローグでは、サーリネン渡米後の作品を紹介するとともに、アメリカを代表する建築家のひとりとなるエーロ・サーリネンが手がけた家具も展示する。

展覧会概要

展覧会「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」
会期:2021年7月3日(土)~9月20日(月)
会場:パナソニック汐留美術館
住所:東京都港区東新橋1-5-1 パナソニック 東京汐留ビル 4階
開館時間:10:00〜18:00(入館は17:30まで)
※8月6日(金)、9月3日(金)は夜間開館のため20:00まで(入館は19:30まで)
休館日:水曜日、8月10日(火)~13日(金)
入館料:一般 800円、65歳以上 700円、大学生 600円、中・高校生 400円、小学生以下 無料
※障がい者手帳の提示者および付添者1名までは無料
※予約サイトより来館日時指定予約が可能(詳細は美術館ホームページを確認)

■巡回情報
・いわき市立美術館
会期:2021年11月6日(土)〜12月19日(日)
住所:福島県いわき市平字堂根町4-4

※画像写真の無断転載を禁ずる。

【問い合わせ先】
パナソニック汐留美術館
TEL:050-5541-8600 (NTTハローダイヤル)

Photos(11枚)

「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真1 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真2 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真3 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真4 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真5 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真6 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真7 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真8 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真9 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真10 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真11

Photos(11枚)

「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真1 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真2 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真3 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真4 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真5 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真6 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真7 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真8 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真9 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真10 「サーリネンとフィンランドの美しい建築展」パナソニック汐留美術館で - 建築や家具などを多角的に紹介|写真11

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

関連用語

ピックアップ

東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
東京都内の美術館・博物館情報 - 展覧会スケジュールも
展覧会「バンクシーって誰?展」東京・大阪ほかで、世界各地のストリートアート再現&コレクター秘蔵作品も
2021.8.21(土)~2021.12.5(日)
展覧会「バンクシーって誰?展」東京・大阪ほかで、世界各地のストリートアート再現&コレクター秘蔵作品も
東京都内人気アフタヌーンティー&スイーツビュッフェ[高級ホテル編]おすすめイベント情報カレンダー
東京都内人気アフタヌーンティー&スイーツビュッフェ[高級ホテル編]おすすめイベント情報カレンダー
池内晶子の個展が府中市美術館で - 絹糸をつないでつくる、しなやかで繊細な空間
2021.12.18(土)~2022.2.27(日) 開催予定
池内晶子の個展が府中市美術館で - 絹糸をつないでつくる、しなやかで繊細な空間
「めぐるアール・ヌーヴォー展」国立工芸館で - 異文化間の“還流”に着目、ミュシャや杉浦非水など展示
2021.12.25(土)~2022.3.21(月) 開催予定
「めぐるアール・ヌーヴォー展」国立工芸館で - 異文化間の“還流”に着目、ミュシャや杉浦非水など展示

スケジュール

国立歴史民俗博物館「冬の華・サザンカ」日本の園芸文化を象徴する伝統植物“サザンカ”約140品種
2021.11.30(火)~2022.1.30(日)
国立歴史民俗博物館「冬の華・サザンカ」日本の園芸文化を象徴する伝統植物“サザンカ”約140品種
「ディズニー キャッツ&ドッグス展」松屋銀座で、“犬&猫”の名作アニメーション原画など300点以上
2021.12.1(水)~2021.12.25(土)
「ディズニー キャッツ&ドッグス展」松屋銀座で、“犬&猫”の名作アニメーション原画など300点以上
東海最大規模の万華鏡展「ザ万華鏡」名古屋栄三越で、LEDライトを使った万華鏡など作品400点以上
2021.12.1(水)~2021.12.6(月)
東海最大規模の万華鏡展「ザ万華鏡」名古屋栄三越で、LEDライトを使った万華鏡など作品400点以上
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」神戸&東京で - リアルな“金魚”超絶技巧アート、作品約300点を紹介
2021.12.2(木)~2022.1.31(月)
深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」神戸&東京で - リアルな“金魚”超絶技巧アート、作品約300点を紹介
「GENKYO 横尾忠則」東京都現代美術館で - 最大規模の個展、絵画など500点以上から探る全貌
2021.12.4(土)~2022.1.23(日)
「GENKYO 横尾忠則」東京都現代美術館で - 最大規模の個展、絵画など500点以上から探る全貌
 スケジュール一覧