menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. ライフスタイル・カルチャー   /  
  4. トピック

「名古屋三井ビルディング北館」グッチの旗艦店や資生堂ビューティサロンが開業する名古屋駅前の複合施設

名古屋駅前に環境配慮型オフィスと商業施設で構成される大型複合ビル「名古屋三井ビルディング北館」が開業。商業エリアは、2021年3月下旬より順次オープン予定だ。

名古屋駅、地下街直結の大型複合ビル「名古屋三井ビルディング北館」

名古屋三井ビルディング北館 外観
名古屋三井ビルディング北館 外観

「名古屋三井ビルディング北館」は、名古屋駅と地下街直結で徒歩4分以内の好立地にある、地上20階・地下2階、延床面積29,450㎡の複合施設。地下1階から地上2階は商業施設、3階から5~19階はオフィスで構成される。商業施設は、ラグジュアリーブランドが軒を連ねる名駅通のハイエンドなブランドストリートに面し、さらに地下街と直結したエスカレーターとエレベーターを設けることで周辺回遊性を向上させる。

グッチの旗艦店がオープン

商業施設には、約13店舗が入る予定。中でも目を引くのが、1階と2階の2フロアにわたって展開される、ラグジュアリーブランド「グッチ(GUCCI)」のフラグシップショップだ。店内では、メンズおよびウィメンズのハンドバッグ、ウェア、シューズをはじめとする豊富なカテゴリーのアイテムを取り揃える。なお、開業は3月下旬を予定している。

キタチカ(本ビル地下1階南エントランス)イメージ
※旧「新名フード地下街」側から見たイメージ
キタチカ(本ビル地下1階南エントランス)イメージ
※旧「新名フード地下街」側から見たイメージ

2階には、トータルな美しさを提案するビューティ&リラクゼーションサロン「資生堂ビューティサロン名古屋店」も2021年秋に開業予定。また、地下1階には、旧「新名フード地下街」と「本ビル地下 1階の商業部分」をデザイン的に融合した「キタチカ」が誕生する。

【詳細】
名古屋三井ビルディング北館
商業エリア開業予定時期:2021年3月下旬
住所:愛知県名古屋市中村区名駅四丁目8番18号
用途:事務所、店舗、駐車場
敷地面積:約2,248㎡(約680坪)
延床面積:約29,450㎡(約8,900坪)
規模・高さ:地上20階/地下2階 約100m
構造:S造 一部SRC造
竣工日:2021年1月31日(日)竣工

Photos(6枚)

「名古屋三井ビルディング北館」グッチの旗艦店や資生堂ビューティサロンが開業する名古屋駅前の複合施設|写真1 「名古屋三井ビルディング北館」グッチの旗艦店や資生堂ビューティサロンが開業する名古屋駅前の複合施設|写真2 「名古屋三井ビルディング北館」グッチの旗艦店や資生堂ビューティサロンが開業する名古屋駅前の複合施設|写真3 「名古屋三井ビルディング北館」グッチの旗艦店や資生堂ビューティサロンが開業する名古屋駅前の複合施設|写真4 「名古屋三井ビルディング北館」グッチの旗艦店や資生堂ビューティサロンが開業する名古屋駅前の複合施設|写真5 「名古屋三井ビルディング北館」グッチの旗艦店や資生堂ビューティサロンが開業する名古屋駅前の複合施設|写真6

Photos(6枚)

キーワードから探す

関連用語