menu

fashionpress[ファッションプレス]

  1. トップ   /  
  2. ニュース   /  
  3. 映画   /  
  4. イベント

「ポーランド映画祭2019」東京都写真美術館で、アカデミー賞受賞作品など20作品以上を上映

「ポーランド映画祭2019」が、東京都写真美術館ホールで開催。期間は2019年11月10日(土)から23日(土・祝)まで。

日本×ポーランド国交樹立100周年などを記念したプログラム

『パニック・アタック』Atak paniki (2017) 監督:パヴェウ・マシロナ Paweł Maślona
『パニック・アタック』Atak paniki (2017) 監督:パヴェウ・マシロナ Paweł Maślona

8回目の開催となる2019年の「ポーランド映画祭」では、日本とポーランドの国交樹立100周年およびポーランド民主化30周年を記念した8つのプログラムを用意。抱腹絶倒のコメディから歴史ドキュメンタリー、スリラーまで様々なジャンルの映画作品を上映する。

『ナスターシャ』Nastazja (1994) 監督:アンジェイ・ワイダ Andrzej Wajda 写真提供:松竹
『ナスターシャ』Nastazja (1994) 監督:アンジェイ・ワイダ Andrzej Wajda 写真提供:松竹

日本とポーランドの“絆”を感じる作品たち

1919年に国交を樹立して以来、政治、文化、経済などあらゆる面で友好関係を維持してきた日本とポーランド。そんな両国の“絆”を感じることが出来るような作品として、ポーランド人のアンジェイ・ワイダが監督を務め、坂東玉三郎が男女一役を演じた『ナスターシャ』(1994)や、ポーランド・ウッチ映画大学に在籍していた石川慶による『愚行録』(2017)などをラインナップする。

民主化30周年記念&巨匠への追悼上映

民主化30周年記念映画として共産党政権時代に制作された『月曜日が嫌い』(1971)、2019年のアカデミー監督賞・撮影賞・外国映画賞候補になったシリアスドラマ『COLD WAR あの歌、2つの心』(2018)を上映。また、2018年から2019年にかけて無くなったポーランド映画界の巨匠、カジミェシュ・クッツ、リシャルト・ブガイスキ各監督の作品『沈黙の声』(1960)『尋問』(1982)が登場する。

アンジェイ・ワイダの短編作品をリストアップ

この世を去ってからもなお、世界中の映画人が多大なるリスペクトを送るアンジェイ・ワイダ監督の代表作と短編作品をリストアップ。代表作として『死の教室』(1976)『灰とダイヤモンド』(1958)、3作品同時上映となる短編作品には『彼女の事情』(2006)『ゲーム』(2013)『ワイダの目、ワイダの言葉』(2014)のタイトルが並ぶ。

映画音楽にフォーカスしたプログラム

現代ポーランド芸術の立役者との呼び声も高い、即興音楽ユニット「シャザ」が来日。ロマン・ボランスキーとヴワディスワフ・スタレーヴィッチの両監督の短編映画集に合わせて生演奏を披露する。

その他、ポーランド随一のジャズピアニスト・作曲家であり、多くの映画音楽を手掛けたクシュトフ・コメダの魅力が分かる2作品などを用意し、映画音楽に焦点を当てたプログラムを構成する。

ポーランド映画初の米国アカデミー賞受賞作品をアンコール上映

さらに、ポーランド映画初の米国アカデミー賞外国映画賞受賞作となった、パヴェウ・パヴリコフスキ監督の『イーダ』(2013)をアンコール上映。ポーランド映画史上の名作を是非スクリーンで堪能してみて。

【詳細】
ポーランド映画祭2019
開催期間:2019年11月10日(日)~23日(土・祝)
会場:東京都写真美術館ホール
住所:東京都目黒区三田1-13-3恵比寿ガーデンプレイス内
※11月11日(月)・18日(月)は休館。
※詳細スケジュールは公式ホームページ(http://www.polandfilmfes.com/)参照。

Photos(4枚)

「ポーランド映画祭2019」東京都写真美術館で、アカデミー賞受賞作品など20作品以上を上映 画像1 「ポーランド映画祭2019」東京都写真美術館で、アカデミー賞受賞作品など20作品以上を上映 画像2 「ポーランド映画祭2019」東京都写真美術館で、アカデミー賞受賞作品など20作品以上を上映 画像3 「ポーランド映画祭2019」東京都写真美術館で、アカデミー賞受賞作品など20作品以上を上映 画像4

Photos(4枚)

「ポーランド映画祭2019」東京都写真美術館で、アカデミー賞受賞作品など20作品以上を上映 画像1 「ポーランド映画祭2019」東京都写真美術館で、アカデミー賞受賞作品など20作品以上を上映 画像2 「ポーランド映画祭2019」東京都写真美術館で、アカデミー賞受賞作品など20作品以上を上映 画像3 「ポーランド映画祭2019」東京都写真美術館で、アカデミー賞受賞作品など20作品以上を上映 画像4

関連ニュース

キーワードから探す

関連ショップ・スポット

ピックアップ

おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
おすすめ展覧会2020 - 東京・大阪・京都などの美術館で鑑賞できる注目アート&スケジュール
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
関東のおすすめ展覧会2020〈東京・神奈川ほか〉美術館・博物館での開催情報&アート作品
東京駅でお土産探しなら「東京ギフトパレット」へ、人気店から新ブランドまでおすすめスイーツ紹介
東京駅でお土産探しなら「東京ギフトパレット」へ、人気店から新ブランドまでおすすめスイーツ紹介
日本美術の展覧会〈東京・京都・大阪ほか〉美術館での開催スケジュール&伊藤若冲の日本画など展示作品も
日本美術の展覧会〈東京・京都・大阪ほか〉美術館での開催スケジュール&伊藤若冲の日本画など展示作品も
“都市と美術”を探る展覧会〈東京の美術館・博物館〉絵画・建築・アニメなど展示作品&開催情報
“都市と美術”を探る展覧会〈東京の美術館・博物館〉絵画・建築・アニメなど展示作品&開催情報

スケジュール

映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』元“オアシス”リアムの成功と挫折、復活までを描く
2020.9.25(金)
映画『リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ』元“オアシス”リアムの成功と挫折、復活までを描く
劇場版アニメ『アダムス・ファミリー』2020年秋公開へ、“あの一家”が再びスクリーンに
2020.9.25(金)
劇場版アニメ『アダムス・ファミリー』2020年秋公開へ、“あの一家”が再びスクリーンに
監督・斎藤工の最新映画『ATEOTD』門脇麦&宮沢氷魚が終末世界に生きる孤独な男女役に
2020.9.25(金)
監督・斎藤工の最新映画『ATEOTD』門脇麦&宮沢氷魚が終末世界に生きる孤独な男女役に
映画『ミッドナイトスワン』草彅剛がトランスジェンダーの主人公に、「全裸監督」内田英治のオリジナル作品
2020.9.25(金)
映画『ミッドナイトスワン』草彅剛がトランスジェンダーの主人公に、「全裸監督」内田英治のオリジナル作品
グザヴィエ・ドラン監督映画『マティアス&マキシム』“たった一度のキス”で始まった青年たちの恋
2020.9.25(金)
グザヴィエ・ドラン監督映画『マティアス&マキシム』“たった一度のキス”で始まった青年たちの恋
 スケジュール一覧